どれだけ仕事が辛くても、ついていきたいと思える上司の特徴9つ。

誰でも「デキる上司」に、1度は憧れるもの。「自分もいつかああなりたい」と尊敬できるし、多くのことを吸収して自分の成長にも繋げられるから。

ただ、社会人になって数年、ないしは同じ会社でしか働いた経験がない人であれば、どのような上司が本当にデキる人かを見分けるのは、なかなか難しいと思う。

そこで、あなたに“見極める目”を与えてくれる「Inc.」の記事を紹介。人気ライターのJeff Haden氏が、向上心が高いあなたの心を掴むような上司の特徴をまとめている。

01.
ミスに隠れた「理由」を探る

54335db867881623cdba477924229690080e6bb4

部下が時々過ちを犯すことはある。例えば、プロジェクトを許可なく勝手に進めたり。自分のことだけを考えて、行動に出る部下もいると思う。

そんな時、部下に対して「耳を傾けないヤツだ」と思いがちだが、彼らがとった行動の裏には必ず理由がある。追い詰められていると感じたり、タスクのコントロールができなかったり、どうにかして仕事に意義を見出そうとしていたり。

デキる上司は、そこで見えない問題を探ろうとする。解決できれば、後々部下の成長へと繋がることを知っているからだ。

02.
間違いを許して「忘れる」

大きな過ちを犯した時の記憶は鮮明に残っているもの。でも、過ちや弱点と言っても、結局その人のほんの一部にしかすぎないのだ。

デキる上司は一歩下がり、ミスを一旦置いて、その人自身のことを考えることができる。ずっと覚えているような事もしない。なぜなら、そのような目で1度見てしまうと、一生同じように見てしまうものだから。(部下もそのことに気付く)

許してあげるのも優しさだが、忘れてあげるのは更なる優しさなのだ。

03.
個人の成長に結びつけて
やる気を出させる

6a36973e4268a971fd469353081e9f9561c21fbe

デキる上司は、会社の目標を達成するため部下にやる気を与える人であり、タスクをこなすことは会社だけではなく、自分たちにも価値があるものだと教えてくれる。結局のところ、人は自分の為に仕事をする方がやる気を感じるのだ。

成長するにしても、活躍できるチャンスを与えられるにしても、会社の為に何かをやる部下より自分自身の為と思ってやる部下の方がパフォーマンスは高い。その方が楽しむこともできる。最高の上司は、仕事だけではなく個人の成長も見ているものだ。

04.
自分にメリットがなくても
サポートする

クライアントを怒らせたり、サプライヤーに騙されたと感じさせてしまう。同僚をイラつかせる。理由は何であれ、デキる上司は部下に寄り添おうとする。でなければ、部下の信頼度が下がったり、威厳を損ねてしまうとわかっているから。

後になって上司はよく部下に、「代わりに対応したけど…」と言うが、本当にデキる上司は後から何も言わない。例え自分が悪く見えても、部下をサポートするのは普通のことだから。

05.
場合によっては決定権を与える

E545c6b8ff3782c588fbc051150dfa72d5978ee1

決断を下さなくてはならない事がある時、いつも上司が動く必要はない。問題に1番深く関わっている人が下すべきだ。

良い判断力は良い上司の条件。デキる上司の場合、

この件に関する決断を下すのは、自分以外なら誰が最適か──

という考えができる。責任を取りたくないからではなく、その判断は自分がする必要がないものだと判断できるからこそだ。

06.
「権力」を乱用しない

指導権を握りたいがため上司になりたがる人もいるが、本当にデキる人は権力を気にしない。だからこそ、部下に自分の権力を行使して何かしようなどと思わない。そんなことより「頼れる上司」と見られた方が良いからだ。

07.
成長のチャンスを奪わない

2b948ec16a8ff022bb157bf3f81ce3a101862dfd

何かに気付き学べる瞬間を、上司が「教える」瞬間に変えてしまうことがある。前者の方が、人は忘れないものだ。

デキる上司は、怒ったり指図したりしない。何がどうなったか、どうしたら良いか、一緒に考える。叱るように伝えるのではなく、解決法を編み出す。

そもそも怒る必要がない部下もいるが、失敗する部下だって、何がいけなかったか自分が一番理解しているはず。だからこそ、何も言わず見守ることの方が、彼らにとって1番な時もあるのだ。

