恋愛に効く「ホラー映画」あります。

10月に入り、ハロウィンの準備にウキウキする人が多いのでは。でもハロウィンといえば、ホラーを楽しむ日でもあります。

そこで「Elite Daily」の恋愛ライターJasmineさんが、恋人と距離を縮めるための名作ホラー映画をまとめました。タイトルは聞いたことがあるけれど、観たことはないと言う人もいると思うので、これを機に一緒に観てみると、一気に仲良くなれるかも!

B1cc82b2c7832ba9660d12518b3a17b14c33525b

一瞬でも恋人に抱きしめてもらいたいときは、ホラー映画を一緒に観ることです。映画そのものを楽しめるのももちろんですが、恐いことを理由に恋人とハグを繰り返せます。今のご時世では簡単に人気のホラー映画へアクセスできるようになりましたしね。

幼稚な考えと思われても構いません。好きな人と密着できるための努力は惜しみません。一緒に観ている人と密になれるならば。ホラー映画の目的は何でしょうか。きっと映画の製作者も同じ考えで、私たちはそれに従っているまででしょう。

ハロウィンが近づいているのもあるし、何かに驚き誰かの胸に飛び込んでもおかしくない時期がやってきました。どの年代につくられたホラー映画にせよ、観た人の心には少なからず恐怖が残り、時には夢に出てきたりもします。その映画のせいで、何かの恐怖症になった人もいることでしょう。なにはともあれ、恐い映画を観るということは、目を隠して恋人の胸に飛び込むということでしょう。

01.
エクソシスト(1973)
The Exorcist

0c581e8a392a26d45e01c4db930b171b3d33b97c

コンセプト自体が相当に気味が悪い映画。地獄という場所と、それが世界へどんな影響を与えるか。眠れなくなりますよ。

02.
イット(1990)
IT

スティーヴン・キングよ、ピエロの恐さを教えてくれてありがとう。元々ピエロは気味悪いのに、子供を食べては身体をバラバラにするという要素まで。

03.
ハロウィン(1978)
Halloween

Ece75418ea4babf40d5c0e43cb5062971a48811e

あの気持ち悪いお面と狂気的に大きいナイフを持つマイケル。この映画には何回もビクっとさせられます。しかし、彼はどうやっていつも走らずに次の獲物に追いつけるのだろう。

04.
シャイニング(1980)
The Shining

この映画のジャック・ニコルソンの演技が時代遅れになることはありません。この映画は終始いつでもその場から逃げ出せる体制にさせ、こんなことが世の中で起こりえるだろうかと考えさせられます。

05.
エルム街の悪夢(1984)
Nightmare on Elm Street

850b70ce2d38ef0ca3ea9635e8808b9803d42b94

このシリーズは、すべてが良いですね。こんな毛穴を引っ張られるようなおかしなコンセプト、だれが考え付くんでしょうか。

06.
羊たちの沈黙(1991)
The Silence of the Lambs

かわいそうなクラリス。レクター教授に恐怖を教えられること間違いなし。でもこの映画は、ホラー要素のみならず、紆余曲折のあるおもしろい映画です。

07.
死霊館(2013)
The Conjuring

純粋な視聴者を恐怖に落とす、説明のつかない超常現象。電気を全て消して観ると、さらに怖くなります。近くに顔を隠せる毛布の用意をしておくとベター。

08.
ソウ(2004)
SAW

史上最強に“歪んだ”ゲームの描写。色々なことを気付かされる映画とは言えないかもしれないが、中でも日常生活のありがたみを感じられる映画です。つまりは、不気味な“レッスン”なのかもしれません。 

