特別展「恋ってすばらしい。」SNOOPYが見せてくれる、新しい表情。

10月7日(土)からスタートした、スヌーピーミュージアムの特別展。そのテーマは「Love is Wonderful-恋ってすばらしい。

今までも、PEANUTSの展覧会はたくさん開会されてきましたが、登場人物の恋愛模様だけにスポットを当てたのは、日本では初めてのことなのです。

1ヶ月が経ち、未だに入館の列は長くできているものの、少し混雑具合は落ち着いたように思います。11月からは、期間限定のクリスマスバージョンの装飾。12月もまた混みそうなので、ちょうど今くらいがオススメです。

705a89fe6e7e3b112c454676d8c16bf184251ec0
Photo© Peanuts Worldwide LLC

ほとんどの人が、スヌーピーというキャラクター自体を知っていると思うけれど、その可愛らしいビジュアルとは裏腹に、ストーリーやセリフが辛辣であることは、意外と知られていないのではないでしょうか?

シュルツ氏が描くPEANUTSの恋模様は、そのほとんどが実らず、切ない結果に終わるのです。

たとえば、ピアノ一筋のシュローダーに恋をしている女の子、ルーシー。

7a6c4d03f2123bed7af3c18ab252a80a1fd3346e
Photo by © Peanuts Worldwide LLC

「私のこと愛してる?」
「いいや、愛してないよ」
「ほんのちょっとでも気に入ってるってわかれば、私幸せになれるわ…
別に、無理して愛する必要なんてないんだけどね」

「そうか!それはよかった!」

SNOOPYのもっと気楽に⑤<好きになったら>より引用

このように、バッサリ“脈なし”を告げられ続けているのです。何度気持ちを伝えても、シュローダーはそっけない。

32c10af6c80f4a98b8e49bc79682180fa501de9f
Photo by © Peanuts Worldwide LLC

謎の多い女の子、リディアに恋したライナス。嘘を吐かれたりおちょくられたり、一向に振り向いてもらえずに泣き出してしまいます。

「ぼくは彼女にメロメロなのに!」

91ea85f128a1aa9bc4d6361276adadb1077483c9
Photo by © Peanuts Worldwide LLC

上の4コマでは、チャーリブラウンに結婚の報告をして、さぞかし幸せそうなスヌーピー。ですが、実は結婚前日に兄のスパイクに婚約者を奪われてしまい、悲嘆にくれる結末が待っています。

誰かに愛されているから、
「恋」ができる。

繰り返しになるが、PEANUTSの恋物語の結末には、望んでる異性とのハッピーエンドは待っていないことが多い。けれどいつだって、なぐさめてくれたり、変わらずそばにいてくれる家族や友達がいるのです。

時には泣きついたり、時には八つ当たりしたり。恋の先にも後にも、誰かからの「愛」がある。

チャーリーブラウンが想い人のことばかり考え、野球の試合に負けてしまったある日、こんなセリフをつぶやいていました。

「恋をしてれば、幸せになるはずなのになぁ」
「どこでそんな考え仕入れたの?」
「こんなに厄介なものだとは、知らなかったよ…」

恋はむずかしい。のびのびと生きているようで、彼らなりに、ちっともうまくいかないラブストーリーを辿っては、自分の愚かさや弱さにぶつかっていく。そこには、大きな失恋を経験したシュルツ氏の哲学が詰まっています。

今回展示されている原画は、たっぷり80点以上。PEANUTSの彼らから、直接恋や愛を学べるのは、2018年4月8日(日)までですよ。

【チケットはこちらから】

 

600603d9a7c514392f4ddd57c284bcb720c72f7d
Photo by © Peanuts Worldwide LLC

SNOOPY MUSEUM 特別展
Love is Wonderful-恋ってすばらしい。
住所:東京都港区六本木5-6-20
アクセス:東京メトロ六本木駅より徒歩7分
     麻布十番駅より徒歩10分
営業時間:10:00〜20:00(入場は19:30まで)
開会期間:2017年10月7日〜2018年4月8日
電話番号:03-6328-1960
定休日:年末年始12月31〜1月2日

Licensed material used with permission by Peanuts Worldwide LLC
2015年10月2日に、連載開始65周年を迎えた『ピーナッツ』。同日にオープンした「PEANUTS Cafe」が大きな話題になりましたよね。そしてこのたび...
『ピーナッツ』といえば、スヌーピーやチャーリー・ブラウンなどのキャラクターでお馴染みの一大ヒット漫画。1950年にアメリカの新聞7紙で連載が始まってから、...
六本木・森美術館で6月11日(日)まで開催中の『N.Sハルシャ展-チャーミングな旅-』が、SNSに特化した(とも思える)独特の手法で展示をし、観客を集め、...
私は様々な恋愛をしてきた。ちょっと他ではないようなハードな体験も。そんな中で、「恋愛とは一体なにか?」を考えてきた。ここからは、私の特異な恋愛経験をもとに...
恋愛アドバイザーのKyle Cが、迷える子羊たちに喝!本当の愛ってなんなの?なんで見つからないの?一体どこにあるのよー!と恋の深みでもがいている人はもちろ...
六本木アートナイトとは、何気ない気持ちでふらりと立ち寄った人たちでさえも魅了する都会の祭り。一度、足を踏み入れてしまったものなら誰しも、次の宴が待ち遠しく...
ジョン・キム作家韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学など...
あなたはこれまでに何回、恋に落ちましたか?人は人生の中で、いったい何回「恋」に落ちるのでしょう。ライターのKate Roseさんの意見ははっきりしています...
『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』『ファインディング・ニモ』など、数々の大ヒット作品を世に送り出してきた「ピクサー」。2016年、設立30周年...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
最近、何かと話題の年下彼氏。頼りない? そんなことはありません。かわいくて一緒にいるとドキドキして、同い年や年上の男性よりも振り回されちゃう。恋を楽しむに...
未来は、現在からの繋がりです。つまり、新しい恋が素敵なものになるかどうかも、今の心持ち次第。ちゃんと心の準備ができていないと、手に入れられたはずの幸せも逃...
「好きな人ができたんだけど、どうしたらいいのかわからない」と、恋に落ちた多くの女性が言います。真剣であればあるほど、相手のことが気になってモジモジと考え込...
いつも私たちのそばに寄り添って、癒しを与えてくれるワンちゃん。単なるペットではなく、家族の一員のように大切に思っている方も少なくないでしょう。実は私たちが...
好きな男性とスキンシップする女性たちの姿。幸せいっぱいな気持ちが伝わってくる。恋愛がめんどくさいと思っている人も、Lorraine Sorletの描くカッ...
「人間はたまねぎであるーー」。こう定義するのは、パリ発祥の市民の哲学討論の場である「哲学カフェ」を国内で主宰し、市民のための開かれた哲学を実践している、小...
自由気ままな猫の行動って、ワンちゃんとはまた違った癒やしパワーを感じるものです。Little ThingsのPhil Mutz氏は、そんな猫の行動に現れて...
彼氏からの愛情表現がないと悩んでいる女子に向けて、確認しておきたい10個の項目を用意しました。それぞれ質問形式で投げているので、当てはまっている項目がない...
起業家のマーク・マンソン氏は、ここ十年ほどで進んだ心理学研究の成果などを踏まえ、一見気にならないけど注意しないと身を滅ぼすーーそんな恋愛のカタチをいくつか...
「一緒にいて楽しくて仕方がない」。そんな相手がいるなら、素直に好きと認めてみてはどうでしょ?恋愛に成就する近道は、認めるという大きな第一歩からはじまります...