世界中の女性を虜にした「愛の写真」

彼氏がいない期間が長いと、「この先良い出会いは本当にあるんだろうか」と疑心暗鬼になる時がありませんか。テキサス州に住むStephanieさんも「以前は自分に自信がなくて、心から愛せる人と出会えるとは思えなかった」と感じていたそう。

でも、彼女はついに見つけたのです。

「運命の出会い」はSNS

1d178aedc6abff6f8c8082adeb9336736f45a099B2fb489a86149df8e95195ecc2f2d89fc8a57bcc

「私たちはインスタグラムを通して知り合ったの。彼が私にメッセージを送ってきて、番号を交換した。数週間後に初めてデート。すごく気があって、朝方までレストランで過ごしていたっけ。あんなデートは生まれて初めてだったなあ」

彼(Arrynさん)との出会いを語ってくれたStephanieさん。2人は今年の2月に婚約しました。ある夜、Arrynさんは「一生一緒にいたい」とStephanieさんに思いを打ち明け、彼女に指輪を送ったそう。

「誰かをこんなにも愛せるとは思わなかった。彼といると以前より自信を持つことができる。内面の美しさを見るようにと、いつも言ってくれるから」

写真家がシェアすると
瞬く間に拡散

2人の写真は世界中に拡散されて話題となったのですが、そもそもは撮影を担当した「Wolf & Rose Photography」がFacebookでシェアし、反響を呼んだことがキッカケ。

「こういう写真はあまり好きじゃないけれど、これは素敵!」

「心が温まる。全ての男性が、女性のサイズを気にするわけではないという希望を与えてくれる」

など、率直なコメントが寄せられていました。 

世の中には本当に様々な出会いがある。2人の場合は偶然インスタグラムだったけれど、始まりはどうであれ、彼女たちを見ていると「諦めるのはまだ早い」。そんな気がしてきました。

05d4b22c8c6c179df92f4bab523356cbd1a03760682fa25a02cd694a40f2a71b971f402ed8fc80b899dc411f49f4ad26eb717f6c5cea81c117e935b0
Licensed material used with permission by Wolf & Rose Photography
ところ構わず、SNSで恋人とのラブラブ度合いをアピールする人たちに向けた「Higher Perspective」の記事をご紹介。本当に絆の強いカップルは、...
真っ裸のもの、宙吊りになったもの、思いっきりブレてるもの、足だけのもの、仮面をかぶったもの。じつは、これらはすべて婚約写真というから目が点になった。確かに...
愛する人と交わす口づけは、いつだって特別でハッピーなもの。2013年、ニューヨークを拠点に活動する写真家Ben Lambertyさんは「キスをする人々」の...
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
オーガズムに達するのは、とても解放的で、とてもプライベートな瞬間。もしもその一瞬を、写真で捉えたら…。フォトグラファーのAlina Oswaldさんが「M...
世の中を知れば知るほど、心が震えるような出来事に遭遇するのではないでしょうか。84の国を歩いたフォトグラファーのAlexander Khimushinは、...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
大好きな人と、どこへ行くのも何をするのも一緒がいい。付き合っていたら、そう思うのは当たり前です。できるだけ同じ時間を過ごしてお互いを知って愛を育んでいきた...
白い肌、白い髪、白い背景。白一色でまとめられたこれらの写真を撮ったのは、フォトグラファーのYulia Taitsさん。彼女はアルビノの人たちにフォーカスし...
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...
大切な人との大切な時間、場所、思い出を写真に残しておきたい。それはみな同じ想い。とりわけ結婚前のふたりならば尚のことでしょう。ここに紹介するのは、ノースカ...
パッとその一瞬に放つ、光のようなもの。美しいと感じる写真には、光を感じてしまう。ほんのり赤く染まったほほや、シミやそばかすをさらけ出し、初々しさがにじみ出...
「彼らがこの世から消えてしまう前に、その記録を世界に残しておきたい!」。イギリスのフォトグラファーJimmy Nelson氏は、2009年からプロジェクト...
カナダ・モントリオールで活動するフォトグラファー・Mikaël Theimerさんの被写体は、街中でみかけたキスやハグ。どれも見ているだけで心が暖まる。彼...
彼の「リス愛」はどこまでいくのでしょうか?4年前からキタリスの撮影に取り組んできた、フォトグラファーのGeert Weggenさん。自然の中で、草花や鳥と...
「世の中には、マジメすぎる写真が多いんじゃないかと思うんだ。僕の写真は作品っていうより、遊びって感じだね」これは、ロンドンやシドニー、ニュージーランドなど...
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
ブラジルと聞いてイメージするのはサンバやビーチ。けれども6年間、駅で写真を撮り続けたフォトグラファーのレンズを通して見るのは、愛や悲しみや喪失感が渦巻くリ...