人間のための「巣」をつくり続けて40余年。

「なんで巣が好きか?さぁ、気づいた時には好きだった。鳥の巣を見つけると、なんだかハッピーになるだろう。そんな感じさ」。

Af90590659352f2b17c8fc3576bffbfebb27a45a

“人間の巣”をつくり続ける職人、Jayson Fann

制作へと突き動かすのは、いつでもシンプルな「好き」らしい。その衝動を抑えきれなくなったのは、小学生のとき。

クローゼットの扉を全部取り外して、ふかふかの布団を敷き詰め、巣に見立てて寝床にした。それだけじゃ満足できなくなり、家のありとあらゆるモノを使っては、鳥の巣を再現することに夢中になっていた。

美術や音楽といったアート志向の強い両親のもとで育ったわけでもない、けれど巣を見た時から、彼の人生は一転してしまったワケだ。

胸いっぱいの「好き」を
ただ抱いて生きる。

風を感じて、光を浴びて、「巣の中にいると魂が蘇ってくる」。そう語る彼の作品は、いつからかアートとしても、遊び場としても、広く注目されるようになっていた。

D3e06d28ac203a6ad2e1212d36cd7beeae68f5eb

彼の“至福スペース”はオーダーされるようになり、これまでアメリカ国内でつくってきた巣の数は、じつに50以上。カリフォルニア州には『Big Sur Spirit Garden』と呼ばれる、彼のつくった様々な巣が販売されている場所もある。

495005ca980d042a14cdcec3256fde4c5f93a6209ef93c6a943ab4f0623e381731a4fde2ebc2e9627e01bba0d1d065362e77dea6f1d91005662a79e22f39a47f824215aac3a6d48dcf51106f83f1053eE8bbcf7f309e2cb22a96ab398699f4c3a7d75b14

使っている木材は、すべてユーカリの木。成長速度が早く、増えすぎてしまわないように、カリフォルニア沿岸の自生しているものを伐採してきている。

8611eb0f7a08d6d89999203d0dd79ef78ead36fc

これをカットして形を整え、パズルのように組み立ててひとつの巣をつくりあげていくそうだ。製作にかかる時間は約1ヶ月。時には先生になりながら、子ども達と一緒に自然学習を行なっている。

24449f2ccae23d6b55b054e423968bc0f750099dC0a4f489ca3d13a6d82ef1901c8a2b1f6fe12372

気づいたら、仕事になってたんだよ(笑)。

好きだけでは食べていけない。というセリフをよく聞くけれど、本気で“遊び”を極めたら、仕事に変わっていくものだ。

今や「巣の職人」として名を轟かせ、彼の生き方や哲学は、人の心を育み続けている。

Licensed material used with permission by Jayson Fann
これを見てパッと思い出したのは、2008年北京五輪の際に話題を呼んだメインスタジアム、通称「鳥の巣」。あの巨大な建築物を、かな〜〜〜りコンパクトに、そして...
「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...
夢に蜘蛛が出てくると、凶夢と解説をしているケースもありますが、実際には夢の中にいるあなたの印象によって、吉夢・凶夢に分かれることをご存知でしょうか。現実の...
これまでにも、さまざまな国の変わったお家や意外な場所にある建物を見てきた。例えば、巨大な岩の上や断崖絶壁に建てられたもの。でもそのほとんどは、何か硬いもの...
ある日、62歳になる父が、昔アメリカの西海岸へ1年間旅をしたときの写真を見せてくれた。押入れの奥から取り出された写真アルバムのなかには、今まで知らなかった...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
男性学の第一人者である田中俊之さんは、30代後半〜40代前半の男性、つまり「40男」こそ夢を持つべきだと言います。きになるその理由とは?彼の著書『〈40男...
どこで生まれたかとんと見当はつかないが、我輩は「猫ブッダ」。人間を見ていると、いつも人生について思い悩み、幸せって一体何?ってことを真剣に考えています。こ...
意識して考えたことはありませんでしたが、言われてみれば確かにそう。すでに知っている人も多いかもしれませんが、海外でも取り上げられることが多い話題のようです...
家族もいないし、周りは既婚者ばかり。休日はいつもひとりで、どうすればいいものか──。こういった悩みを抱えている中年の男性が多いと語るのは、男性学の第一人者...
2017年9月に論文を公表したのは、カルフォルニア大学のAlan S.Cowenさん。神経科学の分野で、機械学習を学んでいる大学院生だ。彼によると、人間の...
電気、ガス、IH。炊飯器が進化しても求められるごはんといえば、「かまど」で炊いた“ふっくら”した炊きあがり。ならばいっそ、かまどでごはんを炊いてみてはいか...
『イージーライダー』『モーターサイクル・ダイアリーズ』『テルマ&ルイーズ』……。ロードムービーが描く、美しい風景と美しいストーリー、その世界観が好きな人も...
「40男には、現実を直視できていない人が多い」と明言するのは、男性学の第一人者である田中俊之さん。ここでは彼の著書『〈40男〉はなぜ嫌われるのか』より、世...
30代後半〜40代前半の男性を「40男」と定義付け、「彼らはある問題を抱えている」と語るのは男性学の第一人者、田中俊之さん。ここでは田中さんの著書『〈40...
『Bellerby & Co Globemakers』の地球儀は、型取りから全て手作業でつくられている。手の温もりを離れずに買い手のもとまで届けられるのは...
せまい考え方に捉われず、柔軟な発想でものごとを見極める。どんな問題が起きても動じることなく、それを受け入れる心のゆとりがある。人生の4回の表のはじまりを孔...
代々木公園での「Aozora靴磨き教室」や自由大学での講義「20年履ける靴に育てる」など、靴磨きに馴染みのない人たちに、そのハウツーを広めている明石優さん...
2016年2月12日、人間の細胞をもとにつくられた小型の脳が開発されたと発表されました。人間の細胞から作られてるため、より正確な化学実験が行えるというのが...
お互いの顔を知ることなく、しかし途切れることなく続いた文章でのやりとりの末、先日ようやく出会ったふたり…。ニューヨークのGeorge Ghossnさんと、...