人生で初めて飛行機に乗り遅れてしまった。きっと「waya」のせいだ

「お前はもう、飛んでいる」。

初雪の朝に「延泊」が決定した。暖かいドミトリールームで、ふかふかの布団に包まれて、目を覚ましたのは午前10時。搭乗予定だった羽田行きの飛行機は、すでに出発している時刻だ。寝坊した無念を決めゼリフで消し去り、ゲストハウス「waya」から真っ白になった札幌の街並みを眺めていた。ちょうど、1年前の出来事である。

時間を忘れてしまう
ゲストハウス

52791a6f900a4d8bc871489fde4d76450f12d57a

大学の長い長い夏休みを終えたばかりの友人に、リピートせずにはいられないゲストハウスがあると聞いて、紅葉の秋も終盤にさしかかった北海道へ飛んだ。向かった先は、札幌市内にある「waya」。ここは、時間を忘れてしまうほどに居心地の良い空間なのだ。

電車を乗り継ぎ、最寄りの菊水駅に到着。交通量の多い大通りから離れ、静かな住宅街を抜けていくと、ブラウン色の建物が見えてきた。

「ここか」。

友人がしきりに話していたみやげ話を思い出しながら、チェックインした。

389bf238fc330a7580d87c991f1b8df5afff869d

清潔感のある室内は、男女混合と女性専用のドミトリーがあり、個室も準備されている。共有スペースのお風呂や洗面台が綺麗なのは、宿泊先で水回りが気になるユーザーにとってはありがたい。そして、受付のフロアは19時からBARへと様変わりし、夜のにぎわいをつくりだす。「気に入った」。紹介してくれた友人にLINEで第一印象を伝え、ウェルカムドリンク1杯無料チケットを持って、談笑する声が聞こえ始めたBARへと足を運んだ。

ここには、国内外から多くの観光客が集まってくる。オープンから3年と、ゲストハウスとしてはまだまだ新しいほうだけれど、落ち着いた雰囲気の老舗旅館のようにゆったりできる場所なのだ。

誰もが「ただいま」と
言える居場所づくり

0c6dd8b224768ed838e155e7c5f819ba1c39f1d6

ここは、「一緒に起業しよう!」の一言から始まった。立ち上げたのは、東京の大学を卒業したばかりの若者3人。築43年の民家を改築して、ゲストハウスをオープンしようと考えた。

713ebc146fd50d86af1908ae6cefc27a5f3ffecc

クラウドファンディングを活用し資金の一部を集め、「すべての人がただいまと言える居場所をつくりたい」というコンセプトに賛同した総勢200名以上の人たちが改築作業を手伝い、2014年の11月にオープン。多くの人を巻き込んで行われた居場所づくりが、wayaにゲストだけでなく地元の人たちも集まるきっかけとなった。そして、訪れる人たちを優しく受け入れてくれる「地元感」が、居心地の良さを生んでいるのだと思う。

B595a72891d2efe942230e15a05379851a8609c62947bfc6bad9ac953d1e14e8bce57e05139210276ae4c27e2e3b06221ee0364d4547d00cacee7d0b767e96175163be818758a987f13759990d91025d97a778930b78cd56d9dd281565697c5261b28e2d

「たまには寝坊することだってあるよ」。スタッフさんに慰められていた僕のもとへ、一通のメールが届いた。羽田便、大雪のため欠航。不幸中の幸い、か。「今夜も、宿泊します!」。飛行機の振り替え便を翌日に予約し、元気よく延泊することを伝えた。

チェックアウトの時、「いつまで続くか分からないけど、また来てね」と、スタッフさんに言われた。その時は、本気か冗談か分からず戸惑ってしまったけれど、今ではおどけて言っていたんだなということがわかる。僕が訪れる半年前、旅することの素晴らしさを、多くの人に伝えたいをコンセプトに、新店舗「Guest House yuyu」を新設している。オープン以来、毎年新しいことに取り組んでいるゲストハウス。ただいまと言える居場所づくりは、地道に広がっている。

