東京からも意外と近い。秋田の秘湯「乳頭温泉郷」

グッと冷えこみ、グッと恋しくなってきた温泉。とくに雪見露天風呂なんて最高です。いろいろ調べてみたら、すでに雪が降り積もっている秋田県の「乳頭温泉郷」が、意外と東京から近い(というよりもアクセスがいい)ことに気づきました。

東京駅から乳頭温泉郷の最寄り、田沢湖駅までは2時間50分ほど。最寄り駅からも送迎バスやタクシーが使えるので、秘湯とはいえスムーズに行くことができそうです。

しかも2km圏内に
七つの名湯

0bb87da06493c35744fea94b42bed3d2c794b761

マップのピンが指しているのは「休暇村 乳頭温泉郷」「蟹場温泉」「黒湯温泉」「大釜温泉」「孫六温泉」「妙乃湯温泉」「鶴の湯温泉」という、乳頭温泉郷にある七つの温泉。すべてが地図の中心から2km圏内に集まっているんです。いずれも歴史、環境、泉質などに違いがあるので、巡ってこそ価値がわかります。

01.
秋田藩主も訪れた
「鶴の湯」

7762b3eb9aa12cc2082542a9614e8b884deb7b4d807db433771a9dc525301406a4ffeef070d734e1

秋田藩主の湯治場だったとされる温泉で、今でも警護の武士が詰めた茅葺き屋根の長屋「本陣」が残っています。歴史的な街並みを散策して、冷え切った体を露天風呂で温める瞬間を想像してみては?

乳頭温泉郷 秘湯鶴の湯温泉
住所:秋田県仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林50
TEL:0187-46-2139

02.
山の薬湯
「孫六温泉」

3cf05760e524cee942d866aa79cb115bd28b22d8

写真を見ての通り、昔ながらの「湯治場」の雰囲気がある温泉。泉質はラジウム鉱泉で胃腸病、皮膚病(ジンマシン)、創傷などに効能があるとされていて、「山の薬湯」とも呼ばれています。

乳頭温泉郷 孫六温泉
住所:秋田県仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林
TEL:0187-46-2224

03.
女性からも人気
「妙乃湯」

9a6db16e301ebabfa7c724cfbc70aafa91fa04adCf27a5c51cd0facb11166c94cb03ae64f3571706

「妙乃湯」では露天風呂の目の前に川が流れていて、せせらぎを聞きながらくつろげるという贅沢な体験ができます。きめ細かなサービスも魅力で、女性にも人気。

乳頭温泉郷 妙乃湯温泉 
住所:秋田県仙北市田沢湖生保内字駒ヶ岳2-1
TEL:0187-46-2740

04.
最奥にある湯けむりの里
「黒湯温泉」

99c25ff3d6061127343b9f0f468ecfa2ce93aa7b

乳頭温泉郷のなかでも、最も奥に位置する「黒湯温泉」。宿の横に源泉があり、沸々と噴出する様子は、まさに“湯けむりの里”。(※2017年度の営業は終了)

乳頭温泉郷 黒湯温泉
住所:秋田県仙北市田沢湖生保内黒湯沢2-1
TEL:0187-46-2214

05.
原生林に包まれた露天
「蟹場温泉」

D5b96fae4a7a5a16c46dee94e8f24eaff9b7d929

「蟹場温泉」では、宿舎から50mほど離れた原生林のなかに露天風呂があるんです。一面の雪景色と森の静けさが、やすらぎの時間を一層深めてくれそうです。

乳頭温泉郷 蟹場温泉
住所:秋田県仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林
TEL:0187-46-2021

06.
学校を移築した
「大釜温泉」

7a1d93865ea0f8656558b4983da108928690dadf3348d488c21befb71b8f0edb01bde0fb16c42e63

木造校舎を移築した宿なので、とてもノスタルジックな雰囲気。親子で館内を探検したり、学校の名残りを探してみたりと、館内でのひとときも楽しめそうです。

乳頭温泉郷 大釜温泉
住所:秋田県仙北市田沢湖田沢字先達国有林
TEL:0187-46-2438

07.
ブナ林に包まれた
「休暇村 乳頭温泉郷」

Ac4a5178f13f839a7d14b55497514a6943597ce10f3e1d96658f9efc2ea8c48874136650b58f7411

美しいブナ林に囲まれ、静けさに満ちたロケーション。また、近年リニューアルしていて、乳頭温泉郷のなかでも近代的な施設になっています。

休暇村 乳頭温泉郷 
住所:秋田県仙北市田沢湖駒ケ岳2-1
TEL:0187-46-2244

いずれも歴史あり、見所あり、巡り甲斐あり。

…ちなみに、各施設のフロントには七つの名湯をお得に利用できる「湯めぐり帖」(1,800円)もあるので、購入して全温泉を楽しんでみては?

