店員はホスト。いま最も注目すべき書店が、歌舞伎町にある。

全国で12,526店舗あるという書店(2017年5月1日現在)。お酒を飲みながら本を読むことができたり泊まれたりするなど、購入前でも1冊の本と向き合える場所が増えていると感じる。

去る10月7日、大型書店がひしめく新宿に、異色の輝きを放つ書店がオープンした。歌舞伎町のラブホ街のど真ん中。すぐ真下にホストクラブがあるビルの1階部分。これほどまでに本とかけ離れたイメージを持つ場所に、書店が開いたというのは聞いたことがない。

A46332d2041ad3cf2678766c061ce70a3239bd5e

歌舞伎町にオープンしたのは、「LOVE」をテーマにした本が400冊以上置かれている歌舞伎町ブックセンター。外観はグラフィティで彩られていて、味気ない色のビルが立ち並ぶストリートに立つ姿は、コンクリートに一滴だけこぼれた鮮やかなペンキのよう。

店名からは想像できないが、本物のホストが書店員となって接客してくれる店として、オープン前から注目されていた。

715127a3bb5d1679f05cd8ba2c359b60c853bcf1

ドアがなく通りに面したその場所は、知らずに通りかかったとしてもふらっと立ち寄ってしまいそう。まるで、カフェのような雰囲気があるからだろうか。

薄暗い入り口で「いらっしゃいませ」と声をかけられ、踏み入れたこともない“ホストの世界”へ導かれるのかも…と勝手に想像していた私は、拍子抜け。と同時に、少し安心した。

3種類のLOVEがある本棚で
愛を深掘り

3b9f67f78e0a336f3b068ecf9f2de0c2c7a7c7fa

店内に足を踏み入れると、まず壁一面に置かれた本棚が目に入った。「黒」「赤」「ピンク」の3種類にカテゴリー分けされている。

案内してくれたホスト書店員、霖太郎さんの話によると、「黒いLOVE」の棚には、想像通りドロドロとした内容の本が多いという。

「エロスや愛について書いた哲学書もあります」

見渡してみると、他にも又吉直樹著『劇場』や村上春樹著『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』など、広く世に知られた作品も。

Da9da8afdfc122d600572ad9b52ab8c756270d011178057a39897ee24106567496d51b31768854b8

次に、情熱や純愛に関する本が並べられているという「赤いLOVE」の本棚を覗いてみた。

青春小説の古典的名作とも言われている『ライ麦畑でつかまえて』や『むずかしい愛』と題された本が目に入る。

愛と聞いて「男女愛」を真っ先に思い浮かべたが、「家族愛」など様々なカタチの愛に触れる本が配列されていていた。どうやら、広い意味での愛について伝える書店のよう。

D31baae4f15b84e95d78d697a9adefbe99abecf7

最後に「ピンクのLOVE」ももちろんチェック。比較的ピュアで爽やかな読み物を集めたというこの棚には、小説以外の漫画や写真集が目立っていた。

どの本を手に取ろうか目移りしていると、「蓋を開けてみたら純愛という作品もあるので、カテゴリーは目安として見ていただければ」という霖太郎さんの声が。

結局、難しいことを考えず手にとったのは、映画にもなった詩集だった。

都会を好きになった瞬間、
自殺したようなものだよ。

塗った爪の色を、
きみの体の内側に探したってみつかりやしない。

夜空はいつでも最高密度の青色だ。
ー『夜空はいつでも最高密度の青空だ』「青色の詩」より抜粋

ふと、開け放たれた店舗の出入り口の方へ目をやった。あと少しで暗くなろうとしている空が、ビルとビルの隙間から覗いて見える。巷によく聞く、愛や欲望にまみれた歌舞伎町の街。そしてそれを包み込むような空。両方見えるここからの景色も私は好きだ。

「今の自分に必要な本」が
見つかる場所

気になる書店員だが、まずは、立候補した3人のホストとエプロンをつけた“ホステス書店員”が中心となって接客してくれる。

ただ本を薦めるだけではなく、訪れた人のニーズに合った本を紹介してくれる。例えば、悩み事がある人には「似ている境遇を体験している主人公が登場する本」、考えが行き詰まっている人には「その人とは違う見方で愛について語っている本」

なんと恋愛相談もアリみたい。「いいんですか?」と口走ると、「他の本屋では絶対ありえないので、それもここの付加価値だと思います」と、霖太郎さんが笑顔で返してくれた。

