【タイムラプス】あたしの妊娠9ヵ月間。

妊娠期間中の9ヶ月の間、毎日写真を撮り続けたのは、Jasmine Katatikarn。彼女は、すべての写真をつなぎ合わせて45秒間のタイムラプスをつくった。

じつはJasmine、不妊治療に5年間も費やしたとのこと。その時、妊娠ができる確率は1%だったのだとか。ついに娘が妊娠したのを知った時は、喜びもひとしおだったに違いない。彼女の笑顔からは幸せなオーラが伝わってくる。

体型の変化に注目

娘を出産した数ヶ月後、Jasmineにおめでたいニュースが飛びこんできた。なんと、2人目のベビーを妊娠したようだ。彼女は、タイムラプスのために撮影を再スタート。無事、出産して欲しいと願うばかりだ。

また、Jasmineは自分自身の経験を活かして妊娠記録アプリ「Pregmo」を開発したとのこと。撮り続けた写真を動画やタイムラプス編集などの機能がついているようだ。詳しいことが知りたい方は、コチラをチェックしてみよう。

Licensed material used with permission by PREGMO
連続で撮影した写真を繋げ、動画を創りだすタイムラプス。これを、マタニティダイアリーのように思い出づくりに生かそうじゃないか!と、ラトビアで暮らすアルプス一...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「妊娠中はコーヒーを控えた方がいい」とか「胎児のために食事量は2倍は食べるべき」、こういった話を一度は聞いたことがあるはずです。でも、こうしたことのどこま...
LINEやメールで手軽にメッセージをやり取りできるからこそ、手書きのぬくもりが見直されている今日この頃。さらにもう一歩踏み込んだ“新種の手紙”が登場し、関...
アプリ経由で結果が送信され、男性が先に妊娠の報告を聞くことができる最新式の妊娠検査薬がイタリアで試作された。正確性や手軽さはそのまま男女逆転で斬新な妊娠報...
2013年9月29日、Emily Helckさんは自身の姿を「1年間」記録し続けた動画をブログへと投稿しました。ABC Newsのインタビューに答えた彼女...
もしも、あなたが観光客として東京を巡るとしたら、どこへ行き、何を写真に捉えたいと思うでしょうか?この動画を制作した観光客は、「小さなスペースでエネルギッシ...
「一つひとつが持っている字の意味が合わさって、新たな言葉が作られるところが魅力です。例えば、寺で日の光を見ていると『時』になったり、女性が家(屋根の下)に...
 ノルウェーのイラストレーターLine Severinsenさんは二児の母。自身の妊娠・出産体験を通して、その大変さをイラストに描くことで、妊娠中のイライ...
Twitterでの公開後、約2週間で20,000以上の「いいね」を集めた“とある漫画”が面白すぎると話題に。描かれているのは、なんと「子宮の中の人たち」な...
「光が変化し何か特別なものへと代わる瞬間を待っています。街や自然の景観が光とぶつかり合い、裸眼では見ることのできない幻想的な世界観をつくり出す、その瞬間を...
妊娠ママのお腹と一緒にすくすく“成長する”本があります。タイトルは「MOTHER BOOK」、産まれてくる赤ちゃんに今の気持ちを書き残したり、妊娠記録とし...
近頃よく目にする、世界の様々な街のタイムラプス動画。ここでは花の都・パリが舞台です。登場するのは、ルーヴル美術館や凱旋門など、いわば王道の観光スポットばか...
子どもができたら毎日がお祭り騒ぎ。ここで紹介するのは、そんな妊娠中や子育て中の女性に起こりうる、生々しい瞬間を表現した写真集です。決して脅かすわけではあり...
アメリカンカルチャーのアイコンでもある「Route 66」は、シカゴからサンタモニカ間を結ぶ全長3,755kmの一本道。作家ジョン・スタインベックが、19...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
急激な体型の変化により皮膚が伸ばされることで、肌の表面にできてしまう「ストレッチマーク」。個人差はありますが、お腹や太もも、おしりなどに、ひび割れのような...
妊婦さんは「永遠の神秘」。不思議さのなかにも、心温まる愛を感じさせてくれます。米メディア「Collective-Evolution」で、男性ライターのMa...
旦那さんが生まれてきた娘をこんなに可愛がって、張り切った成長記録をつくっているなんて、やっぱり嬉しいものではないでしょうか。茶目っ気とユーモア溢れる、パパ...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...