性犯罪。「どうして被害者を責めるの?」

数々の女優が被害を受けたと名乗り出て大きな騒動となっている、米映画プロデューサー、ハーベイ・ワインスタインのセクハラや性的暴行疑惑。アンジェリーナ・ジョリーやグウィネス・パルトローも被害を受けたことがあると名乗り出ている。

ビッグネームの2人が声をあげたことで、言うまでもなくさらに波紋が広がったのだが、このニュースを報じた「The New York Times」の記事に寄せられたあるコメントが、同じく話題を呼んでいる。

問題の本質を訴えるコメント

「被害女性を批判するたくさんのコメントを見て、がっかりしています。そのような人は、これまでのキャリアで同じような状況に出くわさなかったことを、むしろラッキーと思うべきです」

 

「被害にあった女性は、自尊心を傷つけられて恥ずかしい思いをさせられただけではありません。もし打ち明けていたら、彼女は解雇されていたかもしれませんし、“感傷的すぎる人”と見られていたかもしれません。ジョリーもパルトローも彼を受け入れませんでしたが、もし彼女たちが打ち明けていたらどうなっていたか想像してみてください。メディアに責められていたことでしょう!『なんてことだろう。汚くて年老いた男に誘われたなんて。彼を拒否して前へ進んだはずなのに、何で騒いでいるの?』と」

 

「Brad Pittは両方と付き合ったことがあるに、世間に対して声をあげていません。なぜこれについては見過ごされるのでしょう。男性の行動を女性が監視する必要などありません。私達は服従を強いられる世界で、できる限りのことを既にしているのですから」

 「問題の本質」を考えさせ
二次被害の阻止にも

C87f3f5c72e6337c0317e348299468e21a9a73e8

前述の読者からのコメント、捉え方は個人によって違うと思う。しかし、この考えは女性が受ける性犯罪を根本的に防ぐことに、少なからず繋がるのではないかと思う。

残念なことに「性的な嫌がらせを受けた」と訴える女性に対し、「夜遅くに歩いていたからじゃないか」とか「男性が勘違いするような事を言ったんじゃないか」など、根拠のない否定や非難がしばしば聞こえることがある。

これは二次被害と呼ばれ、発言した本人は助言や意見を述べているだけという無意識の場合もある。でも、その無意識が被害者を傷つけることにもなるのだ。

女という性をうけて生まれただけで、窮屈に生きなければいけないのだろうか?そうではないだろう。

「子ども時代、10代、大人になっても、そして52歳の今でも、私の人生には時々“ハーベイ・ワインスタイン”が現れる」

「『どのようにして女性は自分達を守るべきか』ではなく『どのようにしたら女性を傷つけない男性を育てることができるか』について話す必要がある」

この2つの意見は、先ほど紹介したコメントに寄せられたもの。現代社会にも深く根を張っているこの問題。まだまだ焦点を当て、解決していく必要がありそうだ。

これ以上、被害者を増やさないために。

ハリウッドの大物プロデューサーが、長期に渡り女優に性的な嫌がらせをしていたニュースが連日報道され、女性に対するセクハラや性暴力の問題が今再び議論されている...
女性に対する性的犯罪があとを絶たず、大きな社会問題となっているインド。政治家の「夜中にで歩かなければ被害にも遭わない」という発言に対し、反発が集まり、SN...
「101-North」発表の動画はウエディングケーキのつまみ食いに性犯罪を例えたもの。「こんなに美味しそうに置くのが悪い。誘ってる!」こんな理論、つまみ食...
アメリカでは98秒に1人の女性が、性的暴行の被害に遭っているそう。日本でも女性の性暴力被害に関する法改正が行われたりなど、国にかかわらず大きな社会問題とな...
セクハラ被害で辛いのは、加害者からの心ない嫌がらせであることは言うまでもない。しかし、それだけではない悲しい現実がある。声をあげたところで、周囲から受け入...
生産性を高めるために早起きして仕事したことがある人は多いと思う。それを継続できたかどうかはさておき。もともと、早起きが得意な人であればいい。ではそうでない...
イギリスNSPCC(英国児童虐待防止協会)が手がける性犯罪予防アニメは、とにかく明るい。日本でこの手のシリアスなテーマを扱うとしたら、間違いなくこうはなら...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
リーダーとして活躍している人に備わっている要素、それはカリスマ性。しかし、ひとえにカリスマ性と言っても、どういう特徴なのでしょうか?ここでは、その一部の例...
7月8日に開催された欧州最大のLGBTのパレードとも言われるロンドン・プライド・パレード。7月20日に行われた組織調査によると、マイノリティ人種のLGBT...
大手企業のコーポレート・ロゴをアレンジして喧嘩道具にしたのは、NYを拠点に活躍するインターネットアーティスト・デジタルクリエイターのTom Galle。ど...
だれにもわからない些細な変化に気づけるーーそんな印象から、よく芸術家になりやすいタイプと認識されますよね。たしかに、言葉にできない曖昧なことを上手にカタチ...
あなたはロジカルな人間ですか?「Big Think」では、政治学の教授であるSteven V. Mazie氏があなたの論理性と合理性を調べるクイズを書いて...
忙しいだけの人なら、たくさんいます。本当に大変なのは「生産的であること」。考えてみてください。生産性の高い人はテキパキと仕事をこなし、To-doリストを消...
職場における生産性の向上は、社会人にとって大きな課題のひとつ。「気づけばもう夕方なのに、まったく仕事が終わっていない…」と途方に暮れるような日もあるのでは...
感受性が強い人は、人よりもいろいろなことに感づいてしまうことで、よいこともある反面、そうでないこともあるようです。ここでは、感受性が強い人が持つ特徴につい...
過労は生産性も落ち、ミスも増える上に健康にもわるいというのはよく耳にする話。労働時間を増やしたからって生産性が上がるわけではないという話自体、200年も前...
つねに心配事がいっぱいで、なかなか落ち着けないのがもはやクセになっているあなた。ガラリと「落ち着きのある人」に転身するよりも、あなたと同じように心配性な人...
感受性が高い人は、周囲の環境に影響されやすい面があるも、その分人の気持ちを理解できたり誠実な面もあると、ライターのAmy Morinさんは述べています。長...
東京大学・東洋文化研究所の教授である安冨歩さん。大学卒業後は住友銀行に就職し、2年半ほど勤めていたと言います。そこでは、優秀なはずの人々が、嫌々ながら、身...