阿智村の星空に、大事なものを見つけた夜

「なあ、3人で旅行いかへん?」

そう言われて、真っ先に思い浮かんだ場所がある。長野県阿智村。環境省認定の日本でいちばん星が輝いて見える場所

約1年前、東京のシェアハウスで私は、同世代の女の子2人と仲良くなった。青森、新潟、大阪。出身も、生い立ちも、職業もばらばら。やりたいことにチャレンジできる環境で、迷いと不安を抱えながらも、それぞれ自分の人生と向き合っている。同じ屋根の下に暮らす同志であり戦友。

3人とも自分の意志で頑張ってはいるけれど、正直にいえば、これからの道にどこかで少し迷いを感じていたのかもしれない。なんでもある“贅沢な東京”から、今は少し距離をおきたかった。噂に聞く星空を見上げたら、またここで頑張れる気がしていたから。

人口約6,500人の村の
街明かりが届かない場所へ

6時40分発の高速バスに乗り込む。昨日までの雨は止んでいた。背の高いビルの景色がどんどん山並みへ変わっていくにつれ、空が広くなっていく。少しずつ色づきはじめた木々が車窓を流れるたび、故郷・青森の景色と重なり少し寂しくなった。季節の移ろいを実感したのは、久しぶりだったから。

035e0082663b42fe322a8d48dd4351e835bdf0a9

東京を出て3時間半、バスは阿智SAに到着。今朝は雨が降っていたみたいだけど、日が差して暑いくらい。それでも、やっぱり雲は多い。宿泊予定の旅館「みさか」に電話を入れ、店主に迎えにきてもらう。

「今日は星、見えますか?」

「見えると思いますよ。あとね、月がとっても綺麗なんですよ」

訪れたのは満月の翌日。晴れていても月明かりが邪魔して、星が見えずらいのはわかっていた。けれどこの村の人たちは、星を目当てにやってくる観光客の期待や願いを汲みとるように、みんな「見えるよ」と返してくれた。

日本一の星空ナイトツアー」に参加するほとんどの人が、昼神温泉郷に宿をとる。ここからゴンドラ乗り場に向かいさらに1,400m、街明かりの届かない山の上へ。

のどかな山村を散策したあと、宿に戻り、温泉に浸かってから夜に備えて仮眠をとることにした。目を閉じれば、宿のそばを流れる小川のせせらぎの音と鈴虫の鳴く声が、心地よく耳に届く。そこに静かに2人の寝息が重なったのを聞いて、私も眠りに落ちていった。

希望の光、いまだ見えず。

83d18caeb9991c8ab068de1f2ac2a2338e6f7667

携帯のアラームで飛び起き、厚着をして旅館の玄関に向かったのは19時ちょうど。乗り込んだ送迎バスは、定員ギリギリの人。みんなの想いはひとつだけ。どうか晴れて欲しい。

全長2,500m、高低差600mをいくゴンドラ乗り場には、列をなす大勢の人。足元に冷気が絡みつく。まだ10月も始まったばかりだというのに、山あいの夜の寒さが身にしみた。

さいわい雨は降っていない。それでも、いまだ厚い雲が頭上を覆っている。頂上に行ったところで…自分さえ信じきれない私。

「雨…降らなくてよかったね…」

時季もタイミングも選ばず、「行くならここ!」と我を通してしまった申し訳なさに、必死に目の前の状況から、少しでも良いと思えることを探し出して口にしてしまった。

すると……

「もう、来れただけで充分幸せやけどな」

「うん。温泉最高だったしね!」

この子たちは本心でそう言ってくれている。こんな2人にこれまで何度も私の心は救われてきた。東京での日々がよみがえり、彼らの笑顔が滲んでいった。気を使っていた自分が恥ずかしかった。

ゴンドラに乗り込み、流れるアナウンスを聞きながら15分。たどり着いた山頂。雲に覆われた空、どうにか探し出した星2つ、3つ。

「こんなことあるんだ…」

ツアー会場の芝生にレジャーシートを敷いて腰掛けると、地面からも冷たさが伝わってきた。ここでスタッフから隣の人と手をつないで目をつむるようにアナウンスが。カウントダウンの掛け声と同時に、会場全ての電気が消され、目を開けたとき、そこに満天の星空が広がっている。本来ならば。

「10……3、2、1、0!」

ゆっくり目を開ける。
閉じる前と変わらない曇天が広がっていた。そりゃそうだよね。全員笑うしかなかった。それでも、熱のこもったスタッフの説明を聞きながら、雲がすぎるのをじっと待つ。祈りにも近い時間だったのかもしれない。

10分くらい経っただろうか。木立の葉が擦れる音が聞こるのと同時に、雲が徐々に流れ始めた。

「星が見えてきた!」

Da2619745700991c2db331789c8204c2eb3b2e83

誰かがそう叫んだ。その声を合図に、重たい雲がいっせいに移動をはじめ、一瞬にしてもう数えることが出来ないほどの星が目の前に。拍手と歓声がこだまする会場。

「すごい…こんなことあるんだ…」

3人とも同じ気持ちだった。凍てつく寒さは相変わらずだけど、あったかい涙が頬を伝っていく。空いっぱいに広がった星空を見て胸に込み上げるものをどう抑えることができたろう。

