あぁ、甘いコーヒーもいいじゃないかと思った「シンガポール」

多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。

そんなシンガポールに「だんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せている」と聞き、遊びに行ってきました。

前回行ったのは5年前。そのときはまだそういうコーヒー屋さんはほとんどなく、とにかくトロンと甘い味が定番でした。今回もいろんなコーヒー屋さんをまわりましたが、この旅で何となく「シンガポール=甘いコーヒー」の理由がわかったような...。

「暑い気候」と「甘さ」は
意外に合うのかも

やってきたのは「NYLON Coffee Roasters」。なぜか集合団地内の1階部分、しかもちょっとわかりにくい奥のほうにあります。

普通に歩いていたら絶対に見つけられない場所にある、というのも「知ってる人だけが来てくれたらいい」という勝負に出ている感じがして、グッときます。 

754eb5054e67dcc2ac9d6180cdd54609f1956673

店内はシンプルそのもの。無駄なものもなく、大きなカウンターテーブルがあるだけ。椅子も2〜3脚しかありません。そして「Roasters」と名が付くだけあって、奥には大きな焙煎機。しかも2機!

9ab913bcf3ae7e72d86709591d803f79b4204bdd

肝心のコーヒーですが、本当ならドリップで味を見たいところ…でも、いかんせんシンガポールは暑い! ひんやりした夏のシアトルに慣れている私にとっては、湿度高めのサウナ状態(水風呂なし)。

こんななかでホットを飲んでも楽しめない、と思いアイスラテにしました。

2015b97af535299b1738c4e31a303c94a2e51f7a

おいしいです。本当に。優しくて、ほろっと苦くて、ミルクの甘さととってもマッチしています。暑いのでアイスコーヒーがスッキリしていいかなと思いきや、甘いミルクがおいしかったんです。グッドチョイスでした。

でもあれ、ちょっと待って…。

今までラテが飲みたかったのは雨の日や曇りの日、寒い日でした。暑くて湿度ムンムンの日は、ミルクや甘い飲み物だと口の中がモワッとなる気がして、あまり飲む気になりませんでした。

なのに、「暑い気候と甘さ、意外に合うかも?」と急にハッとしたんです。

というわけで、次はシンガポールのそこら中にある「コピ」へ行ってみました。スタンダードがすでに甘いコーヒーです。そこからさらにカスタマイズする独特のスタイル。初めて行くと、注文の仕方にドギマギしてしまいます。

「OとC」って?

D403f32efffd1079172a654339907c7c7de4790a

まずメニューでコーヒーを探すと「Kopi、Kopi O、Kopi C」とあります。知っていて当たり前と言わんばかりに「O」も「C」も説明がありませんので、あしからず。

「Kopi 」は普通のコーヒーかと思いきや、コンデンスミルク入りコーヒーです。「Kopi O」は砂糖入り、そして「Kopi C」はエバミルク入りです。

私は思い切って「Kopi C」にしてみましたが、デザート感覚でおいしかったです。暑い外にいる間は「さっぱりとした冷たいブラックで引き締まりたいな」って思っていたのが、冷房がガンガンに入っている室内に入ると、急に甘いのが欲しくなってしまうのはなんででしょう?

D847e8d57275fde0431819265a22dc233d103f6a

これまで東南アジアでは、ペットボトルの緑茶を買えば、飲んだ瞬間に騙されたかと思うほど甘かったり、コーヒーも誰も頼んでないのに勝手に甘かったりで、茶葉とコーヒー豆を冒涜している!と思っていたけれど、その土地でそれが多くの人に愛され人気なのには、やっぱり理由があるんですね。

暑い国には甘めの飲み物が合うかもしれない予感、高まっています。

玄米を焙煎してつくるコーヒーがあります。“飲むマクロビ”の異名が付くように、美容・健康面ばかりに目が行きがちですが、ここに紹介するプロダクトは、その製法に...
暑い…暑いです。5月ってこんなに暑かったかな?と思う今日この頃。本格的な夏が来たらどうなってしまうのかと、今からちょっと怖いくらいです。私は寒いところで温...
前回、今の日本のカフェブームは「サードウェーブ」というコーヒーのトレンドの波にがっつり乗った形、ということをお話ししましたが、じつはこのサードウェーブ、日...
挽く前に、よく豆を冷やすと、より深いアロマが楽しめるーー。という研究結果が「ネイチャー」に掲載されました。イギリスのバース大学と、地元のコーヒーショップ「...
シアトルに住んで、もうすぐ8年になります。シアトルというと「コーヒー」とか「雨」というイメージが強いと思いますが…正解です。まったく裏切りません。本当にコ...
毎日飲む、コーヒー。私の生活になくてはならないものですが、一体誰がどうやって最初にコーヒーを見つけて飲むことになったのか、ご存知でしょうか。以前、コーヒー...
コーヒーを飲むとき、チョコレートっぽい味とか柑橘系の風味などを感じることがあると思いますが、その味を作り出しているコーヒー豆にまで考えが及ぶことはあまりな...
コーヒー好きのみなさま。突然ですが、コーヒーの好きなとこってなんですか?私の場合は、そりゃもうたくさんあります。味はもちろんのことですが、知れば知るほど深...
今回の「私が知りたい、コーヒーの人」は、桑原りささん。桑原さんはNHKを始めとする数々の番組でキャスターや司会者をされてきたほか、国際・経済ニュースを取材...
お店で飲むコーヒーはプロが淹れてくれたものなので、やっぱりおいしいですよね。私は家でも毎日自分でコーヒーを淹れるんですが、かなり大雑把な性格なので計量した...
「ハマる」という現象は、思いもよらず訪れるのかもしれません。とくにそれまで興味がなかったり、逆に「食わず嫌い」だったりすると、その反動でハマり方の振れ幅が...
みなさんは旅行へ行くとき、カフェやレストランなどを事前にリサーチするタイプですか?見知らぬ土地の食べ物や飲み物で冒険するのは、なかなか勇気がいることです。...
日本のコンビニは、外国人や海外に住んでる日本人にとっては目がキラキラしてしまう場所です。たとえば私の住むアメリカでは、コンビニは少し怖い場所という認識があ...
カッピングスプーンは、抽出したコーヒーをすくって、液体を強くすするための道具です。霧状にして口のなかに含むと、コーヒーの質の良し悪しを客観的に判別出来るん...
今では本当に当たり前のツールになった「ウェブカメラ」。最近はどんなパソコンにもついていて、動画を配信したり、顔を見ながら相手と会話できる時代です。ちなみに...
実は私、つい先日地球の裏側にあるコーヒー大国ブラジルへ行って来ました。そう、コーヒー生産国世界ナンバー1の国です。世界で出回っている3分の1はブラジルのコ...
コーヒーと言っても、本当にいろんな種類のものがあります。豆の種類もたくさんありますし、作り方もブラックコーヒーからフラペチーノのような甘いデザートのような...
コーヒーを飲んでいると、知らず知らずのうちにカップの底に付着する「茶色の染み」。もしアレがポストカードに付いてしまったら、普通は出すのをやめて捨ててしまい...
アメリカ最古の蒸留酒製造所を持ち、2016年には150周年を迎えたアメリカン・ウイスキーの代表格「ジャック ダニエル」。ボリューム感のある四角いボトルに満...
「Nitro Cold Brew」は、専用のサーバーで注がれる窒素ガス入り水出しアイスコーヒー。まるで黒ビールのようなその見た目が、昨年の夏頃に大きな話題...