A09ebcd351bc02f1dea2504f07c511670ac6df0fC1888cae124a698761efa231c3f96cb5afd01dc8
Licensed material used with permission by 札幌ゲストハウスwaya
「ねぇ、ホステルとゲストハウスの違いって何?」——って聞かれて、あなたは答えられますか!? どちらも泊まったことがある&旅行ガイドメディアに携わっているく...
“非日常がまるで日常になる、シェアする旅の宿”。さまざまな国籍・年齢・キャリアの人々が、世界各国、もしくは日本各地から訪れます。近年ではリノベーションされ...
長崎県・玄界灘に浮かぶ島「壱岐島」の港町である芦辺浦という地域。この地である夢を叶えようと奮闘する夫婦が暮らしています。妻は海女、夫は釣り師海に囲まれ、島...
福岡の都心部に存在するオアシス、大濠公園からほど近く。大手門に2017年6月にオープンしたゲストハウス「STAND BY ME」の入り口には、「生ビール ...
福岡の中心部・天神エリアから地下鉄で約8分の中央区六本松にある「SEN&CO.HOSTEL」。住宅街にひっそりと建つここは、1階はカフェ兼フリースペース、...
地図や鉄道関連の本に多く携わってきたフリーライターの今尾恵介さん著書『番地の謎』(光文社)では、日本の住所表記について掘り下げ、歴史や傾向について詳しく紹...
高校生が制作した、乗車マナーの向上を呼びかけるポスターが、ちょっとした話題を呼んでいます。“学生目線”で大人のマナーを指摘するその内容は、的を得ていて深く...
北海道札幌市の隣町、当別町。『家具工房旅する木』の須田修司さんは、この町にある廃校になった小学校の校舎で、オーダーメイドの家具を作っている。
去る2月11日に閉幕した第67回さっぽろ雪まつり。多くの作品が人々を楽しませたなか、特に注目を集めたのが、「Hokkaido Shinkansen-Sup...
仕事や勉強がうまくいかないとき、その原因を、周囲の環境や他人といった“外部”のせいにする。これを、「外部要因思考」といいます。これでは問題の解決が先送りさ...
札幌市内から北へ20キロほど、石狩郡当別町に冬季限定で登場する氷と雪でつくられた神秘的な空間がある。切り出した氷を積み上げる、北欧のアイスホテルをそのまま...
旅行に行きたい、と言いながら早半年…。ずるずると予定を先延ばしにしたくないなら、旅行上手な友だちに頼ってしまいましょう。「Elite Daily」のKri...
北海道のまんなかにある、大雪山。かつてアイヌの人たちはこの山をカムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)と呼び、聖地として大切にしてきました。そんな大雪山と石狩川に挟...
搭乗予定だった便が遅延していることをネットで知り、数時間遅れて空港へ行った3人の女性。到着してみると、他の乗客はみんな一足先に別の飛行機に乗ってしまったと...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
地元に思いを寄せ、写真を撮り続けた夫。そんな夫の意思と写真を引き継ぎ、地元を訪れる人たちのために、妻は「ゲストハウス」をつくった。「はなれ」は、徳島県那珂...
夢に出てくる飛行機には、一体どんなメッセージが隠されているのでしょう。飛行機はチャレンジ精神を表しているのですが、飛んでいる飛行機を見る場合と自分が飛行機...
飛行機で寝るときって、なかなかポジションが決まらないですよね。そんなとき、ほとんどの人が使うのが「ネックピロー」。でも、ネックピローの使い方って簡単だけど...
夢の中でする旅行は、少し不思議な気分になるものですよね。一度も行ったことがない場所や絶対に行けないような場所であれば、なおさら。でも、そんな旅行の夢には、...
ここは、カリブ海にあるセント・マーチン島マホビーチ。真隣に空港があるので、人々の真上をジャンボジェット機が通っていき、吹き飛ばされるぐらいの風が起こるそう...