「星、見えたね」

曇り空に、まだしっかり光の見えない自分たちの人生を重ねていたのかもしれない。きっとこの先、まだこれから進んでいく道に迷うことはあるだろう。それでも一歩ずつ進んでいけば希望の光は見えてくるんだと、この夜の出来事が改めて気づかせてくれた。 

そして、今までもそうやって一緒に進んできた隣にいる2人が、これまでに増して大切な存在になった。

今年最後の夜空は、
オリオン座流星群とともに

Ac1c4a10f84b691f48053e66b68fb8af212e43eb

これを奇跡と呼んでしまっては、少し安っぽく聞こえてしまうけど、私たちは確かに日本でいちばんの星空に出会うことが出来た。

阿智村を訪れる人たちは、プラネタリウムのような空を眺めながら何を思うのだろう。星空の下で大切な人に想いを告げたり、星に願いをかけたり、この瞬間を一緒に過ごすことで大事な人がもっと大事に思えるようになるかもしれない。

星の輝く夜空に映る「大切なもの」は、人それぞれ。どうか、あなたにも見つかりますように。

私が体験した「天空の楽園 星空ナイトツアー」は、明日10月21日(土)まで。ちょうどオリオン座流星群のピークが今週末だそう。最後の最後に、クライマックスを迎える天空の楽園に辿りつけるチャンスは少ないかもしれない。

けれど、あの星空がなくなるわけではない。22日からスタートする「星空&雲海 天空の楽園 雲海harbor」では、早朝の星空を見ることもできるそうだ。さらには12月9日(土)より「Winter Night Tour」も開催予定。詳細はこちらから。

撮影が行われたのはニュージーランド・ノースアイランドにある「Waitomo Glowworm Caves」。3000万年前からある石灰岩でできた洞窟です。...
夏の間だけ星空の下に開館する映画館。あなたは、そんなロマンチックな空間の存在を知っているだろうか?舞台となるのは八ヶ岳の麓、長野県原村。実は、毎年夏になる...
ニュージーランド北島にあるワイトモ洞窟(石灰岩の鍾乳洞)。地下250メートルの新世界に広がるのは、青くきらめくミルキーウェイ。地下洞窟に幻想的な星空が広が...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
「都会は建物がひしめき合って、窮屈。部屋は狭いし、普段の生活の中で空を見上げる機会なんてほとんどない」。自身のHPでそう述べるのは、アルゼンチンの建築家A...
まだ電気のない時代に、美しく輝く夜空の星を見て感動した人々。彼らが、モミの木の周りにロウソクを飾って星を再現しようとしたことが、イルミネーションの始まりと...
グルメやショッピングなど、私たちが旅行に出かける目的はさまざまです。が、「見たい景色がある」ということは、その最たるものと言えるのではないでしょうか。日本...
原っぱに寝転がって星空を眺める。そんなアウトドアの醍醐味を一晩中味わうためにはどうしたらいいんだろう。そう考えたリトアニアのデザイナーVytautas P...
2015年に170年目の秋を迎える御船山楽園では、11月1日より「紅葉まつり」が開催されます。また、11月7日からは日本国内でも最大級のライトアップが施さ...
日本三大カルストの中で、最も標高が高い「四国カルスト」内で見ることができる風景を紹介する。「四国カルスト」は天空の道とも例えられ、ドライブやツーリングで人...
“飛び地”をご存知でしょうか?行政はどこかの県に所属していながら、地理的には他のどの地域にも接していなく、独立している土地。日本唯一の飛び地の村・北山村は...
業務用冷蔵庫より、はるかに寒い世界。ロシア連邦東部サハ共和国の首都ヤクーツクは、世界でもっとも寒い大都市だと言われてます。さらに内陸に位置するオイミャコン...
この2つの動画を見てみましょう。まずはひとつ目。羽根つきのロボットが宙に浮いています。羽ばたいて飛べる小型の昆虫型ロボットが開発されたんですね!しかし、動...
オランダの都市部アイントフォーフェンから少し離れた土地に、ホームレスのためのコミュニティが誕生しました。小さいけれど、太陽の光をあたたかく感じられるカラフ...
北欧の降ってくるような星空を見事に切りとったのは、フィンランドを拠点とするフォトグラファーMikko Lagerstedt。水面に反射した光によって、なん...
その光景は、まるでイギリスの田舎町。人気観光地として名高いコッツウォルズさながらです。この村があるのはなんと日本。しかも、古都・京都というのだからさらに驚...
山奥にあるこの小さな村に、どうにかして人を呼び込めないものかと考えて打ち出したのが、有り余っている空き家を宿泊施設にするという『村ごとホテル案』。もともと...
遠目から見ると、全体のビビットなカラフルさが、子どもの頃よく遊んだ「レゴブロック」を連想させます。おもちゃの世界のようなこの場所は、インドネシアのカンプン...
Facebookやインスタを見ると、いつも誰かが南の島で楽しんでいる。うらやましい。僕も行きたい。我慢は、できない。単調に過ぎていく日常からどうにか抜け出...
国内に人気雲海スポット、長野県の竜王に、新しいカフェが誕生。その名も「SORA terrace cafe」は、まるで雲の上にいるような感覚を味わいながら、...