ロケットと同じ素材でできた「ハイテクスケボー」

ロケットの素材には、軽量と耐久性の両方が求められる。なので、アルミニウム合金、チタン合金、ニッケル合金などが使われてきた。さらに、これらの金属素材と比較して軽量なのものとしてカーボンファイバー(炭素繊維)がある。

そんなロケットにも使用されているハイテク素材で作られた「スケートボード」を紹介したい。

カーボンファイバーの
廃棄物を素材として利用

7e3aae686ca78ec7d89cf7b85d648b415f97c41b

カーボンファイバーの欠点といえば、コスト。1ポンド(約454g)で、10ドル(約1,130円)もするとのことだ。このコスト高がネックとなり、あまり普及してこなかったともいわれている。

しかし、スケートボードメーカー「121CBoard」は、商業用宇宙飛行産業において排出されるカーボンファイバーの廃棄物に着目。これらを再利用することで、コストの問題を解決したようだ。

ちなみに、毎年埋められるカーボンファイバーの廃棄物は、1,000万ポンド(約4,536トン)にも及ぶとのこと。最先端のスケートボードは、環境にも未来にもやさしい素材を使っていると言うことができるだろう。

ターンに特化したデザイン

木より軽く、鉄より硬いといわれているカーボンファイバーのもう1つの特徴は、弾力性にある。 

54d0dd22f7c37afa9a2ed4a26ec66aef21f2fb41

この121CBoardは、その弾力を活かしたシェープがされているのだ。ボードを横から見るとよく分かる。反りかえった形状をしているだけ、踏み込むことでカービングを楽しむことができるのだ。

0e5b8e532e6f6e75635e5ac24f11b137233efd71

また、ちょうど足を載せる位置もポイント。エッジの部分が上に反りかえっていて足をしっかり固定してくれるだけではなく、より踏み込みがダイレクトに板に伝わるようになっている。

9933026351c4d7083c646450a0e9232dd0571864

さらに、前から見るとボード全体が内側に向かって傾斜されているのが分かるだろう。これらの弾力性を活かしたデザインが、ターンを一層スムーズにするのだ。

目標額の2倍もの
資金調達に成功

A7ad8acf9231b5ec8c52431fde452e6ba7ee37ad

現在、121CBoardは、「Kickstrter」で資金を調達中。目標額の倍以上の金額を集めることに成功している。それだけ、カーボンファイバーで作られたスケボーに関心が集まっている結果だろう。

ちなみに121CBoardが扱う種類は、長さの違う3タイプ。AFTERBURNERという38.9インチ(約98センチメートル)のロングタイプデッキのみであれば、250ドル(約2万8千円)から手に入れることができる。詳しくは、こちらをチェックしてみよう。

最後になるが、この革新的なボードのパフォーマンスを動画で確認することも忘れずに。

Licensed material used with permission by 121C Boards
2015年11月24日。アマゾン社のジェフ・ベゾス氏が創設した航空宇宙企業「Blue Origin」社が、再利用可能なロケットを打ち上げ「垂直着陸」させる...
世界的な課題とも言える大量の廃棄物は、さまざまな形の「リサイクル」となって、解決の一歩を踏み出そうとしています。ここでは、ファッショナブルなものから斬新な...
国際宇宙会議にて、SpaceX社は地球上の主要都市を、約30分で結ぶ計画を発表した。可能にするのは、ロケット型宇宙船「BFR」。火星移住計画様に開発された...
ニューヨーク北部にある農場で暮らしているJason Ambrosinoさんは、凍傷によって足が動かなくなってしまった仔ウサギに、手づくりのスケボーをプレゼ...
近年、音楽好きの間で再評価が進む、アナログレコード。じつは日本を含む世界中で若者を中心にブームとなっており、ここ数年爆発的に生産量が伸びているそうです。レ...
スケートボードは、他の乗り物には真似できない圧倒的な機動力が魅力。とくに街中では、自転車では人が多くて移動が大変なところも、柔軟に移動することができます。...
スポーツカーよりも速い自転車を見たことがあるだろうか。ここで紹介する動画は、2014年11月にフランスのサーキット「Circuit Paul Ricard...
105cmのロングボードが、折り畳めてバッグに入るサイズに変身しちゃう可変式のスケボーをご紹介!持ち運びがずっと気軽にできるようになるかも。組み立ても特別...
何だコレ?ダサかっこいい!プッシュして進む姿はスケボーのようだし、2輪でハンドブレーキがついているメカニズムはチャリのようだ。あるいは、正面を向いたまま走...
プラスチックの代替素材として、日本でも馴染みのある「寒天」が注目されています。なかでも日本人のデザイナーグループ「AMAM(アマム)」は、国際コンペティシ...
ビールを飲みたいけど、カラダを鍛えているからちょっと控え中。そんな方に朗報です。米でいま話題になっているのは、プロテインが入っているビール「Supplem...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
形が悪かったり、虫に食べられていたり、干からびてしまっていたり。売られることもなければ、食べられることもない、なんとも切ない運命にある廃棄野菜たち。ある調...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
台湾の台北市の高架下に設置された、長いパイプ状のユニークな遊具。この遊具の材料には産業廃棄物として出た鉄材や、廃タイヤなどが利用されているとのこと。なんだ...
米・大統領選から約1週間が過ぎた11月16日。クラウドファンディングの大手「Kickstarter」は、プロジェクト登録できる国のリストに、新たにひとつの...
「これ、欲しい〜!」となるような自転車ではないのだけれど、そのエコっぷりがとっても気になるタウンサイクルがクラウドファウンディング挑戦中だ。どれほど地球に...
人間の皮膚のように、ダメージを負っても自己修復する「飛行機」。そんなにわかには信じ難い技術が発表された。英・ブリストル大学の航空宇宙工学研究チームが開発し...
レコードプレーヤーに革命が起きた。これまでレコードを聴くには、ターンテーブルの上にレコードを置くのが常識だった。しかし、この「LOVE」は、真逆。何と、レ...
和紙や木の薄皮にも見えるこの素材、実は肉!しかも、賞味期限が過ぎたもので作られているんです。これはベルギー人デザイナーのIssac Monteさんが始めた...