熱中しているのは、どれだけ上手に「ゴミ」をつくれるか。

なんでこんなモノを?一目見て、そう思わずにはいられなかった。

<セラミリスト>を名乗るTim Kowalczykは、実際に見つけてきたゴミをセラミック彫刻でリアルに再現するプロ。芸術学校の指導者でもあり、アメリカで数々の賞を獲得している。

世の中にはすこし変わった人がいるもので、彼はこれらを「ストーリーの具現物」だと言い切る。

いつかの子犬の家

Bc874c5134c03626b646d1165450568fc6eca4c53b5418002b03c8d182f1d31df71501f74b419c81

滲んだ青春時代

Ebb3dcab280915d10549715c640df7f9c053f0c4

「角」の快感提供済み

D7accf2842475117c565bbe8e8a6bba73983bd94

飼い主の忘れ物

3ca71aea101c924657e5f7b1790b960fa01af77f

厨房からの逃亡者

C26ea46fb119b8d292d5e79946ad3f04017f63d5

カベに鬱憤を描いた残骸

804df5663f39e8140f686ed675ee11bad635e6d61beabd8ff9b329ee4438d59b8946d4ab001e227f

誰かを助けたあと

55b299fd31fb421eba90a4413d2ed72fcc26ca4a

浮かんできたのは、河原沿いの乱雑に生い茂った雑草のなか。ああいう場所は“宝庫”だったりする。

すべてが意図的に捨てられているとは限らない。うっかり置き忘れてしまったもの、気づかない間に落としてしまったもの。どこかのタイミングで、必要とされてつくられたはずのそれらは、「ゴミ」という名称に変わる。

世の中にあるほとんどのモノが、最後はそう呼ばれて袋詰めされるでしょう。だから、彼にとっては、「ゴミ」が一番面白いのだ。

Licensed material used with permission by Tim Kowalczyk
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
不気味なんだけど、愛着を感じてしまう化け物たち。様々な場所にあるこのアートは、通り過ぎる人々を楽しませるだけのものじゃありません。「蘇ったゴミを見て、使い...
いよいよ、ハロウィーンまで10日を切りました。どんな衣装で街に繰り出すか、当然もう決めているはず。で、今年は是非、小道具は少なめにして、手ぶらで参加しては...
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
フォトグラファーのAntoine Repesséさんは、ゴミ問題を写真で訴えるために4年間ひたすらいらなくなったものを集め続けました。種類ごとにわけて、各...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
アメリカのボルチモアハーバーに佇む、巨大な生物のようなもの。まん丸な目に大きな口、一見ダンゴムシのようにも見えるルックス。オブジェかと思いきや、そうではあ...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
都心では、スーパーのレジ袋が有料化となる店舗が次第に増えてきています。それでも、ご自慢のエコバッグの中はといえば、食材を抜いた後で結局、ゴミ箱へと向かう包...
世界の海に浮遊する海洋プラスチックゴミを再利用して、海中に持続可能な都市空間を建設する。発想が飛躍しすぎて、もはやSF映画のようですよね。これを大真面目に...
海には、世界全体で毎年800万トンものゴミが捨てられているそうだ。しかし、このプロジェクトなら大量の海洋ゴミを最小限のエネルギーで回収し、再利用することが...
一度価値を失った何かに、新たな命を吹き込み蘇らせる──。一見するとゴミとしか思えないモノを、回収・再生して作るプロダクトが増えてきた。ここで紹介する取り組...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
今年もハロウィンナイトを楽しむ東京・渋谷駅付近は、まるで年末のカウントダウンのような酔狂ぶり。そして、日付が変わった2015年11月1日(日)朝、宴のあと...
Alcindoさんは、北アフリカ沖にある小さな島国「カーボヴェルデ共和国」のサル島に住む43歳・男性。建築現場のペンキ塗りとして働いています。何よりも海が...
ヨーガン レールの名前を知っている人がどのくらいいるでしょう。衣・食・住すべてにおいて、心安らぐ手仕事のモノの価値にこだわり、今日のライフスタイルショップ...
世界大会をじつに11回も制した、サーファー界の生きる伝説ケリー・スレーター。彼が立ち上げたファッションブランド「Outerknown」、オシャレなことは言...
「1週間分のゴミを撮っている写真家がいるんだよ」と言われてもにわかには信じがたいですが、フォトグラファーのGregg Segalは、文字通り、人々の1週間...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...