「コーヒー」と「ビール」を正しく飲むと、生活が激変するらしい。

栄養バランスのとれた食事、十分な睡眠、適度な運動。もう“耳タコ”な規則正しい生活習慣。いくら頭で分かっていたって、現実はそううまくはいかないもので。

それがコーヒーとビールで健康管理できたり、メンタルの向上に役立つなんて言われても、にわかには信じがたい話ですよね。そこでこの本のご紹介。メディカルクリニックで院長を務める馬渕知子さんの著書『朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる』(クロスメディア・パブリッシング)。

これなら、いくらでも続けられる!

高いパフォーマンスのカギは
「自律神経」にあり

35d8c6224f9ec081fec2544c81ae66601c326eae

自律神経とは、私たちの意思と関係なく、生命維持を行うために働く神経のことです。人間はあれこれ考える忙しい生き物ですから、いちいち細かい部分まで気を遣ってはいられません。それに生命にかかわる重要な反応は、人間の考えや日常生活に左右されては困りますから、勝手に動くようになっているのです。

上司の前で緊張してドキドキする、大事なときにお腹を壊す、怒ってはいけないと思っても怒鳴ってしまう……そのすべてに自律神経が関係しています。

自律神経は、真逆の働きをする「交感神経」と「副交感神経」という2種類で構成されており、これらが絶妙に力関係を保つことで、健康な状態を維持しています。このバランスが乱れると、自分自身ではどうすることもできない不調が次から次へと体に現れるのです。

いくら優秀な人であってもコンディションが整っていなければ、その能力も発揮できません。

常に高いパフォーマンスを維持して、仕事で結果を出すためには、自律神経による体の不調とは無縁であることが必要条件なのです。

作業効率UPに貢献
「朝コーヒー」

6d02d0943353e5be42a69b6ee99f4936a9ae15d0

多忙なビジネスパーソンのコンディションを整える「ハイパフォーマー飲料」としておすすめしたいのが、コーヒーとビール。どちらも日常的に飲まれているあまりにも身近な飲みものですが、じつはこの2つには「自律神経」を整える働きがあるのです。

自律神経は基本的にコントロールしにくいものですが、コーヒーとビールの飲み方次第で、交感神経と副交感神経のバランスをうまく整えることができるのです

コーヒーには色々と種類がありますが、カフェインが適度に含まれているものには交感神経を優位に働かせる力があります。交感神経が働けば、やる気ホルモンでもある「アドレナリン」が全身をまわって興奮状態へ導きますので、仕事に全開モードで取り組めます。 頭の回転も速くなり、仕事への集中力も高まるでしょう。

コーヒーのアロマ(香り)には、緊張を解きほぐして気分をリラックスさせる働きがあるといわれています。せっかく最高のビジネスプランを練り込んだのに、緊張や口下手のせいで上司や先方に上手く伝えられない……。これでは意味がありません。こんなときは、まず薫り高いコーヒーをプレゼン前に試してみましょう。良い方向に転ぶかもしれませんよ!

リラックス作用のある
「夜ビール」

0d7c5be1848df970d2a7526b9bd034c7c471e255

ビールは主に副交感神経に働きかける役割を持っています。適度な量のビールを飲むと、リラックス作用を全身にもたらしてくれます。1日中働きづめで高ぶっている神経を癒す力があったり、会食時の緊張感を和らげてその場の流れを良くする場合もあります。

ビールが持つ気分を落ち着かせて心を寛大にする作用があれば、自分だけではなく先方の心を開くことにも一役買ってくれるでしょう。取引先だけでなく、話しにくい同僚や気難しい上司とも、まずはビールを交わしながら交流を図れば、本音で語り合えるかもしれません。

あなたがアルコールを飲めない場合でも、相手が飲めれば問題ありません。もちろん飲み過ぎには注意が必要ですが、適度なアルコールは人間関係の潤滑油として、ビジネスの成功を後押ししてくれる存在になるのです。

このようにコーヒーとビールの力は絶大……。何も考えずに飲むほど非効率的なことはありません。自身のビジネスプランと将来的な狙いに合わせて戦略的に飲むことで、本来の能力以上の結果を生み出すことさえあるのです。

メディカルクリニックの院長・馬渕知子さんは、著書『朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる』(クロスメディア・パブリッシング)のなかで、医学的な視点から...
ビール味のコーヒー!?米メディアMASHABLEが報じたニュース「Starbucks Is Experimenting With a Beer-Flavo...
世界を見渡せば「街の数だけビールがある」と言われるほど、たくさんの種類が存在しています。そのなかでも食卓の話題づくりになりそうな「初級編」から、飲むのを少...
本格的なクラフトビールの味わいを、自宅で手軽に楽しめるキットが登場しました。たんにサーバーからグラスに注いで終わり、なんてものじゃありませんよ。なんと、発...
男性の人たちに、こっそりとご紹介したい記事があります。それは、ビールを飲むことで夜の営みが何倍も楽しくなるというもの。ライターのChristine Sch...
甘そうな印象を覚えるでしょうか。これは、“ほろ苦く濃厚な味わいのお酒”。バレンタインデーに飲むお酒として、またはプレゼントとして、検討してみてはいかがでし...
世界的なクラフトビールブームの火付け役と言われているアメリカで、その歴史をアーカイブするための人員が募集されています。求人を出したのは、同国を代表する研究...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
食べもの、飲みものに関わらず、どんな世界にも専門用語はありますが、もちろんそれはビールにも。ここで紹介するのは、ビールを表現する時に必要な用語や、ビアパブ...
日本のコンビニは、外国人や海外に住んでる日本人にとっては目がキラキラしてしまう場所です。たとえば私の住むアメリカでは、コンビニは少し怖い場所という認識があ...
アメリカ最古の蒸留酒製造所を持ち、2016年には150周年を迎えたアメリカン・ウイスキーの代表格「ジャック ダニエル」。ボリューム感のある四角いボトルに満...
グラスを変えるとビールが変わる―。そんな想いのもと、約500年にわたって、こだわりのモノづくりを続けるドイツブランド『シュピゲラウ』。実はいま、同ブランド...
キンキンに冷えたビールが好きな人や、ビールはのどこし!という人からすれば、「温めて飲む」なんて発想は邪道に聞こえるかもしれません。けれどこちら、イギリスの...
2016年4月5日(火)、北青山の路地裏に新しくオープンした「GLOCAL CAFE(グローカル・カフェ)」。世界と日本をつなぐ「Global Minds...
ひとえにビールと言っても、ビアスタイル(ビールの種類)はさまざまあって、実際自分にどの味が好みか、なんていうのは実は知らなかったりする。ここでは、マイルド...
コーヒーと言っても、本当にいろんな種類のものがあります。豆の種類もたくさんありますし、作り方もブラックコーヒーからフラペチーノのような甘いデザートのような...
ジンジャーエールとビールを混ぜた「シャンディ・ガフ」や、トマトジュースを混ぜた「レッド・アイ」など、ビールを使ったカクテルは日本でも一般的ですが、こんな飲...
毎年、ひとつずつ年齢を重ねていくうちに胸のときめきが減ってきたのが、「〇〇食べ放題」という宣伝文句。常人レベルのキャパシティでしかない自分の胃袋には、そも...
コーヒーメーカー?と思ったら大間違い!なんと、これひとつでビールの醸造プロセスをひと通り再現できるのだとか。「MicroBrew」は自分だけのオリジナルビ...
セミの声を聞きながら公園で、夜風に吹かれながらビアガーデンで、さっぱりしたお風呂上がりに1杯と、ビールの美味しい季節真っ盛り。でも、十把ひとからげに「ビー...