09.
ローズマリーの赤ちゃん(1968)
Rosemary's Baby

24b910ccc660df5a10b9ac390f503bd1fe27d156

繰り返しになりますが、恐いものはどれだけ時間がたっても古びない。この映画を観て60年代に戻り、本当の恐怖とは何なのかを思い出してみましょう。

自分の判断で再生ボタンを押してください。あなたがびっくりしたり叫んだりしたときに側にいて抱きしめてくれる人がいるとわかっていながら観るホラー映画はいいですよね。

Licensed material used with permission by Elite Daily
今日は13日の金曜日。不吉なような、ドキドキするような。そんな日だからこそ、今日の夜はお家でホラー映画鑑賞なんていかがでしょう?生まれも育ちもNYのライタ...
カロリーを消費したいなら、ウォーキング?ジム通い?いやいや、ホラーでしょ!と言わんばかりの新たな取り組みをご紹介。ドコモ・ヘルスケア株式会社は、歩数、移動...
イラストレーターAndrew DeGraffさんが描くのは、往年のハリウッド映画のロードマップ。じつはこれ、映画に登場するキャラクターたちが移動した軌跡を...
「Collective-Evolution」に人生観を変える名作映画10選が掲載されているのでご紹介。これは、ライター兼ブロガーとして活躍中のJeff R...
11月末から公開されているこの映画の主人公は、チェット・ベイカー。1950年代、黒人ばかりのモダン・ジャズ界で一世を風靡し、マイルス・デイヴィスを凌ぐとも...
本来の意味合いや目的なんかとは関係なしに、とにかくみんなで仮装して騒いでとことん楽しむ、みたいな風潮が定着した「ハロウィン」が今年もやってきます。定番メイ...
激しい愛、官能的な描写、そして、胸を締めつけられるような結末ー。大人の恋愛映画をお家芸とするフランスから、待望の傑作がやってくる。それが『モン・ロワ 愛を...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
イギリス・マンチェスターに住むヨルダン・ボルトンさんは、映画に出てくる小物などを集めてアイコニックなポスターを制作するアーティスト。映画好きなら、見ている...
誤解を恐れずにいえば、「変な」恋愛映画を観た。何が変かというと、原作となったのは詩集なのだ。しかも、現代詩集として異例の27,000部の売上を記録している...
映画館に行く。ストリーミングで見る。DVDを借りる。そんな選択肢の中に屋外映画祭があります。珍しくは感じないかもしれませんが、参加する機会が多いわけでもな...
「Elite Daily」のライターBobby Boxさんは、とにかく映画を見るのが大好き。でも彼が好きなのは、映画館に行くことではなく、家で見ること。自...
小劇場、ミニシアター。大きなスクリーンのシネコンではなく、小さな空間でこだわりの一本を味わう。それは、多くの映画ファンにとっては至福の時間だろう。ブルック...
幼い男の子の悪魔のような姿…。もともとの純粋さは消え、恐怖心をあおる。ホラー映画で有名な『IT』に登場する“殺人ピエロ”のメイクを、3歳の弟に施した17歳...
自宅や映画館は言うに及ばず、ビルの屋上やビーチ、森の中、さらには無人島まで。近年は、上映イベントの充実もあり、さまざまな場所で映画を楽しめるようになってい...
サンフランシスコ ダンジョン」という、地元の暗黒歴史をテーマにしたホラー観光名所で、あの刑務所を再現した宿泊施設が限定オープンするのだ。看守や囚人による余...
目が見えなくても映画を楽しめることを伝えたい!松田高加子さん。視覚障害のある人が映画を楽しむ時の補助ツール・音声ガイドの制作を手掛けている「虹とねいろプロ...
野外映画祭やレストラン併設シアター、動く映画館など、今いろんな形で映画を楽しむ機会が増えています。ここテキサス州・オースティンにも、少し変わったムービーシ...
お菓子のコンセプトは、それぞれの作り手が独自の考えを持っているはず。それがハッキリと名言されない場合もあるとは思うけれど、僕が知るかぎり「映画」を題材にし...
三浦半島城ケ島公園で、初の野外映画祭「星降る町の映画祭 with CINEMA CARAVAN」が、9月30日に1日限定で開催されます。映画監督専用のギャ...