早起きと生産性、そこまで結びついていないようで…

生産性を高めるために早起きして仕事したことがある人は多いと思う。それを継続できたかどうかはさておき。もともと、早起きが得意な人であればいい。ではそうでない人はどうすればいいのか?

ビジネスライターJeff Hadenは、「早起きすればいいってものでもない」と、一刀両断。どうしてこう言えるか?氏のコラムにその答えが。「Inc.」よりどうぞ。

6f08b8974516ef1429aa2332fca6562e5f71129c

多くの人にとって、1日を始める時間はだいたい決まっているもの。メールをチェックしたり、電話をかけたり、前日に着手した仕事をするなどしていると、気づかないうちに何時間も経過して、計画通りにいかなかったりする。そんな時、頭に浮かぶ言い訳は、「やらなければいけない仕事は1つや2つじゃないから」というもの。

あなたは確かに忙しい。それは間違いない。でも、本当に効率よく時間を使えているだろうか?ただただ時間に追わるばかりで、生産的に物事を進められていないことはないだろうか?

私たちに必要なのは、自分の時間をつくることで、どうすればそれを実践することができるのかということ。

確かに、
早起きで生産性は高まる
…人によっては。

生産性を高める方法の1つは、早起き。AppleのCEOであるTim Cookは、3時45分に起きて朝のルーティンを始めるという。ゼネラル・モーターズのCEO、Mary Barraは、朝6時に出勤。『ダ・ヴィンチ・コード』などで知られる作家のDan Brownは4時に起き、スムージーとコーヒーを飲んでから仕事に取りかかるらしい。 かく言う私も、毎朝の5時30分から動き始める。

けれど、全員にとって早起きすることが合っているわけではない。大事なのは「いつからスタートさせるか」ではなく、「どうスタートさせるか」だ。 

自分を変える代わりに
「周囲の人を変える」

早起きする人の多くは、自分の時間を少しでもつくるために朝早く目を覚ますことにしている。5時から働き始めれば、邪魔が入ることは滅多にないのは当然だろう。電話は鳴らないし、メールの着信すらない。オフィスに誰か来て対応する必要もないから、より生産的になれる。

けれど、10時に起きた人はこのような環境をつくることができないかと言えば、そうではない。ただ工夫をすれば良いだけのこと。例えば、家で仕事を少ししてから出社するとか、最初の2時間は自分だけの時間に充てられるよう、周囲の人にお願いしてみるのはどうだろう。

あなたの次第で、周りの人はあなたにどう接するべきか理解してくれるようになるはず。

84dd93dba993c604d5b9f5931ca0258c3f928a0e

会議中や電話中に、「“緊急”な用件なので…」と誰かから声をかけられたとしよう。もし、あなたが即座に対応すれば、いつでも対応してくれる人というように周りから見られるかもしれない。

ようするに、良かれと思ってとった行動が、自分にとってベストな働く環境を妨げていることにもなりかねないのだ。であれば、ベストな環境づくりに繋がるような接し方に変えること。もしくは、夜に集中できる時間をつくるか。誰からも仕事を止められることはないだろう。

大切なのは、仕事を始める時間と終える時間ではなく、働いている時間内でなにを達成できたか。人はそれぞれ違うのだから、生産性を高める方法は自分自身で考え、試していくことが重要と言えるだろう。

Licensed material used with permission by Jeff Haden
忙しいだけの人なら、たくさんいます。本当に大変なのは「生産的であること」。考えてみてください。生産性の高い人はテキパキと仕事をこなし、To-doリストを消...
もしもあなたの上司が「クリエイティブに、かつ生産性を上げるんだ!」と無理難題を押し付けてきたら、この話を投げかけるといいかもしれません。あなたを援護射撃し...
過労は生産性も落ち、ミスも増える上に健康にもわるいというのはよく耳にする話。労働時間を増やしたからって生産性が上がるわけではないという話自体、200年も前...
「Inc.com」に掲載された、仕事の生産性に関するこの記事は、社会人なら読んでおいて損はないはず。個人的には、特に01.を重点的に試してみたいと思いまし...
職場における生産性の向上は、社会人にとって大きな課題のひとつ。「気づけばもう夕方なのに、まったく仕事が終わっていない…」と途方に暮れるような日もあるのでは...
「早起きは三文の得」とはよく聞く言葉ですが、習慣づいていない人にとってはなかなか難易度が高いでしょう。でも、「Elite Daily」で紹介されていたこの...
仕事中に気が入らずダラダラしたり、昼寝をしたり、SNSをチェックしたり。それって、どうやら労働時間に問題があるのかも。つまり、長すぎて体力も精神ももたない...
「月曜日だ!会社に行きたくない!」週末も終わりが見えてくると憂鬱になるのは仕方がないことですが、そうは言っても「月曜日」は必ずやってきます。ならばいっそ、...
働く場所に縛られない「リモートワーク」は、企業側の心配をよそに、とても効率的だという研究結果があるそうです。「mental floss」の記事によれば、社...
1998年の創業以来、イノベーティブな企業の最先端を走るGoogle。同社は新たな取り組みとして、独自のデータや研究に基づいた、HR分野の改善に役立つ情報...
近年、いわゆる9時17時の8時間労働が、海外では“仕事中毒”を生むだけだと、ワークスタイルが見直されつつあります。「労働時間を短縮することで生産効率が上が...
以前TABI LABOでは、世界中の成功者たちが朝の8時前にしていることをまとめた記事を紹介しました。ナイキのCEOマーク・パーカーは朝にヨガをし、ディズ...
ビジネス環境がめまぐるしく変化する現代。社員の働き方を変えることで生産性が向上し、仕事と生活の両立を図るワークスタイル変革がアメリカで注目されている。何で...
早起きして朝から動き出せば、人生はもっと豊かなものになる。といったような「朝活のすすめ」は、世にごまんとあります。じゃあ、早起きすればそれでいいかといえば...
「実験と失敗を繰り返し、半年かかった」と前置きをしながらも、早起きが苦手だった自分がどのようにして朝型人間になれたか、をまとめたJeff Haden氏。彼...
ここ数年、いたるところで目にするようになった「生産性」っていう言葉。「生産性を上げるには?」「優秀なあの人はなぜ生産性が高いのか」なんていう記事を読んだと...
通勤時に立ち寄るコンビニで、いつも購入している紅茶やジュース。これからは「水」に変えたほうがいいかもしれません。「Mic」に掲載された記事によると、水を飲...
ちょっと変わった形のこの椅子。あなたなら、どう座りますか?って、タイトルで答え言っちゃってますが…。背もたれにも見えますが、そう。木馬みたいにまたがって、...
朝起きるのがつらいと悩んでいませんか。朝が苦手な人にとって早起きはつらいものですが、生活習慣を変えていくだけで、スムーズに起きやすくなります。すぐに生活に...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...