超濃厚クリーミー。満足度高いのに「オーガニック」なアイス

スイーツに関連する調査でも、必ずトップに入り込む定番デザート「アイスクリーム」。

しかし健康やダイエットのためにあまり食べないようにしている人も少なくない。その一方で、ヘルシーさをうたったスイーツには”物足りなさ”を感じることも多い。そこで、sweet tooth(甘党)も満足する、ニュータイプを紹介しよう。

オーガニックで植物性。
しかも無添加。

5dbe4482b82a1f0259624902f0bfc001929fae0e

鮮やかな色味と、とろけそうなほどにクリーミーなこのアイスは「Mine!オーガニックSOYジェラート」。

その名のとおり、オーガニックで、Soy=豆乳で作られたジェラートだ。有機の無調整豆乳、有機の砂糖といった、贅沢なまでに使われた有機素材が主原料だ。もちろんストロベリーやチョコレートなどの各フレーバーにも有機栽培された食材が使われている。言ってみれば「完全なるオーガニックアイス」だ。

これまでにも豆乳を主な材料としたアイスは存在したが、生クリームの代わりに増粘剤や乳化剤を使ってクリーミーな口当たりを再現されたアイス、もしくは、そういった添加物を活用することなくクリーミーさを無くした氷菓子のように楽しむ豆乳アイスが目立っていた。しかし「Mine!オーガニックSOYジェラート」は、一般的なアイスクリームと変わらない滑らかで濃厚な味わいを誇る。

その秘密を、開発販売する株式会社むそう商事の関原マキさんに聞いた。

開発秘話に感じた
「アイス愛」

6a8fda68ead0e8481e272c01e1839eda171f51bd

「無添加でもなめらかな口どけを再現することが最大の課題だった」という関原さん。試作を重ねた結果、「有機デキストリン」というキャッサバ芋から作られるでんぷん質が最適であることを発見。空気の取り込み方にも工夫を凝らし、願っていた以上の濃厚さが実現できたという。

同社は有機・オーガニック食材の輸出入では30年以上の実績があり、良質な食材の入手先とすでに信頼関係が築けていたことも功を奏した。特に近年、健康やダイエットのためにオーガニックを意識した人が増え、日々忙しく暮らす家庭でも手軽に調理できるようにと有機の冷凍食材を豊富に揃えていたことも、Mine!誕生に大きく貢献したという。

なんと、発売が実現するまでの開発期間は1年あまりというから驚きだ。また「私もアイスが大好きで」と笑う関原さんからも、アイスへの深い愛情が感じられた。

C76f3adffe22a2a1510044ec2833071932415da7

Mine!は一般的なアイスに比べて、カロリーは半分以下。豆乳が持つ独特な香りも感じないうえに、乳製品がもたらす胃もたれのような消化不良はもちろんない。

カロリーや高脂肪を理由にアイスを我慢していた人も罪悪感なく食べられる、いや、むしろ食べた後の満足感の高さを考えると、新たなご褒美アイスが誕生したといえそうだ。

3001033961a981ac98c96394f30c5753971fb65f
今日のココナッツオイルブームの火付け役とも言える女性起業家が、「ガマンしないオーガニックおやつ」の路面店をオープンしました。オーガニックなんだけど、ジャン...
パリ、サン・ルイ島で一年中行列が絶えないジェラートといえば、永らく老舗として君臨してきた「ベルティヨン」。そしてもうひとつ、近年ブレイク中のジェラートショ...
健康志向のニューヨーカーたちが集まり行列ができるという、アンガスビーフ100%のハンバーガー。でも、素材にこだわっているのはそれだけじゃありません。アイス...
Why Juice?は、現代人に必要な「バランスのとれた食生活」を、 Easy&Fastなアプローチで解決するジュースブランド。栄養素を壊すことな...
有機、無農薬、オーガニック…いづれも後ろにつく語句は野菜や栽培など、食と深く関わるものばかり。カラダに良いというイメージはあるはずです。では、それらの違い...
イタリアの夏に欠かせない「ジェラート」。これを旅行者が失敗せずに本物の味に出会うためには、何に注意しなければいけないのか。本当においしいジェラートにありつ...
アメリカでは7月は「アイスクリーム月間」。さらに第3日曜日は「アイスクリームの日」。だからか、7月にインスタグラムに流れてくるのはアイスクリームのポストば...
今回の「私が知りたい、コーヒーの人」は、桑原りささん。桑原さんはNHKを始めとする数々の番組でキャスターや司会者をされてきたほか、国際・経済ニュースを取材...
思わず圧倒されるボリュームと色鮮やかさ。通常のそれとは桁違いの量の野菜を挟み込んでいるのは、東京・代々木上原にある「POTASTA」自慢の特製サンドイッチ...
完全オーガニックの学校給食がアメリカで開始される。「TakePart」のライターWilly Blackmore氏によれば、それも「地元産のみ」というこだわ...
生クリームも、牛乳も卵もいらない。たった2種類のナッツを用意するだけで、なめらかでリッチなアイスクリームがつくれてしまいます。しかも、美味しくて健康的。こ...
日本では遺体を火葬することが一般的。海外では土葬するところも多くありますが、お墓参りというと墓石や十字架の並んだ風景が頭に浮かぶもの。しかし、イタリアのデ...
秋の行楽シーズンに注意したいのが紫外線。真夏ほどではないにしても、外出時間が増えればそれだけ紫外線にさらされる機会も増えるわけだから。そんな週末お出かけあ...
フランスで有機農産物や有機加工食品を意味するBio(ビオ)。自然志向を好むフランス人に人気で、ビオ製品を選ぶ消費者は着実に増えています。こうした食材を、ち...
2010年に米・カリフォルニア州で生まれた大人気アイスクリームショップが、東京・千駄ヶ谷にオープンし話題となっています。というのも、このお店で食べられるの...
「オーガニック」をテーマとしたナチュラルな腕時計が話題を呼んでいます。と言ったところで、ピンとこない人も多いですよね。言い換えると、使用される木材は加工に...
アメリカでは、アイスクリームショップだけでなく、レストランやダイナーでも色とりどり、形もさまざまなアイスクリームケーキが販売されています。1カットだけ食べ...
フルーツをふんだんに使ったカラフルなアイスバーもいいけれど、おうちでサラッと作るなら、一口サイズの「ロリポップ型」がおすすめです。ころんとキュートな見た目...
寒い季節に暖かい部屋で食べるアイスっておいしいですよね。なんで冬にこそ食べたくなるのか不思議ですが、なにやら脳に嬉しい影響が起きているようなんです。アイス...
ジメジメした蒸し暑さを、いっぺんに吹き飛ばしてくれるようなアイスを紹介しましょう。どれも暑さを吹き飛ばすのがアイス?いえいえ、こちらは、-196℃以下で一...