08.
部下の可能性を見つけて
気付くように促す

以前、製造業で働いていた時、生産管理事務所の引っ越しを手伝いに行かされたことがあった。それが結果的に、生産の流れについて見聞きする機会となったのだ。

興味深い話を知れて、後々上司に生産者としてのトレーニングを受けることはできるのか聞いたほどだった。その2日間がキッカケで、長きに渡り興味を持つこととなった。

その後、上司は「君ならあの現場に感心を持つと思ったよ」と私に言った。優秀な上司は、部下の可能性を見つけて、彼らが自分で気付けるように促せるのだ。

09.
「どうすれば良くなるか」
日々、試行錯誤する

0ef5034c6f2768396b4d5850a5e697f9ebecf14f

リーダーシップは不安の塊だ。何かある度、心配はつきものだから。

デキる上司は「もう少し良く、早く、賢くできただろうな」と、考えながら家路につく。「部下から信頼を得る為に、もっとできることはあったはず」という思いも頭を過ぎらせながら。

周りに見せないが、毎朝出勤すると「今日は昨日より頑張ろう」と自分に言い聞かせて仕事に取り掛かっているのだ。

Licensed material used with permission by Jeff Haden
社会人になって数年過ぎると、様々なタイプの上司と仕事をする機会を通して、その影響力の大きさを思い知る。尊敬できて、周りを引っ張ってくれるような人が上にいる...
統計によると理想の上司がいる人は3割程度だそうです。これを多いと思うか少ないと思うかは、理想の上司が周りにいるかいないかによって変わってくると思います。人...
いい上司と悪い上司。両者の違いはどこから来るのでしょう?ここでは、いわゆる“ダメな上司”の特徴を紹介。とくに03.は、ちょっとしたことですが、当てはまる人...
記憶に残るような上司はみな、いくつかの資質を持っているものです。そしてその資質は紙上には表せるものではなく、本当に必要なときに心の中にあらわれるのもの。「...
インターン生を指揮するにしても、ビジネスをするにしても、あなたの部下が仕事をうまくこなせるかどうか、あるいは、あなた自身の身を守れるかどうか。それは「リー...
もしも、今の上司に不満があるのなら、それはチャンスなのかもしれません。相手がどんなにやり手のビジネスマンだったとしても、何もかもが完璧な人間なんて、見たこ...
「上司がこういう言い方をしてくれたら」「部下がこんなふうに行動してくれたら」。働いていると、目の前の人に変わってほしいと思う場面に何度か出くわすことがある...
どうせ働くなら「あの人のために働きたい」「一緒に働きたい」と思われたいもの。でも実際、慕われる上司とそうではない上司の違いって何だろう?「inc.com」...
すべての社会人必見の記事が「Inc.com」にまとめられていました。現在、部下を抱えている人も、将来的に部下を持つことになる人も、目を通しておいて損はない...
コミュニケーションは「やるといい」ものではなく、「やるべき仕事」のひとつです。いかに漏れなく、効果的に、能率的に行うかを考える必要があります。そして、それ...
「上司は選べない」「職場環境は上司しだい」なんて言われることもありますが、自分がいざ「上司」と呼ばれる立場になってみると、自分が本当に理想と言える存在なの...
仕事をするうえで、上司から「デキる人」と思われることには、大きな意味がありますよね。社会人2〜3年目の“伸び悩み”を感じ出した人に届けたいこの記事。「お前...
2014年にアメリカで行われた調査によれば、2020年までにミレニアル世代(1980年前後から2005年ごろにかけて生まれた世代)が労働人口の40%を占め...
自分で考えてくれない部下、年上の部下、怖い鬼軍曹上司など、プレイングマネジャーが相手にしなければならない相手は様々です。自著『プレイングマネジャーの教科書...
最近は働きやすい環境を整えた会社がメディアで取り上げられることも多くなってきましたが、大半は“そうではない”のが現実。そして、そんな会社に就職した優秀な人...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp明治安田生命が2月22日に発表した「理想の上司」アン...
なんとかして、上司の期待を超える結果を達成したいと願っているビジネスパーソンの皆さんに向けて、その具体的な方法を7つに厳選してご紹介していきます。正しい方...
上司の人格次第で、ガラリと変わる職場環境。リーダーシップ論に造詣が深いMarcel Schwantesさんが「Inc.」でまとめているのは、「好かれる上司...
優秀な人材が去ってしまうことは、企業にとっては痛手。そうなる前に、マネージャーは彼らの考えをしっかりと理解する必要があります。そこで役立つのが「Talen...
 できる社員を育てあげるには、何よりも上司のコミュニケーション能力が重要。これはコラムニストMarcel Schwantesの意見。優秀な部下の質を見極め...