B99276c450a459121b280a15da3c454336292d01Ad08d29fdac4c6ac00e198a5354ced79f1a23d59

書店にはカフェが併設されていて、食事をしながらゆったり楽しめる。

3e55a882a95005c049f3fdff1515827c38684549

立ち上げに携わった草彅洋平さん、手塚マキさん、柳下恭平さん。

帰り際、店を出るのが惜しくなった。まだ読みたい本はたくさんあるし、何よりも想像以上に居心地が良かったから。

近日公開予定のインタビュー記事は、本書店についてより深く知れる内容となっている。オーナー手塚マキさんやプロデューサー草彅洋平さんに、立ち上げの裏話などについて語ってもらった。

B1a636c6529aff2b94d491a8fa5c7b6bb8e53593

【店舗情報】
歌舞伎町ブックセンター
・住所:東京都新宿区歌舞伎町2-28-14
・営業時間:11~17時
・定休日:なし

Photo by Koki Yamasaki(TABI LABO)
ホストが書店員ということで、オープン前から話題を集めていた「歌舞伎町ブックセンター」。その裏にある熱い思いについて手塚マキが、この書店でしか提供できない価...
『007』に『ミッション:インポッシブル』、アジア発なら『インファナル・アフェア』も…映画のなかのスパイって本当に魅力的。男性なら一度は憧れます。さて、そ...
毎年この時期になると、世界各地で国際的なブックフェアが開催される。なかでも『NY Art Book Fair』はアメリカを代表するブックフェアで、アーティ...
代官山 蔦屋書店で2017年11月19日(日)まで行われている『「奈良の木」のあるくらし ~森からの贈り物~』。蔦屋書店のコンシェルジュと、日本を代表する...
2016年1月10日(日)、京都・岡崎に国内6店舗目となる「蔦屋書店」がオープン。西日本では「梅田 蔦屋書店」に次ぐ2店舗目。主に関西人から熱い視線が注が...
本を選ぶ基準は何でしょう?まずは、装丁のデザインを見て、本のタイトル、著者などなど、いくつかチェックしていく要素がありますよね。オーストラリア国内に7店舗...
「愛は最高の奉仕だ。みじんも自分の満足を思ってはいけない」太宰治の『火の鳥』には、愛についてのこうした表現が登場します。これは紛れもなく「真実の愛」と呼ぶ...
「CoolBookmarks」は、本を愛するクリエイター「Lena and Dmitriy」がつくったブックマーク。読書好きの人にピッタリかもしれません。...
米ダラスの書店The Wild Detectivesが、毎週水曜日Facebookに投稿する4コマ漫画「Reading Quirks」を楽しみにしている人...
ひとくちに「本屋さん」と言っても、いろいろあります。セレクトが魅力的な小さな書店に、品揃え豊富な大型店舗、なかにはお酒が飲めたり、泊まれたりする場所もあっ...
ブックバスのプロジェクトを立ち上げたのは、インターネットを中心に古本の買取販売を行っている「バリューブックス」。古本の買取と寄付によって本を集め、それを販...
ラトビア出身の女性アーティスト、アニコ・コレスニコヴァが、ポリマークレイや石、鉄、金などを使って手作りした「ブックカバー」が凄い!細やかな装飾が施されてお...
最近、新しいスタイルの本屋さんが続々とオープンしています。ビールを飲みながら店内をぶらぶらできる下北沢の「本屋B&B」は、そんな先がけのひとつ。そ...
2015年11月3日、Amazonが米シアトルに書店をオープンしました。20年以上オンラインストアを運営してきた同社がリアル店舗を持つのは初の試み。何年も...
大好きな相手だからこそ、何年付き合っていようと、ちゃんと愛情表現はしてあげたいものですよね。伝える言葉は同じでも、交際期間によって意味合いが大きく変わって...
東日本大震災後、いつ起こるかわからない自然災害に備え、防災グッズを用意しておくという考えが浸透しました。復旧までの期間をライフラインのない状況で避難しなけ...
ご存知の通り、「本の虫」とは読書が好きで好きでたまらない人を指す言葉。コレ、てっきり日本独特の言い回しだと思っていたけれど、調べてみたら英語でも「book...
「好き」と「愛」の違いを見分けるのは、難しいものです。人はいつ「好き」になって、いつ「愛」するようになるのでしょう。ここでは、何人かの恋愛アドバイザーの見...
フランスにある本屋さん「mollat」のインスタグラムアカウントが大人気になっています。その理由は…、店員さんたちのこんなお遊び!本のカバーにぴったり合わ...
「この人、私のことちゃんと信じてくれているのかな?」付き合っていれば、そんなギモンが頭をよぎることもあるでしょう。そんなとき、お互いに多少のことには目をつ...