「世界一寂しい島」の主人、求む。(なんと4,600万円)

スコットランドに、新しい主人を待つ11万㎡の島がある。

赤土と枯れた緑の上に、ポツリと佇む真っ白な灯台。そのふもとには、こじんまりとした一戸建てがある。けれどこの島に住んでいる人はいない。それどころか、近づかないよう避けられ続けてきたという。

なぜなら、いわゆる「事故物件」だから──。

真白な灯台の下で起きた
57年前の殺人事件

B3e4210ab125f8aa442523ae131b3a5379c32b18

BBC NEWS」によれば、事件が起きたのは今から57年前。

1960年8月、デヴィッド・コリンが父と釣りを楽しむために島に遊びた来たところ、当時の灯台守ヒュー・クラークの遺体を発見したらしい。ベッドの上で他殺されていたことはすぐにニュースになり、犯人は捕まったものの刑務所の中で自殺してしまった。

もともと灯台守主任と副灯台守、その家族16人の家があり、いずれも自給自足をして暮らしていたと言われている。真っ白な灯台を囲んだ家族の身に起きた殺人事件によって、この島は不吉な場所というイメージがつき、家族の霊が現れる、近づくと気分が悪くなるなどの噂も。

「世界で一番寂しい島」
4,600万円で販売

Mackieさん(@e141ne)がシェアした投稿 -

定期的にメンテナンスはされているものの、ずっと主人がいないままだった島に、再びスポットライトが当たったのは今夏のこと。4,600万円で、島ごと売り出されることになったのだ。

遺体の発見者であるコリン氏は、インタビューでこう語っている。

「寂しさは漂っているけれど、幽霊や恐怖感などはまるでない。残念なのは、ひとつの命が失われたことと、この島が崩壊し始め、しまいには失われてしまうことだ」

灯台の所有権はないけれど、5,000万にも満たない額で、6つの寝室・コテージ・中庭などの住居だけでなく、公園や自家発電システムまで含まれている。文字通り、手付かずの自然には生命力が溢れていて、この土地は可能性に溢れている、とコリン氏。

一つの事件によって「気味が悪い」と見放されてしまっていた場所が、もう一度、人の手によって愛される場所になることを願っている。

Reference:BBC NEWS, @e141ne
Facebookやインスタを見ると、いつも誰かが南の島で楽しんでいる。うらやましい。僕も行きたい。我慢は、できない。単調に過ぎていく日常からどうにか抜け出...
近年では、世界中の風景をストリートビューで見られるようになりました。ストリートビューは、地図としてはもちろん、その場所に行かなくても旅行した気分を味わうこ...
スコットランドの美しい自然に囲まれて、爽やかな風を感じながら過ごす休日…なんて、考えるだけでうっとりしてしまいそうです。そんなロケーションを、自分のモノに...
ニュージーランドのワイヘケ島は、オークランドから40分でいける島。ワイナリーと海が有名で、景色が最高に綺麗なんです。島の人たちも優しくて、疲れた心を癒して...
世界には数々の離島が存在します。本島と離れているがゆえに情報が少なく、いまだに謎が多く残されている島も多いのです。そんな離島のミステリーを追求したのが、お...
日本のみならず世界には沢山の離島が存在します。おもしろ地理学会が編集した『世界史からこぼれ落ちた離島伝説』には、謎と神秘に満ち溢れた世界の離島について驚き...
ここで紹介するのは、Airbnbで体験できる島旅の中から3つピックアップしたもの。「のんびり、ゆったり、まったり」。波の音でも聞きながら、ビール片手に、い...
米旅行情報誌『Condé Nast Traveler』が主催する「世界最高の島」。およそ77,000人の読者から選ばれた、2015年最も美しい島が決定した...
鹿児島県の小さな離島、上甑島(かみこしきじま)。さまざまなテレビの撮影地としても話題に上がることが多いこの島は、四方を海に囲まれていて漁業が盛ん。そして秋...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
例えば、もしあなたが喧噪とした今の生活を離れて、島で暮らすとしたらどうだろう? そんな夢想をしたことがあるだろうか?「島」ということばを聞くと、無性に心が...
世界には、まだまだ未知の出来事や現象がたくさん残されています。とくに「離島」ともなると情報が遮断されている分、じつに興味深い逸話が聞けることがあります。お...
世界には、魅力的な「離島」がたくさんあります。その島の歴史やルールを紐解いていくと、そこには必ず理由があります。おもしろ地理学会が編集した『世界史からこぼ...
サンゴのかけらでできた奇跡の島。「バラス島」にあるのは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海だけです。その光景は、まさに非日常そのもの。日本地図に載ってい...
危険すぎて物理的に人間が足を踏み入れることのできない"隔離された場所"』をわんさか見つけてしまいました。今回はその中でも、本当に足を踏み入れることができな...
海外から帰ってくると、多かれ少なかれ手元に外貨が残るはず。それを、毎度律儀に両替し直すのは、思いの外ハードルが高い。そもそも硬貨に関しては、両替所でも銀行...
亜熱帯に属する西表島は、自然が猛威を振るい続けたがために、結果として美しい自然を現代に残している。島を巡るための道路は半周しかなく、自然がありのままの姿で...
サントリーニ島といえば、白と青のコントラストであまりにも有名なギリシャの人気観光地。エーゲ海に囲まれた美しい島を「一度は訪れてみたい!」と思っている人も、...
今の生活が自分の望んでいたものではないと気が付いたとしても、そして他にやりたいことがあったとしても、現在の生活を惜しげもなく捨てるということは、並大抵のこ...