イタリア職人の「こだわり」だけを集めた、オイシイ地図。

10月30日に、イタリアの新酒「ヴィーノ・ノヴェッロ」が解禁されます(一説にはボジョレーより美味いとか)。いつも、この時期になると思い出すのは、シチリア島にあるワイナリーから作られたワインしか飲まない、というイタリア出身の頑固な友人。

でも、違う視点でちょっと考えてみると、イタリア人には何かに誇りを持つというDNAが染み付いているんじゃないでしょうか。例えば、革職人や仕立て屋、ファッションデザイナーみたいに。もちろん、料理人にだって。

そんな彼らの”誇り”を存分に味わえる地図を紹介しましょう。

「最高のピザ」を
見つけるための地図

C2573d8dc1f5ea4e08c5cf8d03628501c18927dd

のちにハイライトする地図は、イタリア屈指のピザ専門店「ピッツェリア」だけを集めたものです。

でも、正直な話、イタリア料理を楽しむ方法はたくさんあります。リストランテで高級感のある食事を味わうこともできるし、トラットリアで友人と盛り上がりながらご飯を楽しむことだってできる。

それでも、あえてピッツェリアを選んだ製作者の気持ちを汲み取ると、そこに「誇り」を感じることができるから、では?

多くの具材を組み合わせて、日本では見たことないような豊富な種類のピザを提供するところもあります。若い世代にウケるようにビジュアルにこだわって、味を改良しているお店だって。さらには、マルゲリータかマリナーラしかメニューにないような、クラシックな場所も存在します。

要するに、それぞれの店や職人の考えを反映して、「ここでしか味わえないピザ」を追究したのがイタリアのピッツェリア。

こんな長い前置きを踏まえた上で、「Best Pizzas in Italy」の紹介です。

ここには、イタリア版ミシュラン「ガンベロ・ロッソ」がピックアップしたお店や、同国でも権威のある「Tre Spicchi」や「Tre Rotelle」といった賞を受賞したピッツェリアが反映されています。

また、若い世代に向けて作られているデザートピザや、あまり食欲のない人向けの小さいピザが食べれる店を知ることができるのもポイント。

イタリアは頻繁に行く場所ではないかもしれません。だからこそ、旅行の際には、少し頑固なくらいの”誇り”を味わってみるのも、悪くないのではないでしょうか。

イタリア・ミラノで61年の歴史を持つ老舗ピッツェリア「SPONTINI(スポンティーニ)」。その海外進出第1店舗目が、本日2015年10月30日(金)、「...
2016年8月24日未明にM6.2の地震がイタリア中部を襲いました。壊滅的な被害を受けた街アマトリーチェ(Amatrice)を支援するため、民間レベルでの...
体重167キロ。医師には「命の危険性がある」と言われるほどまで太ってしまったのは、シェフのカルミネ・コッツォリーノさん。N.Yに自分のレストランをオープン...
旅と食べ物をこよなく愛するふたり組のアーティスト、Caitlin LevinとHenry Hargraves。彼らが作り上げた世界地図は、その国の特産品や...
意識して考えたことはありませんでしたが、言われてみれば確かにそう。すでに知っている人も多いかもしれませんが、海外でも取り上げられることが多い話題のようです...
50人分の手描きの「TOKYO」の地図が収められている『TOKYO 35°N』。「Romantic Geographic Archive」シリーズ第一弾書...
SNSを介して知人と近況をシェアすることが当たり前のこの時代。またしても、注目度大のアプリが登場しました。この「WHERE」があれば、ちょっとしたお出かけ...
歴史が覆るかもしれない「古代地図」の存在とは!?ここでは「Collective-Evolution」に紹介された記事を紹介します。記事内で取り上げられてい...
女性をデートに誘う時は、オシャレな飲食店を選びたいですよね。ラフ過ぎることもなく堅苦し過ぎることもない場所といえば、イタリアンにたどり着くことが多いのでは...
今回は、これぞ匠の技!という動画をご紹介。酷く錆びた出刃包丁が、職人の手によって、みるみるうちにキレイになっていきます。日本が世界に誇る、包丁研ぎの技術。...
1985年、イタリア南北をくまなくリサーチし、あらゆるパスタ料理レシピを1冊の本にまとめたヴィンチェンツォ・ブオナッシージ。『新パスタ宝典』に収められたメ...
イタリア生まれの中国人シェフYujia Hu。彼の名前を覚えておいて損はない。もしかして、もしかすると、来年あたりTIME誌の選ぶ「最も影響力のある100...
始まりは1944年。セーレン・ポールセンさんは20年間海外で生活をしたあと、故郷デンマークに帰ってきました。クライトロプ湖付近にある実家は酪農を営んでいる...
夜のオフィス街で輝く明かりを見つけると、きれいだなと思うと同時に、「こんな時間まで頑張ってる人がいるんだ…」と、そこで働く人のことをあれこれ想像してしまい...
今日、4月16日は「イースター」です。キリストの復活祭として、世界各地で多様なお祝いの仕方があるようで、お祝いのアイコンもイースターエッグやうさぎ型のチョ...
電動自転車のデザインで大きなポイントになるのが「バッテリー」の行き場所。どうしてもスペースをとるし、野暮ったくなりがち。そんな悩みを、1950年代の古いバ...
スマートフォンさえあれば、たとえ旅行先でも迷わず目的地に辿り着くことができるでしょう。とっても便利になったかわりに、画面ばかり見てしまってせっかくの旅行先...
このまままっすぐ地面を掘ったら、地球の裏側までたどり着けるんじゃないか?子供時代には、そんな純粋な疑問があったはず。WEBサイト「Antipodes」は緯...
1970年代、アメリカからイタリアに伝えられたチアリーディング。イタリアの伝統的なマーチングバンドと結びついて発展を遂げ、いつしかイタリア独自の文化へと姿...
イタリアの市街地は、どこも趣のある古い建築物がたくさんある。有名な観光名所だけでなく、何気ない通りでも、思わずカメラを向けてしまうほど旅情感たっぷりだ。ビ...