「おいしそうだからって、勝手に食べていいの?」性犯罪をつまみ食いに例えてみた。

テレビやネットで性犯罪の話が出ると、「誘うような格好をしていたのが悪い」「そんなところにひとりでいるなんて不用心な」「それくらい魅力的だったってことだよ」といった具合に、被害者に言及するコメントをよく目にする。

そんな状況に物申したのが「101-North」から出されたこの動画。これ、性犯罪をケーキのつまみ食いに例えているのです。「被害者にだって非があるんじゃ?」と少しでも思ってしまう人は、このムービーを見てみよう。

この状況でも、そう言える?

6a3d207d85b39c89209f6e38d14d7ef65349010c

Image by 101-Nort

パティシエの目の前には、丹精こめて綺麗につくられたウエディングケーキが。どうやらとっておきの力作のようで、嬉しそうに最後の仕上げ中。

D86ac1233c90e422514ce81f5edbc1cbe8f14dc3

Image by 101-Nort

そこに通りがかったのは、一人の女性。ジム帰りなのか、タオルと水筒を持っています。

「わぁ、美味しそうなケーキね!あなたが作ったの?」

912feb9a534967f6e6c4f5e6ef30ef3662ff81e9

Image by 101-Nort

「そうとも!このアイシングもデコレーションも僕のアイデアなんだ」

パティシエの力説に「なるほどね〜」と頷きつつ、何食わぬ顔で手を伸ばした女性。

次の瞬間!

8735100a8ac25e9a72302db173a9f717c7246ecb

Image by 101-Nort

グシャァ…

755a0967dc7b33f4349362edc4a5c1ca807e9168

Image by 101-Nort

ガブッ。

「う〜ん、美味しいわ…」

唖然とするパティシエ。運動してお腹が空いてたんでしょうか。にしたって許されないのは当たり前。

Edbe655cdb82e816c715089178b77fabcb6a2961

Image by 101-Nort

「僕のケーキ!な、なんて事するんだよ!」

でも女性の反応はというと…

18052c48cf2877e5758f2406fbadc7aff3feba66

Image by 101-Nort

「えっ?いやいや、こうなるに決まってるでしょ。こんなに美味しそうに作ってこんなところに置いておかれたら、食べるわよ。私に『食べてください』ってお願いしてるようなものじゃない」

と、まさかのトンデモ理論で対抗。

C1f28a7bb0b9629ff031bdcf944e20dd102106da

Image by 101-Nort

「でも…君にこのケーキを触る権利なんて無かったのに!」

D4e627006e9a1e382ec3741dd85e86c0a6e7f2ac

Image by 101-Nort

「何ですって?私のこと悪者にしようっていうの!?」

78aa875f95091cbb9a2db5b8c242f6b8949066a6

Image by 101-Nort

ここで背後のトイレからケーキの依頼主、花嫁が登場。

0dc8856d888a25d85b3794a051c27b9f9a47d938

Image by 101-Nort

「この人、あなたのパティシエ?とんだそそのかし野郎ね!」

ね、おかしいでしょ。

00c6c293413dd9df961d9f674a6b1e4868b1849a

Image by 101-Nort

ケーキを例にしたら、こんな話バカげてるってみんな分かる。だけど、これが性的暴行とかの問題になると、この理屈を本当に持ち出してくる人がいるのです。

「そりゃそうなるよ。可愛かったんだもん。魅力を感じさせた本人が悪いんだよ。男は女に性的興奮を感じる生き物なんだから、あんなに無防備じゃ『襲ってくれ』ってお願いしてるようなもんだ」みたいな感じで。

もう一度聞きますけど、美味しそうに見えるからって勝手に人のモノを食べちゃいけないんでしょ?だったら性的暴行だって、絶対に許されないはず。

Licensed material used with permission by 101-North
女性に対する性的犯罪があとを絶たず、大きな社会問題となっているインド。政治家の「夜中にで歩かなければ被害にも遭わない」という発言に対し、反発が集まり、SN...
イギリスNSPCC(英国児童虐待防止協会)が手がける性犯罪予防アニメは、とにかく明るい。日本でこの手のシリアスなテーマを扱うとしたら、間違いなくこうはなら...
「庭園と図書館さえあれば、あなたに必要なものはすべて揃っている」とは、かの有名なキケロの言葉ですが、まさに「畑」を使うことで、地域の生活の質を向上させよう...
アメリカでは98秒に1人の女性が、性的暴行の被害に遭っているそう。日本でも女性の性暴力被害に関する法改正が行われたりなど、国にかかわらず大きな社会問題とな...
小さな八百屋「ミコト屋」が扱う果物は、1年中手に入るわけではありません。そんな旬の時期にしか出会えない、とびきりおいしい果物を使ってケーキをつくる「MER...
インドネシアのジャカルタにある「Le Novelle Cake」は、オーダーメイドで豪華絢爛なケーキを作るベーカリー。その作品はどれも豪華絢爛、繊細優美...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
女性の活躍が進んでいるとはいっても、人数としてはまだまだ男性の方が多い政治の社会。もしもそれが、逆転したら?そんなイラストを公開した「College Hu...
東京大学・東洋文化研究所の教授である安冨歩さん。大学卒業後は住友銀行に就職し、2年半ほど勤めていたと言います。そこでは、優秀なはずの人々が、嫌々ながら、身...
男性のみなさん、「男らしくしろ」と言われた時どう思うでしょうか。また、女性のみなさんは、男性にどんな答えを望んでいるのでしょう。以下の動画は、5歳から50...
今や誰でもいつでもどこからでも、世界と繋がれる時代。ほぼ全員がその場で写真を撮って世界中にシェアすることができるし、かつ当たり前に行われるご時世。そんな中...
「mindbodygreen」が選ぶ、“愛の伝道師100人”に選出された結婚セラピストShelly Bullard氏。恋愛の切り口も独特。例えばこの表現、...
もっとも人間に近い猿と言われるボノボ。パッと見てチンパンジーと見分けがつかないのですが、大きく異なるところがあるよう。彼らは繁殖目的だけではなく、食べ物の...
男性と女性だと、恋愛の考え方がかなり違うのかもしれません。…と、頭では理解していても、あまりにデリカシーがないと、どんなに心が広い女性でもイラッとしてしま...
職場における生産性の向上は、社会人にとって大きな課題のひとつ。「気づけばもう夕方なのに、まったく仕事が終わっていない…」と途方に暮れるような日もあるのでは...
彼らが決行したのは<国内生産量の危機>を、伝えたかったからではないのです。人種差別をしたり、多様性が受け入れられない社会は貧しい、ということを国内シェア率...
リーダーとして活躍している人に備わっている要素、それはカリスマ性。しかし、ひとえにカリスマ性と言っても、どういう特徴なのでしょうか?ここでは、その一部の例...
男性のみなさん、気になる女性と2人きりで初めて食事に行ったとき、お会計はどうしていますか?全部自分で払うのが当然、と思っている人が多いかもしれません。でも...
あなたの身の回りにも一人や二人は存在している、自分勝手な人。付き合いが浅いうちは気付かなくても、少しずつ自分勝手な人に振り回される回数が増えて困っている人...
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...