セレブが「いじめ経験」をシェア。いじめられっ子に心で寄り添う。

イギリスでは9月に新年度が始まる。夏休みを終えた子どもたちが学校へ戻るこの時期に合わせて、NPO団体「AntiBullyingPro」が、いじめられっ子たちを守るためにSNSである小さなムーブメントを起こした。

「1人じゃないよ」
子ども時代の写真をシェア

「小さい頃のわたし。あなたの写真も見せて?」

「見つけた!他には誰が投稿してくれるかな?」

「誰かのせいで、君が君らしくいることを諦めちゃいけない!」

紹介したTwitter投稿は、どれも大人が自らの子ども時代の写真を探してシェアしたもの。どの写真にも#Back2Schoolというハッシュタグが付いていることはお気づきだろうか?

AntiBullyingProによると、イギリスでは新年度に合わせて約1,000万人の子どもたちが学校へ戻り、半数以上がいじめを受ける可能性があるという。子どもたちをどうにかサポートできる方法はないかと考えられて行ったということだ。

セレブも「いじめ体験」を語る

同団体のホームページでは、セレブや有名人が自分達のいじめ体験をシェアしている。例えば二世セレブとして知られるホリー・ブランソンは、やんちゃだった子ども時代を振り返る。

「お転婆だった私は、同級生にいじめられました。でも、家族と先生とすぐ話すことができて止めさせることができた。もし、あなたが味方なんて誰もいないと感じたとしても、相談にのってくれる人は必ずいるはずです」

今や成功者として輝いて見える彼女の言葉は、当事者である子どもたちにきっと、勇気と驚きと共に届くだろう。今が辛かったとしてもその先には未来がある、と。

Licensed material used with permission by AntiBullyingPro
アメリカに住む12歳のエヴァは、妹がいじめにあってると知ったとき、ステキな招待状をいじめっ子に用意しました。その内容を、この姉妹のベビーシッターがTwit...
カナダの小学生Xander Rose君は、同級生から服を剥ぎ取られるなど、酷いいじめを受けていました。お母さんが学校に連絡してなんとか解決策を探ろうとする...
「3人に1人が学校でいじめを受けたことがある。あなたはこの事実、知っていましたか?」ここで紹介するのは、そんな問いかけではじまる、いじめ防止の啓発動画。目...
生まれつき全身にホクロがあるEvita Delmundo(20)さんは、見た目が原因でいじめを受けていました。これまでずっと自分に自信がなかったということ...
イギリスのとある先生がFacebookで紹介した、2つのリンゴを使った授業が話題になっています。いったい、どんな内容だったのでしょうか。先生は教壇に立つと...
旅行者が現地の人から使っていない部屋や空き家を借りることのできるサービス「Airbnb(エアビーアンドビー)」。知らない人を家にあげることに抵抗を示す人も...
小学校へ通学せず、自宅学習という方法を選んだ、10歳の哲学少年こと中島芭旺(ばお)くん。学校でいじめにあっても負けることなく、その小さいカラダからは想像で...
今や私達の生活の一部となったSNS。便利なツールだけれど使い方によっては人を傷つけることも。外傷がない分表面化しにくいが深刻な問題となっているネットいじめ...
学校や塾で教えてくれること、本当に正しいと思っていますか?あることを考えるのに、1つの物差しだけでは足りない。そこには、日本的な偏見があるかもしれないし、...
一番親しい友人との「価値観の違い」、感じたことはありますか?私はイギリス留学中、寮で親友と相部屋でした。基本は楽しかったのですが、意外なところで衝突が。相...
職場でもプライベートでも、人間関係は難しいもの。最近はSNSの登場でさらにその関係は特殊になってきました。そんな中、人と人との関わりあいを円滑にするのが「...
アメリカの人気webサイト「Spirit Science and Metaphysics」の創設者であるSteven Bancarz氏は、人生には避けるべ...
車に乗る人なら、こんなやりとりをした経験があるかも。「すみません、ちょっと電気を分けてもらえないでしょうか。バッテリーが切れてしまいまして…」そんな時は、...
ドキドキの新生活が間近に迫ってきたけれど、まだ住まいをどうするかは決めていない…。そんな人に向けた記事がこちら。広いお風呂やおしゃれなキッチンなど、希望は...
「Expanded Consciousness」のライターcoby氏が、物よりも経験を大事にすべき8つの理由を紹介しています。記事いわく、私たちは物質的な...
絶対やせる新メソッド、と注目されては消えていく泡沫のようなダイエット法。結局のところ、成功しなければ(ないしは途中で諦めていては)どれも「自分には合わなか...
幸せの定義って難しいですよね。価値観は人それぞれだし、幸せだと思っていたことが、ある日とつぜん180度ひっくり返ることだってあります。でも、「Elite ...
Twitter、Facebook、Instagram、どのSNSにも溢れている食べ物の写真。プロアマの垣根を越えて、およそ100万もの「グルメフォト」が毎...
旅先から届く、一枚のポストカード。遥かな異国の地の情緒が感じられて、受け取るのも嬉しいもの。スマホで撮った写真にはない、ロマンチックな味わいがあります。そ...
何とも不思議な話に聞こえるかもしれない。全ての建造物には「肖像権」がある。しかし、ほとんどの場合、50年以上経過したお城などの古い建物の権利というのは消滅...