カーリーヘアのゆううつに10万人が共感。

もじゃもじゃのカーリーヘアの悩み多きな女子がキャラクター。一見派手なヘアスタイルにには様々な問題が…。そんな彼女の心のつぶやきを描いたイラストが、Instagramで大きな注目を集めている。そのフォロワー数は、なんと10万人を越えている

#1
なんで、そんなに
   心配しちゃうんだろう?

すべてがうまくいってる。

とても…。

でも想定外の問題が降ってきそう。
てゆーか、あんまり心配し過ぎないようにしなきゃ。

#2
理想の髪型

ストレートヘア:多分、おかっぱも似合うはず。(うん、いい感じ)

カーリーヘア:多分、おかっぱも似合うはず。私、何やってんだろ…。

       

#3
デイリーケア

私が髪をブラッシングしない理由を知りたい?。

驚くなかれ…

#4
ヘアケアあるある

(シャンプーは少量)

(コンディショナーは大量に)

#5
カーリーヘア問題
(水辺編)

濡れた状態:(ほどよくおさまっている)

乾いた状態:(ものすごく広がっている)

#6
カーリーヘア問題
(タウン編)

完璧なノーマルのように見えるでしょ?

ジャジャーン!

#7
私たちのポニーテール

予想:(いい感じ)

現実:頭ぺったんこ、ほつれたおくれ毛、ひっつめ顔、茂み

#8
GO OUT

一日中、家にいる時:(おさまっている)

外出しなきゃならない時:(おさまりようがない)

#9
そよ風のおくりもの

ストレートヘアーガール:髪をなびかせる風って気持ちいいと思わない?

カーリーヘアガール:…。

#10
伸びた髪のアレンジの違い

ストレートヘアガール:髪をちょっと伸ばしたい。

      (3ヶ月):完璧ね!

カーリーヘアガール:髪をちょっと伸ばしたい。

      (60年後):イェイ!( 5センチしか伸びてないけど)

#11
もし、ジャスミンが
カーリーヘアだったら…

アラジン:見せてあげよう…

ジャスミン:砂嵐とカーリーヘアは混ぜるべきではないことを?

#12
環境保護への意識

ストレートヘアガール:(ごちゃごちゃごちゃ)それが、この陳情書にサインして、環境を守る方法です…

カーリーヘアガール:ねえ、あなた。ご覧のように、私はすでに環境の一部になってるんだけどね。

 

何を隠そう、本人が
相当なカーリーヘアの持ち主

イラストを描いているのは、インドのバンガロール在住のイラストレーターAngela。なんで、カーリーヘアの女の子を描いているのかを聞いてみた。するとこんな回答がきた。

「私自身が、相当なカーリーヘアなの。これまで、かなり苦労してきたわ。だから、同じ問題を抱えている人に対して、悩んでいるのはあなただけじゃないんだって伝えたかったのよね」

なるほど。本人の体験がベースになっているからこそ、イラストに説得力があるのだろうな。彼女のイラストをもっと見たい方は、こちらまで。

Licensed material used with permission by Angela Mary Vaz
特別な理由はないのに、なんだかいつも不安になってしまう...。ポーランド人のイラストレーター兼グラフィックデザイナーAgata Bobaさんもそんな悩みを...
女性の「あるある」を描くマンガがInstagramで話題のPlanet Prudenceさん。女性なら、思わず共感しちゃう?可愛らしくもユーモラスな雰囲気...
胸がギュッと締め付けられるほど切なかったり、燃えるように熱い気持ちになったり。自分でもびっくりするくらい、思いにあふれてしまうのが本気の恋愛だと思う。様々...
結局、男の子と女の子どっちが得をしているのか?こんな疑問に、インドのウェブメディア「WittyFeed」がユーモアたっぷりのイラストを添えて、答えを導き出...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
2014年、ロンドンのクリエーターSteve Cuttsによる社会風刺アニメが、世界的な話題となった。消費や欲望、自然破壊といった“見えづらい日常”の行く...
いま、タイで超人気のキャラスイーツ名人、songsweetsongさん。彼女の手にかかれば、誰もが知っているあのキャラクターたちが美味しく“変身”してしま...
誰かを好きになると、優しさやルックスとは別の価値基準が定まります。自分にしか見せない「顔」を出したり、他の人じゃわからない「気づき」を与えてくれたり。ロシ...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
夜寝る前に必ずしてしまう一人反省会、何よりも楽しいひとりで過ごす時間。人と話したりするのがちょっと苦手な内向的な人なら、思わず共感してしまうイラストが話題...
「The New York Times」「Time」などなど、これまでに数々の媒体でイラストを描いてきたクリストフ・ニーマン氏。ポップで知的な作品が人々に...
どんな人でも、皮膚の下には筋肉があり、血管がある。自分の身体でさえ日常の中であまり意識することはありませんが、「もし皮膚が透けていたら、その下はこうなって...
Yung Lenoxが絵を描き始めたのは5歳から。6歳にしてニューヨークで最初の展示を成功させ、8歳までに1000枚以上のプリントを売った。彼を追ったドキ...
これら15枚のイラストは、Viola Wangさんが描いた遠距離恋愛中のカップルの日常。一連の流れが、「切ないながらもキュンキュンする」と話題になっていま...
毎日、体重を気にして食事制限をしたり、キレイになるためにお化粧を頑張ったりするなんて、考えただけでもうんざりする。とは言え、しなきゃしないで周りの人にどう...
よく使われる英語のフレーズをイラストにしたら、こんな感じかな〜。イスラエルのデザイナー、Keren Rosen氏が制作したイラストが話題になっています。一...
Rafael Mantessoさんは、30歳の誕生日に妻と離婚。家具や思い出の写真などすべてを失い、彼に残されたのは、愛犬のジミーチュウ(以下ジミー君)だ...
イラストレーターのDomZombieさんは、3年前から毎朝小学生の息子のランチバッグにイラストを描いてきました。なんと、その数は400枚以上。プロならでは...
気がつくと「お腹が空いたな〜」「何食べようかなぁ」と考えてしまっている食いしん坊なアナタ。ロシア在住のイラストレーターLingvistovさんが描く「ある...
愛想はないけど、甘え上手。気分屋だけど、憎めない存在…。ペットとして絶大な人気を誇るネコですが、一口にネコといっても様々なタイプがいます。イラストレーター...