神様と生きる村人たちがつくる「幻の酒」を飲んでみたい。

「神様なんていない」。そんな風に思っている人でも、一度「弥彦村(やひこむら)」を訪れたら、考えが変わってしまうかもしれない。

壮大な自然に囲まれていて、そこにはきっと、森に住む精霊や、それを見守る神様がいる——。

そんな弥彦村の住民たちに、代々愛されてきた「幻のお酒」があります。

その名も「彌彦愛國(やひこあいこく)」。杜氏5名の小さな酒造で、究極の地産地消を行ないながら作られてきたお酒なんです。

「おやひこさま」と
村の伝統

C79b253da61d7fc69a8dbf9dac46e1b7d56d016a

弥彦村は、新潟県のほぼ中央部の日本海側、霊峰弥彦山のふもとにあります。それは、万葉集にも歌われる「神様が宿る山」。

人々は御神体として天香山命を祀った弥彦山を「おやひこさま」と呼んでいます。村人たちは、ふもとにある彌彦神社で四季折々いろいろな神事・祭りを務めながら、日々おやひこさまと自然の恵みに感謝し、暮らしているのです。

C900b80e926c9e5050473c31240de74323963e71

原料は、すべて
村で調達

4ceb1e1187683ee9e284ef0b3fb2cd690760e392

瓶とフタ以外は、すべて弥彦村で調達されているという、このお酒。

酒米は新潟県作物研究センターに保存されていた「愛國」の種もみから10g分けてもらい、それを稲作へと育てあげるところから始めています。

そして、酒造りに欠かせない酵母は、奇跡的に発見されたという「清酒酵母」を使い、弥彦山の伏流水を汲み上げて醸造。

9b400447d5df279003aa46a47b75846394c261e0

子どもたちが成長したとき
「故郷の酒」が飲めるように

82a2e089ae3f2a4326751745327ae7f0e4a16705

平成の大合併により、全国で由緒ある村が次々と消えていく現実を目の当たりにした村人たちが、故郷を思う気持ちを込めて作り始めたのが、そもそものきっかけだそう。

今では、この取り組みも10年を超え、今年から弥彦酒造のある地区の生産者団体が酒米・愛國の栽培に立ち上がり、新たな絆が生まれようとしています。そして彼らが願うのは、村人たちの思いが詰まったこの取り組みを、子どもたちの世代に残していきたい、ということ。

今は地元の有志で成り立っていますが、これが村の新たな伝統となれば、子ども達が成長したあとも、故郷を思いながらお酒が飲めるようになる——。

現在「彌彦愛國」は、CAMPFIREでクラウドファンディング中。超長期熟成保管コストが主な障壁になっているとのこと。

リターンには「弥彦愛國」が含まれているプランもあるので、神様と生きる村人たちがつくった幻のお酒が届くのを待ちわびてみては?

Licensed material used with permission by CAMPFIRE
北海道のまんなかにある、大雪山。かつてアイヌの人たちはこの山をカムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)と呼び、聖地として大切にしてきました。そんな大雪山と石狩川に挟...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
少しでも大人に近づきたくて、精一杯背伸びしていた高校時代。そんな多感な時期をともに過ごした友だちと当時の話をすると、甘酸っぱい記憶が甦ってなんとも言えない...
「日本に眠る愉しみをもっと。」をコンセプトに据え、「地方と食」にフィーチャーした様々なプロジェクトを展開する「DINING OUT(ダイニング・アウト)」...
花見や月見など、日本には自然の風情を楽しむ素晴らしい文化があります。そんな日本の情景によく合うのが日本酒。でも、瓶で持ち運ぶのは重たくて、割れるリスクだっ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
そばを食べながら日本酒をいただくというのは、江戸っ子に愛された由緒正しいスタイルのひとつ。でもじつは、そばって地域によって味も食べ方も全然違うんです。山形...
寒い時期はさっぱりしたものよりも、ちょっぴり濃厚なドリンクが飲みたくなるもの。それはお酒にも言えることです、よね。そこで今回は、管理栄養士の観点からちょっ...
週に2回以上はお酒を飲んでいるという人に目を通してほしい記事を「Elite Daily」で発見しました。それは、ライターのLauren Kroetschさ...
愛想づかしも金からおきる──、なんてことわざもあるように人の縁に金銭問題が少なからず影響を及ぼすことは言うに及ばず。では、「お酒」はどうでしょう?こと恋愛...
現在、六本木ヒルズアリーナで開催中の「CRAFT SAKE WEEK」は、酒造りが佳境のこの時期に、出来上がったばかりの日本酒を味わえるスペシャルイベント...
ときには心の癒しとなり、ときにはコミュニケーションを円滑にしてくれる、お酒。1万年以上の歴史を誇るだけあって、文化的にも重要な存在であることは言うまでもあ...
フルーツが傷んできたときに覚えておくといいのが、水や砂糖で煮込むコンポート。通常はワインを入れてつくるものですが、カラダのことを考えると同じお酒でも日本酒...
そうそう、こうやって食卓には色鮮やかな赤ワインを用意して、と思ったら…。え、ワインじゃないの!?これは、紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」と呼ば...
1月といえば新年会、新年会といえばお酒。忘年会シーズンに引き続き、飲み過ぎが続いている…なんてことはありませんか?お酒を飲んでいると、新年を迎えて「今年こ...
ウイスキーやブランデー、テキーラ、日本酒などの100種類を超えるお酒の中から、好きな味を3つ選んで、ソフトクリームにかける。甘口・辛口それぞれ人気トップ1...
酔うと人格が変わるのは嘘だった?という研究結果を以前も紹介したことがあるけれど、実際にお酒を飲ませてみると、普段どれだけ猫を被っているのかを明らかにしたの...
お酒はときに人生の歯車をおかしくさせますが、楽しむ程度であれば、大好きな恋人ともっと仲良くなれる最高のスパイスになります。「Elite Daily」の女性...
非常に真面目に醸された、“遊び心のある日本酒”が話題になっています。そのボトルには、お酒には似つかわしくない「メガネ専用」の文字。これって一体、どういうこ...
定期購買するギフトボックス。毎月なにが届くかわからない楽しみは、女性だけのもの。そんな節が正直どこかに。でも、それが男性をターゲットにした朝食や酒のつまみ...