コメディアン流、女性のためのリーダーシップ戦略。

女性の社会進出では、日本より何歩も先を行くイメージの欧米だって、まだまだ男性社会のようで。そこを嘆いてばかりはいられない、とSarah Cooperさんは悩める女性たちへ向けて本を書いています。

じつは彼女、ライター業の他にコメディアン、さらには「TheCooperReview.com」のクリエイターという、さまざまな肩書きを持つ経験豊富な女性。そんなSarahさんの著書から、女性が男性相手に円滑にリーダーシップがとれるための“ユニーク”なストラテジーをご紹介。

最後は、ちょっとコメディアン気質が出過ぎた感もありますが(笑)。

01.
期限設定について聞いてみる

6100754c3077f845d5efe57432710ed617df6b6b
Image byTheCooperReview.com

威圧的な表現:「これ、月曜日までにやって」
威圧的じゃない表現:「これ、月曜日までに終わらせようと思うんだけど、どう思う?」

期限を設定する時にはただ期限を伝えるだけではなくて、その期限設定についてどう思うか聞いてみましょう。そうすると、彼は自分の意見が尊重されていると感じるようになるでしょう。

02.
アイデアを共有する

C5201084af77207296d10c9f68072e4a572744e1
Image byTheCooperReview.com

威圧的な表現:「提案があるんだけど」
威圧的じゃない表現:「今、ちょっと思いついたんだけど聞いてくれる?」

同僚の男性の前で、自信満々に自分のアイデアを言うのはちょっとキケン。その代わりに「今、急に思ったんだけど」や「ちょっとクレイジーかもしれないんだけど」なんていう前置きがあるとスムーズに提案できるはず。

 

03.
お願いのメールをしてみる

F377e1934ed950bd07b0a5d86dd3ad0bab9b696e
Image byTheCooperReview.com

威圧的な表現:「プレゼン資料ができたら送って」
威圧的じゃない表現:「ねえ、ジェイク!あなたのプレゼンテーションがいつできるかちょっと知りたいんだけどいい?ありがとう!」

何かをメールで尋ねるときは、エクスクラメーションマークや絵文字で文面をデコレーションしましょう。すると、忙しさのあまり、ぶっきらぼうになってしまった言い方が親しみやすいものに早変わりして、コミュニケーションが円滑になりますよ。

04.
アイデアを盗まれた時は寛容に

2cd2b0dbdead2558ed7c50d9cc599307686f7b4b
Image byTheCooperReview.com

威圧的な表現:「それ、私が前に言ったことよね」
威圧的じゃない表現:「私のアイデアを明確にしてくれてありがとう」

もし、会議中にあなたのアイデアが同僚に盗まれたときは、彼に「私のアイデアをわかりやすく言ってくれてありがとう」と感謝の言葉を言ってみてはどうでしょう。ここで重要なのは、もし彼が発言しなかったら、あなたのアイデアが誰の耳にも届かなかったということじゃないでしょうか。

05.
性差別のコメントへは
ぎこちない笑顔で対応

87175de728ece60617d775f359905ae07673b8cc
Image byTheCooperReview.com

威圧的な表現:「そういう発言はこの場にふさわしくないし、私は評価しない」
威圧的じゃない表現:「……(ぎこちない笑顔)」

性差別コメントへの対応には、ぎこちない笑顔が一番。相手にはそれが性差別的なコメントであることと、こちらが嬉しくないのはなんとなく伝わりますよね。ぎこちない笑顔を家で練習しましょう。相手の発言に腹が立っても、時には自分の心情と裏腹の表情をすることだって大切なんですから。

06.
知ってることでも
説明してもらう

31ca32421486039e65b698fc1f12b86768a7ee71
Image byTheCooperReview.com

威圧的な表現:「これ、半年前にも教えたやつよね?」
威圧的じゃない表現:「あなたの説明がもう一度聞きたいな」

男性たちは説明するのが大好きです。あなたがすでに知っていることでも、彼の説明を毎回ちゃんと聞いてあげることで彼は自信がつきますし、あなたは次また同じ説明を聞かなくて済むように対策が練れます。

07.
部下のミスを発見した時は……

Dc34db03be9ddfe05532d2c12cbebec5bfbb2175
Image byTheCooperReview.com

威圧的な表現:「ここの数字間違っているわ」
威圧的じゃない表現:「ごめん、ここの数字合ってるかどうかわかる?私数字に弱いから自信ないのよね」

ミスを指摘するのは相手の自尊心を傷つけるかもしれないから、いつだってリスキー。だから、最初に誰にともなく謝り、あなた自身もちょっと自信がないことを見せた上で指摘しましょう。そうすると、ミスを指摘しても聞く耳を持ってくれるはず。

