スピーカーは「肩にのせる」が正解。

できるだけ音が良くて、できるだけ手軽であることーー。

僕らがスピーカーに求めることは、今も昔も変わらず、ほとんどこの2点に集約されるのではないでしょうか?

ウェアラブルネックスピーカー 『SRS-WS1』は、そんな要望へのソニーからの(今のところの)最適解といえるアイテム。“ウェアラブルネックスピーカー”という名称と形状から想起されるとおり、肩にのせて使用するスピーカーなのです。

肩にかけるメリットは?

19f86147c25f5f4697b65688015e86fad2949e12

最大の特徴は、スピーカー自体を肩にのせることで耳のそばで包み込まれるように音が広がり、小音量でも臨場感あふれるサウンドが堪能できること。

 

6d0a60353414dd6ef193bfc7aeed009ac6868b9e

これはソニー独自の音が放射状に広がるボディー構造とデジタル音声処理、そして左右のスリット構造と音の方向性を整えるディフューザーの組み合わせにより、立体的な音響を実現しているとのこと。

さらに低音を増強する振動板(パッシブラジエーター)が搭載されていて、重低音にあわせて本体が振動。音とバイブが一体となることで、よりダイナミックで臨場感のあるユーザー体験をもたらしてくれるそう。技術的なことはよくわからないけど、とにかくすげぇ…。

でも、肩こらないの…?

C79db7750d6856930b1dc75b37ca973a5d5de5ef

かなり良さげなこのネックスピーカー。でもひとつ気になってしまうのは、「肩、こらない?」ということ。

ソニーによれば、本体は人間工学に基づいた設計で缶ジュース程度の重さ(約335g)であり、内側にあるファブリック素材のクッションが快適な装着感を実現。長時間、肩にのせても負担を感じにくいとのこと。

本体に汚れにくい加工が施されていることも、うれしいポイントですね。

肩にのせてみました。

実際のところ、使用感はどうなのか?ソニーのショールームで体感してみました。

驚いたのは、手に持つと少しズッシリ感じるものの、肩にのせてみると意外にもほとんど重さが感じられなかったところ。内側の滑らかなテクスチャーも好感触です。

また、そこではあるバンドのライブ映像が流れていてたのですが、ボーカルとバンドの演奏が音の位相の中心に、オーディエンスの歓声がそれを取り囲むように響いてきてスゴい臨場感!バスドラムのキックに合わせてスピーカー本体が振動するので、さらにライブ感を盛り立ててくれます。うん、これは音楽映像の視聴にはもってこいだし、アクション映画なんかも迫力あるサウンドで堪能させてくれそうです。

ひとり没頭するもよし、
高音質をわかちあうもよし

Ac9b008e62670c467135e2b82860d04f15c89cb7

2台まで同時接続できるので、パートナーや友人と一緒に楽しむことも可能。

簡単かつ省スペースで楽しめ、ヘッドフォンのように耳を圧迫することもない『SRS-WS1』は、あなたの視聴体験を数段豊かなものにしてくれるでしょう。

発売は10月14日(土)から。価格はオープンプライス(店頭では税抜き2万5,000円前後になる見込み)。全国のソニーショールームで先行展示されているので、気になった人は立ち寄ってみては?詳細はこちらで確認を。

Licensed material used with permission by SONY
一見オシャレなインテリアアイテムのように思えますが、実はこれ、ソニーから発売された「グラスサウンドスピーカー」なんです。しかも、デザインもさることながら、...
「Rockit Logs」と呼ばれるスピーカーの原材料は、カナダの森の中で放置されていた丸太です。材木の製造過程において、大量に出ると言われている丸太の切...
「Life Size SPEAKER」をコンセプトに開発されたBASS EGGを知っていますか?暮らしの中にある、あらゆるものをスピーカーに変えてしまう革...
「相性のいいスピーカー」。それは人生を通して探し続けるものなのかもしれません。…と思ったら、さっそくありました。ドイツ人デザイナーが手がけたワイヤレスの3...
本を読みながら寝落ちするという幸せな体験がコンセプトになったのは、ご存知「BOOK AND BED TOKYO」。で、その「読書」を「音楽鑑賞」に置き換え...
まるでヘッドホンをつけているかのように、「あなただけに聞こえる」スピーカーが、「INDIEGOGO」で紹介されています。これさえあれば耳へのストレスなく、...
これまで世に登場した骨伝導スピーカー。どれもガジェット感が主張されすぎていて、オシャレとは程遠いものばかり。いくらモノが良くてもファッションとして不適格で...
屋外で音楽を楽しむのに大事なのはスピーカーの音量です。「UE Boom 2」は最大サウンドレベル90dBAとかなりパワフル。しかも、防水機能付き!
家具にもいろいろあるけれど、サイドテーブルに関して言えば「ないと困る」という人と「部屋に置いた試しがない」という人で意見が分かれそうだ。ただ普段は使ってな...
去年から日本で展開をはじめた「BASE EGG(ベースエッグ)」というポータブルなスピーカー。平面振動というタイプで、置いたその場所を振動をさせて音を出す...
空間の邪魔をするどころか、むしろ存在するだけでオシャレに見える。そんなクールすぎる「BeoPlay A6」は、立てて使っても壁に掛けてもOKのスピーカー。...
伝統工芸の技術をいかし、竹で作った「Hazang」は、控えめだけれどモダンなデザインで、お部屋の内装を問わず、いい音を届けてくれます。スマートフォンやタブ...
「DUOECHO(デュオエコー)」。スピーカーが左右に分かれる仕様は、ポータブルタイプとしては珍しい作り。鴻海グループに属するFIT鴻騰の開発チームによる...
「塩こしょうでも入ってるの?」「スプリンクラーじゃないよね?」「カメラかな?」まさかこれがスピーカーであるとはつゆ知らず、そんなことを口にする人たち。それ...
薄型、小型、軽量化が進む家電業界。テレビもDVDレコーダーもデジタルカメラもダウンサイズングのレベルはハンパない。一昔前に比べたら、ずいぶんとスリムになっ...
音楽が大好き、仲間と一緒と盛り上がるのはもっと好き! そんなアナタへ。インストールしたくなるアプリを紹介しましょう。まずはこの動画を見れば、このアプリが最...
クラウドファンディングで資金を募っているアイテムは、これまでにも様々紹介してきました。が、こんなにも支持を集めている商品には、書き手としてもなかなか出会え...
そのビジュアルは、どこからどう見てもハンドバッグ。しかし、にわかには信じがたいですが、実は「スピーカー」だというのです!女性のみなさん、これってアリですか...
「LectroFan micro(レクトロファン マイクロ)」は、ホワイトノイズと呼ばれる特殊な雑音を作り出すスピーカー。安眠や集中力アップに効果的とアメ...
ここに紹介する『hearO』は、昨年の全英オープンで実際に試合球として使用されたテニスボールを再利用してつくられたポータブルスピーカー。 ただの企画モノで...