8f858f76ca57e11abfa4cf942ad719d0a44a2537
湯めぐり帖(1,800円)
Licensed material used with permission by 乳頭温泉組合, Natural Beauty AKITA -絶景温泉-
秋田県内にある人気の紅葉スポットを紹介。十和田湖、田沢湖、出羽富士とも言われる鳥海山など、雄大な自然の中にある紅葉スポットが満載。さらに乳頭温泉郷にある紅...
下呂温泉といえば、草津温泉、有馬温泉と並び称される日本三名泉の一つ。美容にいいお湯がでることから「美人の湯」と言われています。しかし、実は男性のみなさんに...
温泉を紹介する動画と言えば、ちょうどいい感じの美人が、ちょうどいい感じの色気で、ちょうどいい感じに腕とかにお湯をかけておけばいいと思っていたけど、そうでも...
200以上の温泉を有する温泉天国、「群馬県」。温泉玄人の県民曰く「温泉は泉質で選ぶ」とのこと。ここでは草津温泉、伊香保温泉、水上温泉、四万温泉など、群馬県...
日本三名泉のひとつでもある群馬県の草津温泉。 おやつを食べながら散策したり、伝統の湯もみショーを見学したり、昔ながらの入浴方法を体験したり…。 ちいさな温...
シュワシュワ〜っ。まるでラムネの中に全身を浸けているような気分の温泉があるらしいのです。その名もずばり「ラムネ温泉館」。さすがに甘くはない(笑)ようですが...
東京都内では珍しい、源泉掛け流しの温泉。実は板橋にあるって知っていましたか?しかもココ、内装もめちゃくちゃ素敵なんです!
どちらも再生回数が伸びた動画なので、すでに見たことがある人も多いかもしれない。「シンフロ」「湯〜園地」ともに、いわゆる地方創生系のPR動画としては、異例の...
道後温泉といえば、『日本書紀』にも登場する日本最古の温泉。 夏目漱石の小説『坊っちゃん』にも描かれるなど、愛媛県を代表する観光地として知られている。そんな...
(前編)では、シンフロの音ができあがるまでの舞台裏や、地方との取り組み、地元にも愛されるPRコンテンツについて話してくれた、クリエイターの清川進也さん。後...
日本最古の温泉である道後温泉と蜷川実花氏のコラボレーション企画「蜷川実花×道後温泉 道後アート2015」。グランドオープンから約2ヶ月が経過した現在、In...
「湯道」とは、放送作家・小山薫堂氏が唱える究極の「湯」の作法、様式、芸道のこと。曰く、「華道や茶道に決められた美しい手順、所作があるように、湯道にも湯、自...
酸っぱくて、ピリ辛な中華料理の代表的スープといえば、ご存知「酸辣湯(サンラータン)」。これをきちんとレシピどおりに作ろうとなると、やれお酢は黒酢がベターだ...
クリスマスに温泉ってムードない!そう思う人のほうが多いからこそ、あまり候補にあがらないのだ。でも逆に言えば、年末年始にかけて室料がぐんと上がり、家族連れで...
大分県は、全国一の源泉数と湧出量を誇る別府温泉をはじめ、「行ってみたい温泉」で常に上位にランクインする由布院温泉など魅力的な温泉がそろっています。趣ある町...
世界第5位のエネルギー消費国でありながら、原子力を除いたエネルギー自給率はたったの5%という日本。しかし、まだまだ活用されていない資源があるのを知っていま...
アラスカに接するカナダ北西部のユーコン。ここに100年以上続く天然温泉(Takhini Hot Spring)がある。ミネラル分が豊富な42℃の源泉がこん...
家庭で作ったうどんやサラダをより美味しくーー。そんなときに活躍するのが温泉卵。でも、いざ作ろうとすると、意外と面倒で時間がかかるものですよね。ただし、@T...
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...
新潟コシヒカリと言えば、誰もが認めるお米のトップブランド。じつはそんなコシヒカリを、もっとおいしく食べる方法があるんです。「にいがた朝ごはんプロジェクト」...