アフリカから届く、エシカルでやさしい「あかり」。

11月からAmazonで発売開始になったこのランプ。ヨーロッパを中心に絶大な支持を得ているフェアトレード商品なんです。どこか懐かしくやさしいあかり。それが「ソネングラス」の持ち味。

日中は光を集めて
夜は柔らかく発光する

A85863a3506fa71ab3a5b585f407713b317f6d65688fbb2a50b137b6e2641421e30ebf80d000bfa2

ソネングラスの作りは至ってシンプル。昔ながらの広口の瓶のフタにソーラーパネルが4つ備え付けてあり、日中は光を集め、夜はオリジナルの磁性スイッチを押すと最大12時間光を発します。

南アフリカ産のハンドメイド

947c6afcb1b6c333e819c2e72bd50e98d7c4ee8b

ソネングラスが作られたきっかけは、電気の供給が不安定な南アフリカの人たちの存在でした。現地では、安全面や環境面で害のあるケロシンランプやろうそくの利用が一般的で、火事や健康被害が多発していたようです。

そんな環境を少しでも改善したい、とデザインされたこのランプ。今でも南アフリカ共和国のヨハネスブルグで生産され、約70人の男女の雇用を生み出しています。ひとつひとつハンドメイドで丁寧に作られていることで、高いクオリティと耐久性も維持されているようですよ。 

Fb121dfd67cfa253b6c7b5259651bb631b0d80fdDf1ebfa21f10e7b4b9460fab4ebc522c71a02352

実用的で丈夫な光源、しかもウォータープルーフ。だからアウトドアや防災グッズにも最適。ビンの中身を自分好みにデザインできるアート性も、遊び心があってGOOD。

3b15b0ad0b0b3f1349ca84933046289e0f45dc886d2b029d172bccb10b04a623e2171952b8f775ab

実用性ありながら、どこかのんびりしていて、日常感のあるボトル型ランプ。そして、エシカル。だからこそ、ヨーロッパで200万個も売り上げているほど人気を博したのかもしれませんね。そうそう、ドイツAmazonの照明部門では、No.1を記録したようですよ。

大切な人へのギフトにもぴったりですね。

Licensed material used with permission by SONNENGLAS
「アフリカ」と「着物」。一瞬考えただけではとても合いそうには思えない組み合わせですが、なるほど、見れば納得。ただ奇抜なだけではなく、アフリカの伝統的な柄と...
ムクロジという木の実の外皮(殻)を乾かし水につけると、プクプク石鹸のように泡が立つ。この特性を利用した天然の洗濯用洗剤が、オランダやベルギーを中心にエシカ...
重力に逆らい、バランスを保ったように見えるテーブルランプ。普通に考えるとあり得ない光景が、見ているこちらに不思議な感覚を呼び起こします。って、これを見て、...
月明かりで生活できたなら…、そんなロマンチックな夢を実現したムーンライトがあります。このおぼろげな明かりをまずはその目で確かめて。夜空の月明かりをそのまま...
スピルリナとは、藍藻の一種。大豆より豊富なタンパク、およそ30種以上のミネラルなど、人間にとって必要な栄養素がぎっしり。スーパーフードとしても注目を集め、...
物思いにふけりたいとき、ふと夜空に浮かぶ月を見上げることがあります。その明かりがロマンチックなだけでなく、こちらの悩みを吹き飛ばして安心感を与えてくれる気...
教育は、未来をつくります。貧困のなかに生まれた子どもが教育を受けられないと、貧しさが代々受け継がれる「貧困の悪循環」に入ってしまいます。適切な教育を受ける...
アフリカ・ケニアの自然保護区に、「Googleストリートビュー」が新たに加わりました。ただ、赤土の道をガイドしている訳ではありません。今回のプロジェクト、...
だんだん秋めいてきましたね。もうちょっと寒くなってきたら、ホクホクの焼き芋が美味しい季節。スイートポテトや大学芋を思い浮かべると…あ〜お腹が空いてくる。と...
必ずしもそれだけが「おしゃれな部屋」の定義ではないんだけど、間接照明と観葉植物のセレクトには、なぜだかこだわりが抜けない。本当ならば陽の光をいっぱいに浴び...
ロンドンに対する印象は「東京の少し先にある街」。2002年から2005年までロンドンに住んでいたのですが、その時に「ああ、これが日本にもあったらいいなあ」...
数多くの候補者のなかから、特別に優秀な人材だけがそのチャンスを掴むことのできる職業、それが宇宙飛行士。地球を遥か離れた宇宙に飛び立つのは、人類の中でもほん...
2015年10月5日、Facebook社のマーク・ザッカーバーグCEOは「全世界を繋ぐ」との言葉と共に人工衛星「AMOS-6」の打ち上げをアナウンスした。...
おしりをバシッ!と叩くと明かりが灯る。そんな、ちょっと不思議なランプをご紹介。一体どこに設置する照明なのか気になるところですが、ホームページによればこの証...
「Light Ball」とネーミングされたランプ。遊び心が溢れたスタイルは、「ナイッシュー」という歓声が聞こえてきそう。こちらを手がけたのは、ウクライナを...
お値段199ドル、日本円にしておよそ2万2,000円。あえて価格から紹介するのも、この手の海外モノの照明にしては、かなりコストパフォーマンスが高い方だと思...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア現役慶應大学院生モデルであり、エシカル・ファッションの情報発信、途上国支援...
2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。App Storeのランキングで1位になっ...
Be inspired!東京・NY・ストックホルムを拠点に2015年1月に創設。「社会問題を解決する“遊び心のあるアイデア”」を提供しています。また、世界...
部屋全体をパッと明るくする大きな室内灯に、一部をぼんやりと照らす間接照明などなど、複数のランプを使っている人も多いかもしれません。が、両方使い分けるのって...