60年後の未来。飛行機に乗るのは危なくなる?

身から出た錆。このような「自分の言動が理由となって、災いなどを受ける」という類のことわざが、日本ではよく使われます。

どうやら、先人の教えは正しかったみたいで、環境問題にも同じことが当てはまります。日常の生活から環境を気にかけないと、飛行機に乗ったときの安全性が損なわれてしまうのだとか。

地球温暖化が
乱気流の数にも影響する

7d46439227d6391657217b74c46ccee0ee7f7a18

日本でもLCCが普及して、数年前と比べても安くかつ早く、たくさんの場所に行くことができるようになっています。しかし、英レディング大学が主導した研究によれば、2050年から2080年までの間に、乱気流の数が激増するのだとか。しかも、この対象になっているのは、荷物などが吹き飛んでしまうようなレベルの乱気流。つまり、約60年後までに、ほとんどの人が恐怖を覚えるであろう”あの揺れ”に、フライト中に遭遇する確率が高まってしまうということ。

あくまでも予想だけど、例えば、北大西洋地域では180%、北太平洋では90%、アジアでは60%も増えるようです。

この原因となるのが、地球温暖化による気候変動

Aaac36eb53f5e8dc61678980af6fadcc89baf2a6

とは言いつつも、フライト中の安全に関しては、悲観になる必要はないのかもしれません。

JALのHPによれば、乱気流にもいくつか種類があって、そのほとんどを避けることができるらしいのです。そこで、厄介になるのが晴天乱気流。これは雲を伴わないため、英語では「Clear Air Turbulence」と呼ばれ、どこにあるのかという判断をすることが難しいそう。

だけど、日本の気象庁、航空局、航空会社は、情報を共有することで、少しでもリスクを避けるために協力をしているのだとか。だから、時には、高度や経路を変えることも。要するに、プロフェッショナルとして、”揺れ”を防ぐために最善を尽くしてくれているようです。

となると、僕たちが考えなければいけないのは、安全性云々の話ではなくて、いかに環境に配慮するのかということ。1人の行動は微々たるものかもしれませんが、きっと良い行いをすれば、良い結果が返ってくることでしょう。そうすれば、約60年後までに起こりうる研究予想を覆すのも、可能になるかもしれません。

岩陰からひょいっと顔を向ける、テディベア似のぬいぐるみのようなこの生き物。新疆ウイグル自治区で、およそ20年ぶりに目撃され、「パンダよりも断然カワイイ!」...
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
塗るだけで水素燃料を生成できるペンキの開発が、オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学で進んでいます。太陽光や風力といったクリーンエネルギーに続く発電方...
2015年より、毎年10月1日は「International Coffee Day(コーヒーの日)」。認知度はイマイチながら、今年も各地でイベントが開催さ...
アクション俳優として、また元カリフォルニア州知事としての顔を持つアーノルド・シュワルツェネッガー。2015年12月、パリで開催された気候変動会議の場に招か...
2015年7月23日、NASAは地球と非常に近い環境を持った惑星を発見したとの発表を行いました。「Kepler-452b」と名付けられた惑星は、太陽系外で...
長い飛行機での移動時間、少しでも眠りたいと思うのは当然のこと。ですが、高度9,000メートルの高さでぐっすりと眠るのはなかなか難しいもの。でも、ご安心。以...
ここで紹介するのは、2015年3月20日に撮影された皆既日食の動画。普段と違うのは、飛行機の中から撮影されたというところ。その珍しい経験を見逃さないため、...
新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
外国語の学習は、飛行機のフライトに例えると分かりやすいーー。とAndrew Barrさん。英語を母語とする彼は、7年間かけてスペイン語を学んだ経験から、「...
去る8月13日、2015年をまだ4ヶ月以上も残して、人類は“タイムアップ”の日を迎えてしまった。「アース・オーバー・シュート・デー」地球が1年間に生産可能...
エコ意識への高まりは世界規模で広まり続けています。たとえばスーパーやコンビニでもらうレジ袋の有料化。ゴミを減らすだけでなく、温暖化対策にも貢献できる。確か...
「未来って数日前のことでしょ?」と勘違いしてしまうほど小さい子どもたち。「今この瞬間から先はすべて未来だよ。明日も100年後も」と丁寧に教えるイラストレー...
いよいよ、「自家用飛行機」時代の幕開けとなるかもしれない、革新的な航空機開発が大詰めを迎えているようです。それも電動式で駐機場も不要だとか。ここで話してい...
ニューヨークからレイキャビクに向かうフライトの途中、窓から外を眺めると、そこに現れたのは光り輝くオーロラの姿。そんな貴重な場面に居合わせたアリエ・ニーレン...
機内誌を眺めるか、小さなモニターに集中して最新の映画をみるか、もしくはただじっと目を閉じて目的地に到着するのを待つ、とかく空の上は暇を持て余す。そこにここ...
1961年、ユーリイ・ガガーリンが人類初の有人宇宙飛行士として、宇宙に飛び立ってから56年の月日が流れた。「地球は青かった…」宇宙からの帰還を果たしたガガ...
地球温暖化の甚大な影響を受けている、北極圏。気温上昇により年々溶けていく氷は、深刻な環境問題のひとつとして、世界中でその行く末が注目されています。そんな問...
33年後の未来を描いたポスターが、大きな物議をかもしている。描かれているのは、米国にある7つの国立公園。いずれも、本来は美しい景観の超人気観光スポットだ。...
月額固定料金の定額サービスが、ついに飛行機にも!アメリカの航空業界に定額制を導入した企業に、いま注目が集まっています。出張向けではありますが、どれだけ乗っ...