3つセットがうれしい「ジュート製のゴミ箱」。

可燃と不燃のゴミ箱はある程度サイズがあるものを。一方、瓶、缶、ペットボトルに関しては、ほどほどの大きさで省スペースなものがベター。

というわけで、〈Oregonian Camper(オレゴニアン・キャンパー)〉の「ジュートダストバッグ」です。

エコ素材のジュートを使ったダストバッグは、キッチンのちょっとしたスペースにおけるA4サイズ。3つセットになっていて、写真のように面ファスナーでくっつけて並べてもいいし、バラしてレイアウトしてもOK。キャンプ用なので、使わない時はペタンコにたたむこともできます。この手軽な感じがいい!

イラストも可愛すぎず、ちょうどいい塩梅。ジュートの質感と合わせて、男性の部屋にも合いますね。

税込3,132円。価格もこなれてます。

Amazonで購入可能です。

71e4dfa36144a3833f06b8a7422fa88e4487547f32d0bfc76129bba097161a6f983cc87724664a91026df681d318d85b7ef0e5098b4c83467bcbb0baCdc69213996d40bcf3463bc32c5d113484df5aba

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

海を愛する二人のヨットマン。いくら拾い集めてもキリがないビニール袋やベットボトルといった浮遊ゴミを片付ける目的で、海にゴミ箱を設置しました。場所はヨットが...
ニューヨークの街並みに現れる色とりどりの花。何だろうと近づいてみると…なんと、ゴミ箱。街の風景に、文字通り「花を添えた」のは、NYのフラワーデザイナー、L...
大正7年創業というぶんぶく株式会社のロングセラー商品で、旧名は「普及型屑入れ」。学校やオフィス、一般家庭で長年使われてきたこれ以上ないぐらいフツーの屑入れ...
はたしてこの商品、「ゴミ箱」なのかそれとも「掃除機」なのか……、表現の仕方も迷うところ。いづれにしても、ありそうでなかったキッチンツールに、こんな感想を持...
韓国の企業が開発した「Clean CUBE」は、ゴミの処理や収集を見直した、スマートなゴミ箱。太陽光のエネルギーを使ってゴミを圧縮し、従来の約8倍の量を収...
ここは、アリゾナ州フローレンス。もともと別荘なんてありませんでしたが、休日に寄れる場所が欲しいと思っていたブラッドさんとジェイミーさん夫妻は、ないならつく...
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
ブランケットを無造作にソファにかけたり、ランタンをインテリアとしてレイアウトしたり、コットをベンチ代わりにつかったり…。アウトドアのアイテムって、室内に置...
〈3sun(サン)〉のビーチラグは、ヨーロッパのリゾートで使われているような、シンプルでちょっと懐かしい感じ。天然素材なので、使い込むほどに目がギュッと縮...
ダンボールや、紙袋など、狭いところに入りたがるのは猫の習性。その中で寝てしまうことも多く、かわいくてにゃんこも気に入るキャットハウスを探している人もいるの...
「UNO H2O」は、プラスチックコーティングじゃなくて、プラスチック製です。水に濡れてもOK。何かこぼしちゃっても問題ナシ。使い込んで角がボロボロになる...
〈KIKKERLAND(キッカーランド)〉の小分け用のボトルセット。クリームタイプのケースやスプレー式のボトル、識別用のシールとポーチも付いてます。旅行時...
ここに紹介する、小さなキャンピングトレーラー。どのくらい小さいか?は、以下に紹介するとして、アウトドア愛好家たちの間でちょとした話題を呼んでいる。ミニマル...
伝統と革新のかけ算は、いつだって魅力的だ。「○○とはこうゆうものである」と脳に刷り込まれている対象物を、まったく新しいかたちで蘇らせてくれるから。新たな発...
ご存知の通り、「本の虫」とは読書が好きで好きでたまらない人を指す言葉。コレ、てっきり日本独特の言い回しだと思っていたけれど、調べてみたら英語でも「book...
自転車乗りってコーヒー好きが結構多いんですよね。“こだわると深い”みたいなところが、似ているんでしょうか。僕もその一人です。自転車でコーヒーショップを回っ...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
本来、橋の役目といえば、対岸への移動手段。しかし、エーゲ海に面するトルコ・イズミルに架けられたBostanlı橋は、そこにとどまりません。多くの人々がここ...
ミリオンヒット7回、CD売上2000万枚という、音楽業界の名プロデューサーという肩書きを捨て、彼が求めた場所はニュージーランドだった・・・。四角大輔(Da...
木目が特徴的なこちらのアイテム。実は「割り箸」からできています。年々増えている使い捨て箸への問題意識から生まれたプロダクトです。アジアン料理のブームが巻き...