「週に1時間の運動」をするかどうかで、職場でのストレスは大きく異なる。

自分の努力が上手く業績に反映しない。小さなミスをしただけなのに、必要以上に上司に怒られる。好きでもない飲み会に行かなければいけない。

仕事をしていると、こういった悩みや不満、ストレスとは、嫌でも付き合っていかなければいけません。だけど、その対処方法を間違えると「心の病」になってしまうリスクも。

職場環境を変えるという大きなことはできないけれど、自分の習慣を週に1時間だけ改めることで、先のリスクが深刻化する可能性をグッと下げらるようです。

自分のできる範囲の運動を
週に1時間するだけ

1e894b94229b1c9bf850254cfd8416caa13119cf

ニューサウスウェールズ大学のSamuel Harvey教授を筆頭に調査を行った、オーストラリアの研究機関「Black Dog Institute」は、週に1時間の運動をするだけでうつ病のリスクが下がると発表しました。

とは言いつつも、正直、こんなのどこかで聞いたことのあるような話。しかも、無酸素運動が良いのか、有酸素運動が効果的なのかと、一歩先の議論をしている人たちも…。

それでも紹介したい理由は、同研究では「この効果を得るために、運動の強度は関係ない」というから。要するに、ベンチプレスを100kg上げるための筋トレでもなく、マラソンを3時間以下で走るためのランニングでもなくて、自分のできる範囲で運動をすれば良いだけ。しかも、たったの1時間。

実験の被験者の数は、3万3千人以上。それなりに信憑性が高そうなスケールではないでしょうか。

8188aa161d5c5c8f45277b87265972b96dbce6f2

実際に詳しい数字を出すと、1週間に最低でも1時間の運動をした人は、約12%もうつ病になるリスクが下がるのだとか。もちろん、継続するという仮定の上で。

Samuel Harvey教授は、ニューサウスウェールズ大学のニュースにこう語っています。

「今回の研究で得られたいくつかの発見は、非常に興味深いものです。ほんの僅かな運動でも効果が出るのですから」

ちなみに、週に運動を全くしなかった人は、運動をするグループに比べ、約44%もうつ病のリスクが高まっていたようです。

仕事で非常に疲れているのは承知の上です。だけど、週末の1時間くらいだったら、運動もできるのではないでしょうか。さらに、強度が強いものでなくても良いのだから。

生産的に仕事を進めていく上での大敵、それはストレス。どうにかしたいとは思いつつも、毎日同じオフィスに出勤する以上、できることは限られてしまいますよね。そん...
毎日忙しくて、時間がなかなか取れない方でも、ちょっとしたコツを知っていれば、腹筋を割ることも難しくはありません。自宅で無理なく続けられる筋トレ方法や食事管...
米ヒルトン・ホテル&リゾーツにワークアウト専用の客室ができたそうです。これ、簡単に説明すると、全身の筋肉を鍛えられてしまうほどの、様々なトレーニンググッズ...
運動を習慣化すれば、生活が改善される! なんてことは、いろんなところで言われてますが、それが具体的にどういうことなのか、わからない人も多いのでは?海外のブ...
割とシンプルな見た目のXBARですが、スペースをとらずに全身の筋肉を鍛えるワークアウトをサポートしてくれます。自分の部屋でだって筋トレが簡単にできるように。
頑張って運動しているけど、なかなか痩せない。痩せるために食事制限もしてみたけど、イライラする。それはもしかしたら、運動をする「時間帯」が間違っているのかも...
筋トレをしている割に、一向に筋肉量が増えてこない。こう感じたことはありませんか?じつはこれ、効果的でない方法でトレーニングをしている証拠。医学的な根拠に基...
筋肉は、体全体の健康に大きく関わってきます。「若いうちから筋肉を落とさないことが大切」「いま運動しておくことが未来の健康につながるんですよ」と、全国各地の...
ほぼ毎日と言っていいほど、ジムに通っている僕。「今日は胸の日」「明日は背中の日」といった具合に、その日ごとに鍛えるパーツを決めて重点的に筋トレをおこなって...
脚の部分痩せをするときに、多くの人は筋トレが足を太くしてしまうと考えてしまうのではないでしょうか。でも、そんな心配もなく短時間で美しい脚を目指すことができ...
つらい思いをしながら、ときにはくじけそうになる痛みにさえ耐えながら、ただひたすら黙々と行うストイックな時間、筋トレ。健康やスポーツ、あるいはリハビリのため...
職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。長時間労働をする理由はそれぞれ違うと思うけれど、「働き方」と「モチベーション」は仕事をする...
デッドリフトと呼ばれる筋トレ(エクササイズ)の方法をご存じですか? メタボという言葉が一般化してからでしょうか、体を引き締める運動のなかでも、おなか周りを...
パートナーとケンカばかりしてしまう。友達と遊んでいてもイマイチ楽しめない。お金がない。プライベートの悩みはたくさんあります。でも、そんな時は割り切って職場...
普段から運動を行って筋肉量をキープすることができれば、「健康体を維持したまま長生きできる身体コンディション」は整っていきます。糖尿病や認知症といった病気の...
見た目の華奢さを大きく左右する肩幅を少しでも狭くしたい!そう思っている女性は少なくないですよね。何を隠そう、私もそのうちの一人。いままでは、矯正や整体にで...
実際、同僚とはどこまで親しくするべきなのか?「TalentSmart」の記事のポイントは、まさにそこ。ビジネスにおいて、一度何かを共有したら、もう後戻りで...
筋トレを日課にしている人、旅行に出かけたらいつものトレーニングメニューができなくてむずむずすることはありませんか?「Flexr」は、折りたたみ式の懸垂マシ...
みなさん、「筋肉という財産」を増やすと、どんな素晴らしい変化が起こるかご存じですか?健康的になるのはもちろん、若さや美しさ…時をさかのぼるように調子を取り...
ジムといえば、身体を動かしてアクティブに汗を流す場所。でも、ジムでゆっくりと身体を休めてリラックスする、という逆転の発想のクラスがイギリスで誕生しました。...