ついに「心臓認証」が開発された。

今や、スマホは指紋認証がデフォルト。眼球に赤外線を当てる「虹彩認証」も2年前から取り入れられ、「顔認証」まで搭載したiPhoneXも発売予定。

生体認証がこれほどまでに生活に溶け込んできたところで、どうやら「心臓」までロック解除に使われる日が来るかもしれないらしい。ここまできたら、もう認証のために使える部位は出尽くしたのでは?

「心臓の形」が、
まったく同じ人間はいない。

5e639dd4c02e74618f7f549604e44a401c3616c1

セキュリティに使えるよう開発したのは、ニューヨーク州立大学の助教授、Wenyao Xu博士のチーム。コンピューターサイエンス・エンジニアの専門家たちだ。2017年10月開催予定の国際会議「MobiCom」にて発表する論文に、その詳細が記載されているという。

曰く、心臓の形は一人として同じではない。指紋認証でロックを解除する場合と同じように、PCの初期設定時に心臓をスキャンして登録したら、その後は近づくだけで自動的にログインしてくれるというのだ。もちろん、持ち主以外が操作するために近づいたとしても、起動することはないらしい。

「心臓認証」が普通になる?

Fb8869d13dedcb4b7ec8f1f4d1819880242a26b6

「面倒だったログインとは、これでお別れ」というキャッチフレーズと共に、多数のメディアが取り上げているようだけれど、今のところ可能になっているのは、PCのログインのみ。MacBookを立ち上げてパスワードを入力するのって、そんなに面倒かなぁ?とも思ったり。各サイトのログインは通常通りのままなのだから、う〜ん、この時点で便利とはあまり言えないかも。

よほどの機密情報を扱う仕事でもないなら、指紋認証・顔認証が一般化された今、心臓を使うのは、むしろリスクにも感じてしまう。開発者によれば、初期登録およびログイン時のスキャンによって浴びる放射線は5mW。健康上の心配はいらないとのことだが、1日に何度も読み取られるのは、ちょっと恐い気も。

「将来的には、スマホや各種サイトのログインなど、幅広く心臓認証が使えるようにしていきたい」とWenyao博士。

パスワードの入力って地味だけど大変。スマホをポケットから出すたびに解除操作をしていると、一体1日に何回やってるんだろうと考える。さらに登録しているサイトの...
キーケースから鍵を出す、あるいは、ナンバーロックを打ち込む。「Ola」ならそれらの動作は必要ありません。ドアノブに手をかけるだけで、家主を指紋認証。1秒足...
細胞から新しい臓器を作り出す再生医療は、ひと昔前では考えられないほどの進歩を遂げています。そしてこのたび、意外な素材から人間の心臓を作り出す研究が、米・ウ...
2014年10月24日、シドニーで世界初の「死んだ心臓」の移植が成功した。この心臓は蘇生される前に、約20分間にわたり機能を停止していた。これまで、移植に...
2020年の東京オリンピックまで、あと4年!各観光地を中心に積極的なインバウンド施策が進んでいますが、政府の「この夏に外国人観光客の指紋認証を使った決済シ...
ノートの中身を見られるのはすごく恥ずかしい。僕は、仕事でミスしたことやもらったアドバイスを書いているから、誰にも読まれたくない。その内容が日記だと、なおさ...
この動画は、心臓移植手術を受けたトレバー・サリバンくん(15歳)が、術後にその心境を語ったもの。目が覚めた後の感極まった様子を父親のフィリップさんが映像に...
カップ麺やインスタントラーメンって、手軽で便利で美味しいのでついつい食べすぎちゃいますよね。でも、ベイラー大学とハーバード大学の調査の結果では、一部の乾麺...
ストレスは思われている以上に危険だ。精神疾患だけでなく、死に直結する様々な病気の発症リスクがあるとされる。では、具体的にどんな病気のリスクがあるのだろうか...
アメリカで発売された指輪型デバイス「Token」は支払い、車や家のロック、PC・サイトへのログインを瞬間的に可能にする最新ツール。指紋認証付きでセキュリテ...
最新のスマートデバイスと「健康」には深い関係性がある。流行りのウェアラブルと言えば、走った距離や道のりどころか心拍数や消費したカロリーまで管理可能。中には...
臓器移植。他の治療方法では回復できない場合に取られる「最後の手段」であることが多く、多くの患者がドナー提供者を待ち望んでいる、というニュースなら一度くらい...
東京大学の研究グループが、表面温度の分布を測定する、薄くてしなやかなプラスチック製の温度センサーを開発した。人体に直接貼り付ける超薄型の温時計なんていうの...
カリフォルニア大学は、血管の中を泳ぐように進み、薬剤を投与できる魚型の機体を開発した。体内に注入する医療用ナノマシーンの話題を耳にしたことがあるかもしれな...
クイーンズ大学ベルファストの科学者達が、汗をかけばかくほどいい香りを発する、という画期的な香水を開発したようです!湿気や水分と接するほどいい香りになるのだ...
玉ねぎを切ると、涙が出てくるのは周知の事実。では、みなさんはそれをどう回避していますか?「包丁と玉ねぎをよく冷やしておく」「割り箸を口にくわえる」など、“...
その器量良い風貌は、努力のにおいを感じさせない。しかしその内実は、挫折とパッション、人間味に溢れていた。彼女の名前は、安田あや。コスメ会社AYAの社長とし...
高強度ありながら“肌に最も近い素材”と言われる、ハイドロゲル製のコンドームの開発競争が、近年激化しています。この次世代型コンドームの登場により、エイズウイ...
オーストリアのグラーツ大学の研究チームによれば、多少のアルコール摂取が創造性が上がると判明。ただし、過剰摂取だと創造性が上がらないという結果も出たうえで、...
「iBot」は、大きな2つの車輪が縦並びにトランスフォームする電動車イス。動画を見てみましょう。そのほか、階段を登れるところが大きな車輪と優秀なバランス調...