暗闇から生まれた「黒備前」にみる、後世にどうしても残しておきたいこと。

食器といえば白。少し前まで漠然とそんなイメージを抱いていたけれど、最近は少しちがう。Instagramで見かける美しい食卓、ふらっと入ったカフェで出てきた心おどるスイーツ…。いわゆるフォトジェニックさを目の当たりにするときに、たびたび登場してくる黒い器。

今回は、その黒い器のなかでもより一層引き立て役を買って出てくれそうな深~い逸品を紹介する。

ちょうどいい
「黒」加減。

59b49d43bfae0c3be6717eb48ac80285bb193446

この器、その名も「黒(koku)」。なんとも言えない「黒」に引き込まれそうだが、それもそのはず、ベースはあの備前焼なんだとか。もちろん、備前焼作家が手がけている。

047d191fe9307e2a66aa287a48fa2e1f176ba942
Photo by MTRL KYOTO

プレート、ボウル、カップがそろっている。どんな料理のときでも活躍してくれそうだ。

「黒」を味方につけるだけで
こんなにもカラーが引き立つなんて。

3498558890351a1f14a451dbda6aa6528e85a82c

「黒」にかかれば、どんな料理も途端にパキっと引き立つ。素材が活き活きと見える、絶妙な風合いが魅力的だ。

47bb8af443fd4af2bebaf5870b8ceed1ccf55292B441ff65c98a388766451b4d1d92b5853ec9324871c0904653371da8625f34cd35cb8e43083fe61bE3c22e15129bee48eb1486aff5e67a8e3b38e689

ほら、和食も洋食も「黒」がそっと支えてくれている。

古き良き「あの時の日本」に
思いを馳せる

「黒(koku)」の生みの親は、有馬温泉御所坊からはじまったプロジェクト。

コンセプトはずばり、「陰翳礼讃(いんえいらいさん)」。「陰翳礼讃」とは、近代日本文学界を代表する谷崎潤一郎の隋筆のタイトルだ。彼はその中で以下のように論じている。

思うに西洋人の云う「東洋の神秘」とはかくの如き暗がりが持つ不気味な静けさをさすのであろう。

 西洋人にとって、暗がりに美を見出す日本人特有の感性はなかなか不思議なもののようだ。そして「陰翳礼讃」を強いてひと言で表すとするならば「陰を敬い、そこに美しさを見出す」というところだろうか。  

343747e2ba3633495ceeeec9f87e38b714f95d50

このプロジェクトは、その世界観を音楽や香り、器、映像、写真を使って表現している。活動を通して、今では感じられにくくなった日本人の感性や文化を再確認する機会を創造している。

もちろん「黒(koku)」も
例外ではない。

7648829e3fa3bc18a6400fdabc417f883019e7ca

「黒(koku)」もコンセプトにのっとって〝暗闇を切り出して生まれた器〟だ。器そのものが美しいのは大前提で、それでもってそっと陰部分に徹し料理と一体となって美しさを演出してくれる。

 

ぜひ、この「黒(koku)」をきっかけに、うちに秘める日本人的な感性を思い出してみてほしい。

Licensed material used with permission by 黒[koku]
Top Photo by MTRL KYOTO
バンクーバー在住のおしゃれなマルチーズ、トビーくん。なんと彼は8万5,000人のフォロワーを抱える超人気者。洋服を着た多くの“おめかし犬”の中で、彼をここ...
夢に猫が出てきたら…少し気をつけた方が良いかもしれません。男性にとっても、女性にとっても、意味のある夢となるでしょう。猫が好きな人にとっては、癒される夢と...
ウォーターカラフェって、どれも似たようなデザインなのが正直なところ。でもこの「hiiro(ヒイロ)」は、通常のそれとは一線を画すプロダクトです。「備前水甕...
あなたはこのドレスを知っているだろうか?青と黒に見えるか、白と金に見えるか?で話題になった画像だ。There's a scientific explana...
絵の具や墨をどれだけ塗り重ねても、決して描くことのできない黒よりもさらに黒い黒。光さえも届かない、そんな世界を人間はすでに科学の力によって、つくり出すこと...
「黒リップ」と聞くと、裏原やゴスロリ系のイメージを持つ方も少なくないはず。でも、ビューティー・メイクアップ界では、2014年にかけて、黒い唇が一大トレンド...
手仕事のあたたかみが感じられるマーケットプレイス「Etsy」で商品展開しているスーザン・チュさんが作るのは、足先にいくにしたがって明るくなる(オンブレ)、...
外国人に「なぜ日本は○○なの?」と質問されても、パッと答えられない自分がいる…。そういう方も、決して少なくないと思います。ここでは、日本に関する雑学を集約...
もはや、ここまで来ると単なる“イタズラ書き”なんて言葉では表現できない。マニラを拠点に活動するイラストレーターKerby Rosanesさん(24歳)。0...
一見すると、指先まで袖のある黒いドレスを着ているようにしか思えないこの写真。ところが、彼女がまとっているのはドレスではなく、黒一色ベタ塗りのタトゥーなんで...
エネルギッシュで魅力的な女性たちの代表的な「おしゃれ着」といえば黒い服。ライターBrianna Wiest氏の主張はこうです。他人にペースを乱されることな...
昔は「イケてる!」と信じてやっていた事ってありますよね。でも今振り返ると結構恥ずかしいことが多かったり。自虐も入って笑える昔のトレンドをまとめた記事。
着回しが効く分、コーディネートにも幅が出る黒い服。高級感も増します。一方でこんな意見も。「自分に自信がない人ほど黒い服を選ぶ」。じつはコレ、単なるあるある...
あの日、あの時、あの場所で…。そんな記憶を思い返すとき、ふわっと香る「匂い」も蘇ってきませんか?そんな「匂い」を保存する研究をしている人がいるんです。それ...
明るい場所から、暗い場所へと移動すると発光するタトゥー。暗闇でブラックライトに反応するUVインクで彫ったタトゥーは、海外で最先端のスタイルとして確立されつ...
食卓には欠かすことの出来ない器の存在。ひと口に器といっても、手触りも、重みも、質感も、色味も、ほんとうにいろいろとあって、どれを買ったらよいのか迷います。...
どこか有名店のクリスマスケーキをあらかじめ予約するのも楽しみのうち。ですが、手づくりで誰かをもてなすのもいいですよ。オーブンがなくても、ケーキ型がなくても...
2016年3月10日(木)に銀座にオープンした「JUMP ONE GINZA.1」は、ヨーロッパ発、トランポリンを使用したジャンピングフィットネス専門スタ...
ひとくちに「器の大きい女性」といっても、どのような女性のことを指すのでしょうか。具体的に説明しようとすると難しいですよね。ここでは8つの特徴をまとめてみま...
周りから一目置かれる「器の大きい人」。上司や部下からも頼りがいがあると信頼されるタイプです。そういう人にはどんな特徴があるのでしょう?また、どうすれば器の...