「風情ある」以外の切り口が、花火大会にあってもいいんじゃないかと思った話

19歳のころ、春期の1セメスターだけ交換留学に行った。行き先は、カナダ・バンクーバー。

異国での4ヶ月。もちろんいろんなことがあったのだけれど、今でも鮮明に覚えているのが、イングリッシュ・ベイで行われた花火大会、通称『Celebration of Light』だった。

正式名称は『Honda Celebration of Light』。もとは『Symphony of Fire』という名称でスタートしたこのイベントは27年にわたって開催されており、海の沖合で開かれる花火大会としては、もっとも長い歴史をもつといわれている。世界的にも有名な花火大会だ。

しかし、ホストマザーに「楽しいから行ってきなよ」と言われ、学校の友達とイングリッシュ・ベイに向かう道中、私は「はいはい、花火ね」くらいにしか思っていなかった。

日本生まれ、日本育ちの私が思い描く花火大会は、ヒュ〜と上がって、ドン!と広がって、みんなが「わぁ」って言って……うん、それで? という感じ。それが夏の風物詩だ、風情だという文脈は日本人としてもちろん理解できる。けれど、それがひと夏に何度も続くとなると、何度感傷にひたればいいんだという気持ちにもなった。

適当に10分くらい観たらあとは友達と遊ぼう——そう考えていた私が、まさか30分以上ずっと花火を見上げ、しかも大興奮するとは、その時は想像していなかった。

花火って、
エンターテインメント!

じつは、『Honda Celebration of Light』はただの花火大会ではなく、花火のコンペティションだ。競い合うのは国同士。3晩にわけて行われ、1晩につき1国がパフォーマンスする。イングリッシュ・ベイの夜空を舞台に、花火と音楽という演出を使い、一大エンターテインメントショーが繰り広げられるのである。

私が観に行ったのは、カナダのパフォーマンスの日だった。テーマは「Attack」。詳しい構成はもう忘れてしまったが、ゴジラのテーマに合わせて花火がアグレッシブに打ち上げられていく様子も、そしてそれに見入る観客も、私が想像していた「花火大会」とは真逆のものだった。まるでスポーツ観戦をしているかのように興奮し、映画を観ているかのように感動し、立派なエンターテインメントとして成立しているさまに、ただただ圧倒された。

……というのも、もう9年前のことである。なぜ突然そんなことを思い出したのかというと、ハウステンボスで行われる花火大会が、もしかしたらそれに近いんじゃ?と思ったからだ。

こういうの、観たかった

11月4日(土)に行われる『スーパーワールド花火』は、「花火で世界旅行を楽しもう」をテーマに行われる花火大会だ。

日本初上陸の巨大仕掛け花火が上陸するとか、花火で世界一周を体験できるとか、15,000発打ち上げられるとか、売りはいろいろある。あるのだが、やはり私が推したいのは「ショーが練られている」という点だ。

詳しい構成はもちろん当日までおあずけ(私も知りません)。けれど、世界各国の特徴を花火と音楽で表現する、という情報を聞くかぎり、とても頼もしい演出のように思う。ヨーロッパはクラシック音楽を、アフリカはアフロビートやサルサ、ルンバを、オセアニアはアボリジニなどの先住民音楽を使って、それを花火と融合し、ストーリーに仕立て、ワールドツアーを実現する。

ちゃんと、ショーが構成されている花火大会なのだとわかる。

テレビだってラジオだって舞台だって、ちゃんと脚本あるじゃん。小道具だって音楽だって用意するじゃん。ひとつのショーを作り上げるために構成を練る、というのはごく当たり前のことなのに、なぜ日本の花火大会は「風情」に頼りきりだったのだろう? ……という疑問を解消し、その突破口になってくれそうな気がしているので、『スーパーワールド花火』、私は期待しています。

46a9fd01a1d797533be365c7b9826d286459d8f3

【開催概要】

 正式名称
 スーパーワールド花火
 
 開催日時
 2017年11月4日(土)
 19:30~21:00(予定)

