多様性を受け入れるはずのイベントで「差別」がおきている。

虹色に染まる、“プライド・パレード”。世界中の大都市で行われ、セクシャル・マイノリティ(LGBT+)の人たちが法的・社会的権利を求め、また差別をなくそうと訴えます。今や世間的な認知も広まりつつあるイベントですが、私たちが見落としている問題点も。

“多様性”を重んじる一大イベントでなぜ?

A670e7c4d71f1351b4558b2fa596179e42a2b7ac

ロンドンのプライド・パレード委員会を内部を調査するの組織、The Independent Community Advisory Board (CAB)の報告によると、2017年度のパレードは、多様性に反した基準で参加拒否されているグループがいくつか存在していると発表。

主にマイノリティ人種(アフリカ系、アジア系など)のLGBT+グループ参加や交流を断っている事実と、バイセクシュアルのグループをもパレードの参加を拒否された模様。すなわち、若い白人のシス(身体的性別と自分の性同一性が一致した上で、社会的規範で生きている)で、ゲイな人たちでしか集めていないという指摘でした。

多様性を重んじるはずのイベントなのに現状は違った。CABの調査報告を目にした人々からは、マイノリティコミュニティであっても歓迎するべき、と強い主張が。CAB副議長でもあり、ロンドン市会議員Edward Lord OBE氏も以下のような声明を発表。

「この度のプライド委員会では、ダイバーシティ(多様性)の重要性を把握しきれていない上に、LGBT+の人たちの人種、性別、年齢、ハンディキャップ、そしてアイデンティティの関係性を理解していないことに、遺憾に思います」

ロンドンは、世界で最も多様性に富んだ都市と言われているなかで、なぜにこのような問題が発生してしまったのでしょう。

知らずと悩みもがく
バイセクシュアルの人たち

Dda65021bfffb2bcf7d46ecfd8404283d688d9c9

マイノリティ人種のLGBT+の人たちのコミュニティ内での差別などは、度々イシューとされていましたが、今回はバイセクシュアルの人たちの問題も表面化。

バイセクシュアルの人たちはコミュニティにも、一般社会にも馴染めないとの事実も明らかになっているなかで、バイセクシュアル人口は最も多いという事実も同時にあります。

例えば、2011年に行われたサンフランシスコ人権委員会の調査によると「自己認識しているバイセクシュアルの人たちはLGBTコミュニティの中で多数を占めている」と報告され、また2015年に実行されたイギリスのYouGovのアンケート調査によると、4割以上の若者たちはバイセクシュアルの経験があり、同性にも惹かれると回答。

このようにバイセクシュアルの人たちが多数占めているにも関わらず、LGBT+コミュニティ内からの“どちらかのチームにつかないとならない”というプレッシャーも。そのため、“バイセクシュアル”はいっときの迷いなのではないか…と悩んで苦しむ人もいるため、自己判断も難しいのかもしれません。

この度の問題を見て、私たちの考える“多様性”は流行りのバズワード以上に、深い課題があると気付かされます。一つのグループ内を垣間見ても、多くの問題が交差している現状が分かります。

「みんな違うからこそ受け入れ合う」とシンプルなメッセージであるのに、これほどまでに複雑になってしまうのは何故なのか、と根本から考え直してみたくなりました。

性の多様性を象徴するレインボーフラッグを持って行進する人たちの姿は、度々メディアに取り上げられます。が、実際に自分が参加するとなると、少しハードルが高い気...
毎年、米国の首都ワシントンD.C.で行われるLGBTの祭典「キャピタル・プライド・パレード」。今年は、トランプ政権の保守的な反LGBT政策に抗議する形で、...
今年、新たにLGBTの人たちにとって歴史的な一日となった日がある。毎年、世界各地で盛大に開催される性的マイノリティの権利と文化を讃える「プライド・パレード...
「人の絵文字の肌の色が一色なのはおかしい!」との声に、ついにAppleが応えました。開発者向けに配布が始まったiOS 8.3 beta2では、従来の絵文字...
1980年代後半のアメリカで生まれた「イスラモフォビア」。日本語に訳せばイスラム恐怖症。宗教自体に、それを信仰する人々に対して嫌悪感を示す偏見のこと。この...
家族のみんなの肌の色が違うという理由から、人と違うことを個性だと考えていたフォトグラファーChesterfield Hectorさんは、母親の死を原動力と...
先日パートナーと同性婚をした私は、ゲイ業界でここ10年ほど、台湾ブームが来ていたことを肌で感じていた。理由は安直なところで「日本人は台湾人にモテる」という...
「トランスジェンダー」も、十人十色。「ただ世間では、しばしば『トランスジェンダー』というひと括りで語られてしまうのです」と訴えるのは、ライターのBasil...
「新しい価値観や制度が生まれるのはいつも都会だから、田舎で暮らしたくても、LGBTの仲間を求めると上京するしかない」そう考え、あまり好きでなくとも都会へと...
「コルテッツ」というスニーカーを知っているだろうか?1972年にNIKEブランド初のスニーカーとして誕生。現在でも生産されている同社を代表する1足だ。個人...
LGBTQプライド月間(Pride Month)に合わせて、アパレルブランドをはじめ多くの企業が、象徴となるレインボーを製品に取り込むことで、サポートを表...
Scottさんはメイクが大好き。以前から化粧をして職場へ行っていたのですが、新しくきた上司に理解されずショックを受けます。化粧を落とせという要求に従わず、...
彼らが決行したのは<国内生産量の危機>を、伝えたかったからではないのです。人種差別をしたり、多様性が受け入れられない社会は貧しい、ということを国内シェア率...
2015年6月26日、アメリカが同姓婚を合憲とする判断をした瞬間、世界各地ので多くの人々が、歓喜に湧き、抱き合い、こぶしを突き上げました。その様子は、一夜...
リベリア出身で、LAを拠点に活動する黒人モデルDeddeh Howardさんは、モデル産業のなかに「多様性」が欠けているということを憂いていました。街で見...
1961年、ユーリイ・ガガーリンが人類初の有人宇宙飛行士として、宇宙に飛び立ってから56年の月日が流れた。「地球は青かった…」宇宙からの帰還を果たしたガガ...
LGBTQのニュースを見ない日はない、というくらい、ここ数年で一気にその認識や理解が深まってきているような印象を受ける。でも、そこに登場する人は若者が多く...
小さい頃から大好きだった『美女と野獣』。実写版を見に行ったけれど、映像や音楽がとにかく綺麗で、2時間があっという間に過ぎていった。先日の「2017 MTV...
素敵なウェディングカードを見つけました。初めは、そのデザインに惹かれたのだと思いました。でもしばらくして、そっと込められた意味に気付いた時、もっと魅力を感...
東京大学・東洋文化研究所の教授である安冨歩さん。大学卒業後は住友銀行に就職し、2年半ほど勤めていたと言います。そこでは、優秀なはずの人々が、嫌々ながら、身...