「フォロワーを買える自販機」の開発者に真意を聞いてみた。

InstagramやTwitterの「フォロワー」を買える、はよく聞くハナシ。けれど、まさか自動販売機で販売されているとは…。

中にはクジが入っており、値段は1ユーロ(約130円)とお手頃。インスタグラマーの台頭で、SNSのフォロワー数が個人の影響力になる時代。自販機でサクッと有名人になれる、というのははたしてアリかナシか。

1b5c63d7f7cbd802823d131eaaafe757a842af55C7980a3d14daf82fd1213fca36e76ecc9d616b0fE830492d557f1f339c9c55dee7bab6f33befa3df

しかし本当に「フォロワー」が買えるのでしょうか?

疑問に思い、制作したベルギー在住のメディアアーティストDries氏のオフィスを訪ねてみました。

Edfd153418fd2e64f1b630d3d6e2eb745a64549c

ーーまずは、制作のきっかけから教えてください。

Dries氏:最初はインターネットヤミ市のためにスクラッチクジだけ制作したんですよね。その後いくつかの展示会の依頼がきて。

どうやって展示しようか考えていて、そのままテーブルに置くとかはつまらないなと思ってね。中古の自動販売機を買って、チケットと同じデザインにDIYで装飾しました。

ーー展示会での反応は?

Dries氏:やっぱり、みんな不思議がっていましたね。多くの人が本当にフォロワーが増える?とか聞いてきたけど、実際に増えるのは「フェイクフォロワー」です。

約5%の割合で1,000人、500人とかの数種類のチケットが当たる設計。最大は2万5千のフェイクフォロワーが増えるコードですね。ネットでも買えて今までに6,000枚ほど売れているかな?

そのコードを僕が作った特設サイトにSNSのユーザーネームとともに入れれば、フェイクフォロワーが増える仕組みです。

8f8116090a78349578f7d31d6f9585695339bdad

ーーこの作品を通して何を伝えたかったんでしょう。

Dries氏:僕の多くの作品はクリティカルなものが多くて、でもその中にユーモアを含ませています。

すごく伝えたいメッセージがあるってわけではないんだけど、人が理解しやすいものにしている。例えるなら、一言で理解できるような感じ。芸術の知識やアートの背景とか知らなくても楽しめるようにね。

257f3efbebbce7897d75e9f74c6eb2d7a9754baeBe0566eb7028403113dd9f36228a7ff94537f94cC1e43f67be84dce075f4bf580213decfca22f3ea

彼に「日本の読者にメッセージを」とお願いしてみると、「日本には行ったことがないので、展示会やメディアアートイベントにぜひ招待してください」とのこと。インタビューの帰り際、クジを3枚頂きましたが、見事にハズレでした(涙)。

監視カメラを使って交通違反を見つけたり、地面にイヤホンジャックを刺してみたりと過去のプロジェクトも要チェック。

なんならこちらからクジを買って、一気に有名人になってみる?

Licensed material used with permission by Dries Depoorter, Instagram, Twitter
フランスで有機農産物や有機加工食品を意味するBio(ビオ)。自然志向を好むフランス人に人気で、ビオ製品を選ぶ消費者は着実に増えています。こうした食材を、ち...
アメリカ、ワシントンD.C.に設置されている自動販売機から出てくるのは、飲み物でもスナックでもありません。なんと、子ども向けの本です。子どもたちがたくさん...
1月半ばに入って急に寒くなりましたよね。自動販売機の赤いボタンにもつい手が伸びちゃいます。しかし、そんなときにこんな商品はいかが?コーンポタージュにしよう...
「何じゃ、こりゃ!」15階建てのビルに整然と並べられたのは、1台ウン千万円のスーパーカー。ランボルギーニ、ポルシェ、マクラーレン…ヨダレが垂れてきてしまう...
現時点ではあくまでも構想段階だが、将来的にはとんでもない「高層マンション」が登場する可能性がある。そう聞くと、多くの人は「高さ」にフォーカスしたものだと思...
ベルリンで大通りに突然現れた、自動販売機。そこでは1枚2ユーロ(約270円)のTシャツが売られているのですが、ある仕掛けが施されていました。2ユーロで販売...
先のパリ同時テロを受けて、実行犯が逃走したとみられる隣国ベルギー。警戒レベルを最高位に引き上げ、厳戒態勢が続いている。警察当局は、首都ブリュッセルで展開さ...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
えっ…これが本当に、あのロボット掃除機のネクストバージョンなのか?その衝撃的な見た目に、我が目を疑った人もいるかもしれない。ただの車のおもちゃかにも見えな...
静岡県で農家を営む小池誠さんは、Googleがオープンソースとして公開した機械学習ライブラリ「TensorFlow」 をつかって、きゅうりの仕分け機を開発...
スナップチャット専用のウェアラブル「Spectacles」の販売がはじまりました。それは、ボタンを押すと自分の視点からみた景色を10秒までの動画として撮影...
政治や行政への参加方法として、インターネットを利用するケースはここ数年で急速に一般的になってきています。例えば、日本でもニコニコ動画で政治家の話を聞いて、...
出先でコーヒーこぼしちゃった!でも、この後大事な約束が…。そんな時にめちゃくちゃ役立つアイテムが登場しました。使い方がカンタンな上に、かかる時間が最短30...
合成でしょ?と思わず疑ってしまいそうな浮遊写真。フォロワー数27万人の超人気インスタグラマーhalnoさんの作品は、どれも本当に飛んでいるんです。いや、厳...
取り込んだ洗濯物をすぐにたたまず、バサッと床に置いておくだけでは、せっかくキレイに洗った衣類にまた汚れやシワが付いてしまう。かといってキレイにたたむには、...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
どんな場所にも持ち運びのできる“モバイル風力発電機”が、Kickstarterで出資を募っています。災害時や旅行の際にも大活躍の発電機「Trinity 5...
六本木・森美術館で6月11日(日)まで開催中の『N.Sハルシャ展-チャーミングな旅-』が、SNSに特化した(とも思える)独特の手法で展示をし、観客を集め、...
オーストラリア人アーティストのフィル・ファーガソンさん、23歳。どこから突っ込んだらいいのか分かりませんが、彼のInstagramには現在14万人を超える...
今まで“ふぁぼ”という愛称で親しまれていた、Twitterのお気に入り機能。このアイコンが、星マークからハートマークに変わり、"お気に入り"から、"いいね...