 会場
 ハウステンボス
 ロッテルダム会場花火観覧エリア(有料イス席・マス席)
 ウォーターマークホテル前花火観覧エリア(有料イス席)
 ※メキシカン・キャスティーリヨはロッテルダム特設会場内で開催のため、他の会場からは観覧不可

Licensed material used with permission by ハウステンボスPR事務局
気がつけば8月も後半戦。あれほど「暑いのはもうイヤ!」と思っていたのに、いざその終わりが近づくと、一気に寂しさが押し寄せてきたり。毎年感じるこの気持ち、一...
従来の花火大会のものと異なり、写真ではなくイラスト、しかも秀逸なコピーまで載った5パターンのポスターが、この夏SNS上で話題に。これは第68回呉の夏まつり...
何かにつけ、ひねくれて物を見がちな性格だけど、夏の花火だけは、どストレートに大好きだ。青春時代にいい思い出があるわけでもないし、大人になってからはしゃぎま...
数年前に転職してからずっと都内に住んでいる。地元の親友ミホとは「遊ぼう遊ぼう」といつも言ってはいたけれど、帰省するタイミングが合わなかったり、どこか中間地...
小さな子にとっては毎日が「はじめて」の連続かもしれませんが、中でも花火はとっても刺激的な経験の一つのようです。大きな音と光にビックリ。喜ぶ子もいれば、泣い...
日本の夏の風物詩、花火。もちろん、花火は世界中で見られるものだけど、そのスケールやクオリティは、やっぱり日本に軍配が上がると思う。花火の起源には諸説あるけ...
以下の映像は某所で撮影された新型の花火を捉えたもの。一体どんな仕組みになっているのか…。あなたにわかるだろうか?Reference:Trending in...
7月4日アメリカの独立記念日にお祝いの意味を込めてたくさんの花火が空に打ち上がるけれど花火による事故が問題視されている米テキサス州フォートワースにある法律...
「見にいくんじゃなくて、入り込む」「400年も変わってなかった花火をアップデートする」「お台場からの美しさ。日常にある奇跡に気づいて欲しい」「最後には、人...
つい先日、Facebook社が空からネット環境を届けようと開発を進めているソーラー飛行機、「Aquila(アキラ)」の初フライトを成功させました。一方、通...
日々飛躍的な進化を遂げるスマホ。でも、「こんなにたくさん機能があって、疲れちゃった」「ついつい時間を無駄にしてしまう」と思う人もいるかもしれません。「Th...
海との一体感を味わえる──。ハワイで大流行し、日本でもその認知度が広がりつつあるのが、スタンドアップパドルボード(通称:SUP)を使ったヨガ。その進化版と...
3月の初旬、ロンドンにあるパターノスター広場に、突如としてスイセンのお花畑が現れました。じつは、これはすべて造花なのですが、夜になるとライトアップされるの...
世界でもっとも華やかなボディペイントを決める国際大会「The World Bodypainting Festival」が、6月の終わりから7月にかけて開催...
4月のよく晴れた週末、ニューヨークはマンハッタンのグリニッジ・ビレッジ。 19世紀の街並みが残る落ち着いた通りに突如現れた、まくらを抱えた人たち。 こ...
付き合っている彼はもちろん、彼の周りの友だちからも「いい彼女」と思われる女性になるためには。誰からも愛される女性の仕草を4つに分類してみました。1.内面か...
ブラックライトって何?を簡単に説明すると「クラブやパーティーなどのナイトシーンで、よく見かける紫色の光」だ。白い服を着ていると、ひかって見えるのはコイツの...
近年はソーラーパネルを利用した自然由来の電力利用が次々と開発されている。しかし、蓄電機にかかる費用はまだ安いとは言えないのも事実だ。ここで紹介する「Gra...
アメリカのイベントマーケティング・マネジメント会社であるBook That Eventが主催する、犬のためのサーフィン大会が今年も開催されました。場所は、...
2015年7月に、南アフリカで開催されたサーフィン大会「J-Bay Open」で事件が起きた。オーストラリア出身のプロサーファー、ミック・ファニング選手が...