すっぴんの高山都。「人生を変えるのは、ほんのちょっとの積み重ね」

足すことばかりだった20代。
今は、自分らしく、
自然な美しさを求めるようになりました。

モデル、女優、ラジオのパーソナリティとして、マルチに活躍する高山都(たかやま みやこ)さんも、20代前半は心にだいぶムリをしていたそうです。転機は「走る」ことと出会ってから。細かいルールは決めずに、とにかく毎日、それを続ける。

近著『高山都の美 食 姿 「したたかに」「自分らしく」過ごすコツ。』(双葉社)には、彼女を変えた、毎日できるほんのちょっとした「自分らしく過ごす」ためのアプローチがずらり。

やっぱり、手にとってもらいたいのは20代後半の女性。迷ったとき、悩んだとき、前を向く方法が知りたいとき、きっと道しるべになるはずだから。

A1a2be31c67a25bdcaed589e727d2de2c3aef147

「ちょっとしたことを毎日続ける」
これが、私の人生を大きく変えてくれたこと。

全身コーデよりも
まずはとりあえずのスニーカー

E6d2cbec938be2aee6f6429b2a4626fe16e5d804

絞りたい、スリムになりたいなら、有酸素運動のウォーキングやランニングはぜひ取り入れて欲しいです。だけどありがちなのが、「まず見た目から〜」なんて言って、最初に全部揃えようと、全身買おうとするタイプ。いつまで続くかわからない習慣予備軍のために、何万円も使えますか?

私は、ランニング用スニーカーさえあればいいと思う。しかも、本気のスニーカーじゃなくていい。歩きやすくて、走れるときにも使えて、普段も履ける、可愛いのが一足あれば。

お花は暮らしのバロメーター

A5d5a63023f335565d5cd308114ef9943d1efd8b

早起きが習慣になってから、朝から掃除や片付けをすることができて、部屋がキレイになりました。部屋がスッキリすると今度は何かを飾りたくなり、お花を飾るようになりました。

心や時間に余裕ができたということだと思う。誰かのためにというよりも、自分が気持ちよくいたいから飾っています。花瓶の水が汚れていたら、花を飾らなくなったら、生活が乱れてきた?なんて気づかされますよ。お花が似合う部屋って、ステキですよね。

スマホは上を向いて
“二重アゴ”を回避

0540bc2f97968cf700741a13aa7fdd8232889037

下向きスマホは背中も曲がるし、二重アゴになりやすい。スマホを持ち上げて使ってみると、顔周りにかかっていた圧が解放されて楽になるし、呼吸もしやすいんですよね。自然と背筋もまっすぐになりますよ。

今の自分にとって必要な
「目標」を掲げて走る

417d979eff77706f8795a1d4bb552fbc7d3db0d2

走ることと本気で向き合っているけれど、基本ふだんの私は“ゆるラン”主義。ポキっと折れてしまわないように、ゆる〜く長くダラダラ続ける。ルールは細かく作りすぎない。そうすると、自分のペースで走っていけるから。

そして、ときどき目標を作ります。タイムを狙いたいとか、この日までにもっと引き締めたいとか。今の自分にとって必要な目標を掲げて走る。そうすることでメリハリが出て、気持ちもダラけなくなりました。

笑っていれば、風向きは変えられる

14323eacdedba36967823d57305e2349d7191266

女性も男性も、笑顔がステキな人に嫌な印象をもつ人はいないと思うんです。はじめての挨拶に、自然な笑顔がついてきたら、きっと嬉しい気持ちになるはず。また会いたいなって思う人は、笑顔がステキな人。

ちょっとばかし憂鬱な時間は誰にだってあるけれど、への字に曲がった口でムスーっとしていたら、さらに気持ちは下がっていく。だったら、そんなときこそ笑顔。笑っていたら、きっと乗り越えられる。

いつもの自分にちょっぴり笑顔を足したら、少しだけ見える景色が変わる、そんな気がしています。

3897007f83d4a56c6eb0222eae8c3b44859fba8b

ほんのちょっとしたことが
人生を大きく変えた。
30代、今がいちばん自分らしい。

週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...
お寺には、伝統的に遠方から参拝に来た人のために「宿坊」という宿泊施設があります。お寺に泊まることで心の平穏を取り戻し、心身の調子を整えようというもの。そん...
女優・高山都さんがランニングを始めたのは、2011年頃。スポーツサイトの企画で香川丸亀国際ハーフマラソンに出場したことがきっかけだったという。高山さんは、...
「運動嫌いの文系女子」だった、女優の高山都さん。ランニングを始めたことが、人生に大きな影響を与えたという。なかなか続けられないランニングだって、恋愛と同じ...
小笠原諸島母島の、美しい動画をご覧ください。
20代のうちは「知らない」「できない」で済まされていたことが、30代になっても改善できていないとしたら非常に残念。まず自分自身の軸がしっかりしていれば、ど...
仕事、会社、結婚、住まい…。自分の人生は、本当にこのままでいいのだろうか?30代になると、そんな不安が一気に押し寄せてくるもの。ここでは、書籍『30代のあ...
転職、結婚、貯金、持ち家……。「人生を決めろ!」と言わんばかりに押し迫ってくる数々の決断。「オレは本当にこのままでいいのか?」と不安が襲ってくるのは当然の...
近頃よく目にする、世界の様々な街のタイムラプス動画。ここでは花の都・パリが舞台です。登場するのは、ルーヴル美術館や凱旋門など、いわば王道の観光スポットばか...
人間、40年も生きれば子供の頃とは全く違う存在になっているもの。なかには自分でも認めたくない恥ずかしい事実だってあります。ここで紹介するのは「WorldL...
社会に出て、いろいろなことができるようになる「20代」。でも、手にいれた可能性の大きさに振り回されがちな年代でもあります。「Elite Daily」の女性...
もうすぐ30歳になる私は、20代が終わることに少し不安がある。人生が大きく変わるような出来事ではないとわかっているのだけど、年齢が上がることに少しネガティ...
20代のうちは誕生日があんなに楽しみだったのに、30歳を超えると「筋肉痛が二日遅れで来た」だの「お肌の曲がり角」だの、何かとマイナスなイメージ。だけど、2...
「Elite Daily」の男性ライターReggie Wadeさんが、自身の体験談を元に綴った恋愛についてのコラムを紹介しましょう。僕はこの間、30歳にな...
パツワルド 敬子出版社勤務ののち米留学を経てフリーランスの編集ライター兼翻訳家に。書籍・ムック・雑誌・ウェブ、各媒体で執筆中。ほんの少し“きちんと”するだ...
20代は目を肥やす時間。30代はそこでの学びをもとに自分にあった判断が下せるようになる年代。ライターSuzanne McKenzieのこのメッセージ(「E...
誰だって20代はあっという間です。「あのときこうしていれば」なんてものは無限に湧いてくるもので、いちいち後悔なんかしていたら身が持ちません。だけど、仕事に...
30代は、20代で得た知識をフル活用していける最高の年頃です。「Elite Daily」に寄稿する女性ライターLauren Martinさんがまとめた「3...
子どものころ、30歳にどんなイメージをもっていましたか?立派な大人?もうおじさん、おばさん?実際になってみると案外それまでと変わらないものですが、確実に2...
自分の知らない世界を見せてくれそうで、不思議と魅力的に感じてしまう「大人」な男性。…ですが、彼らに恋い焦がれるのと付き合うのは話が別。そこで、今まで年上と...