08.
男性社員の横では
タイピングすらも変える

68b6f3cca3e74f4402a6ac9bd4a69c290a0f75e5
Image byTheCooperReview.com

威圧的なやり方:「普通にタイピングする」
威圧的じゃないやり方:「指一本でタイピングする」

男性の同僚と仕事をするときは、こんなふうにタイピングしてみましょう。あなたから「仕事できるイメージ」を取り払ってくれます。少し抵抗があるかもしれませんが、こうすることでコミュニケーションが円滑にいく場合も、あるにはあるんです。

09.
ヒゲをつけて議論する

Cf7a061b0c04c3e18a5e89504a891f45e8f5ba18
Image byTheCooperReview.com

威圧的な表現:
あなた:「そんなやり方じゃ問題の解決にならないって」
男性同僚:「そんなことないよ」

威圧的じゃない言い方(ヒゲをつけてみる):
あなた:「そんなやり方じゃ問題の解決にならないって」
男性同僚:「うん…、そうだね」

今まで紹介したやり方が全部失敗してしまったとき、もういっその事ヒゲをつけてみてはいかがでしょう。見た目だけでも男性ぽくなるし、女性がリーダーシップをとることについて悩まなくて良くなる、かもしれないから。ひげをつけるだけで、相手の態度がガラリと変わるはず。

いろいろ思うところはあるんですけどね。それでも、Sarahさん自身の経験からきているアドバイス、ちょっと試してみても良いかも。まあ、最後のヒゲはさすがにムリがあるんじゃないかなぁ……。

Licensed material used with permission by Sarah Cooper
「Harvard Business Review」は、ハーバード・ビジネス・スクールが創刊した学術メディア。そこに掲載された記事が、話題になっています。こ...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
夜遊びも好きなパーティガール、と聞くと、チャラチャラした女の子というネガティブなイメージを抱く人も多いかと思います。でも彼女たち、じつはしっかり者なのかも...
仕事でも仲間同士のコミュニティでも、いざリーダーシップを取ろうとすると、とても大変。それは、誰もが経験から知っていることでしょう。たとえ自分が上のポジショ...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
世の中には、経験から学んだことを別の事象に応用できる器用な人がいます。事業変革パートナーの安澤武郎さんの著書『ひとつ上の思考力』では、そういう人たちのこと...
ママ向けの育児用品はたくさんありますが、パパがより育児に参加しやすくなるような「男性向け育児用品」はほとんどありません。そこで、ファッション業界のスペシャ...
Allison Isaacson氏が米メディア「Elite Daily」のこの記事で、キャリアウーマンの本音に迫っています。「大人の女性」として自立した彼...
和田裕美/Hiromi Wada外資系教育会社でのフルコミッション営業時代、絶大な営業手腕によって日本でトップ、世界142ヵ国中2位の成績を収めた女性営業...
ビジネスパーソンにとって、応用力がある人になることは、ひとつの重要な要素です。事業変革パートナーの安澤武郎さん著『ひとつ上の思考力』では「法則を見出せるよ...
最近、クラウドファンディングで資金を募っているアイテムがおもしろいです。斬新なアイデアを形にしたモノや、海外で人気を博している(けれど、まだ日本に入ってき...
早起きして朝から動き出せば、人生はもっと豊かなものになる。といったような「朝活のすすめ」は、世にごまんとあります。じゃあ、早起きすればそれでいいかといえば...
「コンフォートゾーン」。つまり、自分にとって居心地の良い環境を意味する言葉ですが、勇気を出してそこから抜け出すべきだ、という記事をよく見かけます。現状の自...
今日も会社へ出勤。忙しい1日が始まり、外が暗くなるまで働く。ただ事業が拡大して成功することを信じて…。ただ、こんなに頑張っているのに思い通りにいかないのは...
「NextShark」のライターBenjamin Hardy氏の記事によると、学生時代に成績が悪かった人ほど、ビジネスで成功している傾向にあるのだとか。一...
「このまま、この仕事を続けていていいのだろうか」「将来のために今準備すべきことはなんだろう?」。そう悩んでいる人も多いのではないでしょうか。鈴木秀明さんの...
ヴァージン・グループの創設者、リチャード・ブランソン。彼は航空事業にモバイルビジネス、さらには宇宙旅行のサービス開発など、多岐にわたる事業を起こし成功して...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jpギャルモデルであり、現役・慶応義塾大学大学院生でもあ...
どんな組織のトップでも、周囲が期待するようなトップにふさわしい要素を最初から持っているわけではありません。「地位が人を作る」という格言がありますが、その地...
ニューヨークのユニークなコミュニティの溜まり場といえば、コインランドリーだ。高級コンドミニアムやマンションは別として、自宅に洗濯機がないので週に一度ご近所...