親友たちへのサプライズは「おいしいブーケ」。

結婚式は、一生の思い出にしたいもの。いろんな仕掛けを盛り込んで、招待客と一緒に楽しみたいものです。

オーストラリアのNew South Walesに住むPaige Kirkさんは、親友のブライズメイズ(花嫁付添人)へのサプライズとして、花のブーケの代わりに、みんなが大好きなおやつを持ってバージンロードを歩きました。

これ、食べちゃっていいの?笑

ブライズメイズたちとの写真撮影途中に、花嫁のPaigeさんが「あなたたちにサプライズがあるの」と切り出しました。

「実は今日は花束を持ってバージンロードを歩くのではないの!」と言いつつ差し出したのは、ドーナツのブーケ!ブライズメイズたちは「素敵!」「食べちゃって良いの?(笑)」 と驚いた様子。

美味しそうでガブリとしてしまいそう。新婦とブライズメイズたちも無邪気で可愛いですね。

新郎新婦の新たな門出を祝う幸せだけではなく、ちゃんとお腹も満たせそうな1日になったことでしょう。

Licensed material used with permission by Daniel Suarez Photography
結婚を報告すると、お祝いの言葉をたくさんもらって、友達が式に足を運んでくれて、まるで自分のことのように喜んでくれる。でもね、新婦Brittneyと新郎Ko...
アメリカの人気メディア『Thought Catalog』で紹介された、「結婚する大好きな親友へ伝えたい30のこと」。親友だからこそ、彼女の結婚式の日には伝...
友達ならたくさんいるというあなた。その中に親友と呼べる人はいますか? そもそも親友と友達の違いはどこにあるのでしょうか?ここで紹介するのは。友達と親友の間...
新年度が始まり、早いもので3カ月が経ちました。職場や学校で新しく出会い、いつのまにか一緒にいるようになった人はいるでしょうか?もしかしたらその相手、一生を...
山や川、砂漠をも越えて500マイル(約800km)のトレッキング…と聞いたらそれだけでも大変そうですが、もしもそれを車椅子で達成するとしたら?米・アイダホ...
いつも側にいてくれる大切な存在、それが親友。移ろいやすい男女の関係とは違って、友情は時を経ても大きく変わることはありません。そんな親友の素晴らしさを「El...
物理的な距離の問題ってもどかしい。それは、恋人じゃなく親友でも同じこと。それでも、すぐには会えない関係の中で「親友」の関係を続けられる人たちがいる。彼女た...
米ライターのChrystina Noel氏が書いたこの記事には、人付き合いにおけるちょっとした気遣いがまとめられています。でも、これらは誰にでもやるべきマ...
花婿のタイラーさんと花嫁のチェルシーさんの結婚式。ブーケトスの時間がやってきました。「1、2、3、せーのっ」と、投げると思いきや…ブーケを投げずに手渡しを...
他人に言われて初めて気づくことって、たくさんありますよね。で、人生における大事な気づきを与えてくれるのは、だいたいが親友からの指摘。ときにはグサっとくるも...
20代から30代へと変わるうちに、親友と楽しむことをまとめました。ダンスパーティへ行ったり、知らない土地へ旅行したり、一緒に本読んだりと、20のチェックリ...
一番親しい友人との「価値観の違い」、感じたことはありますか?私はイギリス留学中、寮で親友と相部屋でした。基本は楽しかったのですが、意外なところで衝突が。相...
「Elite Daily」でライターのGigi Engle氏が、親友だけがあなたに言ってくれる言葉を書いています。 他の人に指摘されたら嫌なのに、どんなこ...
親友という称号は、自分がなるのも、相手に求めるのにも、難しいもの。でも自分の友達の中でもこのような9つの特徴を持っていれば、一生に親友になるかもしれない。
「母親とその子供は、他にはない関係にある。両者の絆ほど強いものは、この世界のどこにもなく、その愛ほど瞬間的で慈悲深いものは、他に1つも存在しない」― ゲイ...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
ある調査によると、プロポーズから実際に式を挙げるまでに費やした期間を、約半数のカップルが10ヶ月以上かかったと回答したそうです。式場や招待客を決め、ドレス...
ブランドンさんとブリさんは、2015年9月に結婚したばかりの新婚カップル。妻・ブリさんは、パートナーへの“あるお知らせ”を特別な形で行いたかったため、プロ...
親友は、人生で大切にするべきかけがえのない存在。それなのに、肝心なときに限って感謝の言葉が出てこないのは、よくあること。楽しいときは一緒に笑い、つらいとき...
車椅子で生活をするKamden君と、彼を特別扱いせず接するPaul君。2人は大親友。Kamden君が自分の車椅子を不便そうに扱っているのを見たPaul君は...