父の無念。空のベビーカーを押しながらマラソン完走。

オーストラリアのマラソン大会で、Troy Austinさんは空のベビーカーを押しながら42.195kmを完走しました。

あなたがレースの参加者だとして、この光景を目の当たりにしたら、どんな反応をするでしょう。

そのままそっとしておく。なんで空のベビーカーを押しているのか、理由を聞く。頑張れと励ます…。人によって、対応は異なるでしょう。Troyさんは、走っている途中に多くの人からかけられた言葉について、考えたことを教えてくれました。

息子の死を知ってもらうために
押し続けるベビーカー

6c4c719d0d5ab1ee27083f5acedd034c1188a544

まずは、Troyさんの事情についてから。

彼とパートナーは、やっとの思いで新しい生命を授かりました。お腹の中で元気に動くT.G.が少しおとなしくなったのは、27週目をすぎたあたり。きっと休憩しているだけで、また力強くお腹を蹴ってくれるだろうと、2人で話しながら妊婦健診に行ったそうです。そして、医師から告げられたのは、現実として受け止めるにはあまりにも残酷なものでした。

彼の心臓は止まっている。

希望が絶望に変わったのは一瞬。それまで死産のことなど頭に浮かぶこともなかった、とTroyさんは振り返ります。死亡届を出したのち、T.G.を出産するために、また病院に向かいました。

「彼が息をしていないと知りながらもする出産。お腹の中から出てきたときのために用意した洋服は使えない。ベビーカーも空のまま。それでも、T.G.はとても美しかった」

Bf3ccb181dfe738517b8b2ff2c1d5e4c757881c1

この大きな悲しみを払拭するためにTroyさんがとった行動は、“スポーツ”でした。彼の死後、トライアスロンやマラソン大会に出場したようです。そして、「T.G.のことと、死産について知ってもらおう」という想いから、彼は空のベビーカーを押して走ることを決意しました。

労いの言葉をかける人と
心ないジョークを放つ人

そして、大会当日。やはり、多くの人の目を引いたようで、Troyさんにはたくさんの労いの言葉と「赤ちゃんを亡くしたのかい?」という質問がされたそう。彼はこれに対しての想いを明かしてくれました。

T.G.について、質問をされるたびに『ああ、本当に彼はいないんだな』と実感した。同じ人から同じことを聞かれると、少しイライラしたのも事実。

だけど、疑問に思った人に自分の子どもについて知ってもらえたのは良かった。会場のアナウンサーが僕とT.G.のことを話してくれた時には、とても嬉しかったしね。

だけど、『ベビーカーに乗せてよ』という類の言葉は気をつけてほしいと思う」

「最後の最後に赤ちゃんと一緒にゴールをする気かい?」や「疲れたからベビーカーに乗せてよ?」という心ない言葉をかける人もいたそう。

Troyさんは、ジョークのつもりだったのだろうと寛容な心を見せていますが、あなたが発言する内容だって、ときに人を傷つけてしまう可能性もある。そのことを認識しておく必要があるんじゃないでしょうか。

Licensed material used with permission by Troy Austin
車椅子を利用するパパやママでも使いやすいベビーカー。夢のような話が、アメリカで実現しそうです。しかも、このユニバーサルデザインを考案したのは、なんと16歳...
世界で最も小さく折りたためるベビーカーとして、ギネス(2015年11月現在)に認定されている「Pockit Storller」。ほんの一瞬で、カバンの中に...
ベビーカーには大きく分けて2種類が存在するのですが、この違いをよく知らずにいたのが2児の父であるこの私。オフロードバギーのような重厚感に一目惚れして手に入...
安全性を重視してつくられている「ベビーカー」は、子どもが成長するにつれて、少しずつ「お荷物」になってくるものです。行動範囲が限られたり、窮屈だったり…。そ...
それは、フランスのATLANTIDE ORGANISATION Internationale社が主催する、地球上で最も過酷なマラソン。毎年3月下旬から4月...
ゴビ砂漠で開催されている「Gobi March」は、灼熱の砂漠を250キロメートル走りきる苛酷なレース。ですが、ある選手のあとをおよそ150キロもついてき...
サハラ砂漠の約250kmを6ステージ7日間にわたって走る「サハラマラソン」や野生動物の生息する危険なアマゾンのジャングルを舞台にした「ジャングルマラソン」...
わずか8歳にして難易度の高いトライアスロンに参加し、見事完走したBailey Matthewsくんの動画が話題を呼んでいます。彼は脳性まひというハンディキ...
「天使のようなかわいさ」とか言いますけど、まさにその通り!でも子どもの成長は早く、どんどん新しい表情に移り変わっていきます。スクスクと大きくなっていく姿も...
もうすぐ赤ちゃんが生まれる。そうなったら、オムツの準備が必要です。でも予定より早く、小さく、生まれた赤ちゃんは、オムツを選ぶのもひと苦労。小さなサイズを探...
世界にはワクワクするような、それでいてちょっぴり危険な冒険レースが多数存在する。彼らはなぜ挑戦するのだろうか? きっとその先には、参加したものだけが味わう...
誰にだって、生きていればどうしようもなく落ち込む瞬間が訪れます。そのなかでも最もつらい経験のひとつが「身内の死」かも知れません。ここで紹介するのは、大学時...
世界中からホットな動画が集まる「Viral Hog」で話題となっているのは、ミズーリ州で撮影されたアライグマの親子たち。アメリカでは、林の中だけでなくとき...
写真のメガネの男性。黒いボールを今まさに手から離した瞬間。それを投げ入れる先は…え、ゆりかご!?一見、バスケットボールの試合風景に思えるこの写真。ところが...
女性ライターのDana Michは、米ヴァージニア州で夫と愛犬と共に暮らしている。そんなDanaは、9ヶ月前に父親を亡くした。ここで紹介するのは「Wash...
この感動の動画は、妊娠わずか24週目の早産で生まれた息子の初めての誕生日を祝って、母Mary  Coleen Grierさんが息子に送った1年間分の記録映...
長距離マラソンがきっかけで知り合った、ネイビーシールズ隊員を口説き落とし、1ヶ月間の共同生活を体験したJesse Itzler氏が「Big Think」に...
毎年カナダのトロントで開催される有名なマラソン大会「トロント・ウォーターフロント・マラソン」。この大会で、なんと世界記録が更新されました。その主人公はなん...
オーストラリア出身のハリソンさん。現在78歳の彼が、200万人以上の赤ちゃんの命を救ったというニュースが、話題になっている。彼が赤ちゃんを救うために行った...
2014年の4月に父親が、ステージ4の肺癌末期であることを医師から告げられた写真家のShin Noguchi。彼の人生で初めて、「父の知らない父の秘密」自...