90人が悲しい「死を迎えた場所」を見て、人は何を感じるのか。

1989年11月17日にある悲しい事故が起きました。ユーゴスラビアの鉱山内での火事で、一酸化炭素中毒をおこし、90名の鉱山労働者が命を落としました。

その後、現場はすぐに閉鎖され、約28年経った今でも鉱員たちの“生きていた証”がそのままに残されているのです。Aleksandra Kosticは、彼らに畏敬の念を抱きながら鉱山跡を撮影しました。

ただ、静かに眠っていた遺品

9bfa3d8269b24cad4a56a5cf745edc7137ef032e1b0702d5f89e7cabe353c90b940691261d2b26cdA082f9428e8222d6eef8d6af16e56c3fdb3a58c0Ef171b4fa9b3bcc22e341d35c057c938f6d1f38d

鉱山には、ヘルメット、作業着、メガネなど鉱員たちが当時使用していたと思われるモノが多く残されていたそうです。それに、時代を感じさせる家具やチトー大統領の写真までも。

手付かずの状態で長い年月そのままにされていた事故現場を目の当たりにしたAleksandraは、1986年にウクライナ(旧ソビエト連邦)で起きたチェルノブイリ原子力発電所事故を思い出しました。まるで事故後に、「ゴーストタウン」と呼ばれるようになったプリピャチの街のようだったと彼は言います。

Ca0b7853b2b303667b52e4f94c6709a40a3af767

「閉ざされた場所で、何が起こったのか忘れないで欲しい」

Aleksandraは人々を当時のユーゴスラビアへ誘いたいという思いを込めて、一つひとつの場所をカメラに写しています。

E109277a11495c994d14217933bd462f7a36106aDe6824771cbef963878621b81c57601440a12c95333b379f2a8b980e7b0769bb40a29dcd8a98a3557b4289be74b2ba20083a3e2d205904fc8e236e4dAc45b067d8b89b51104fac1827cab9aca8c66e1a1e20297307ca187e56653753b0e6ef0c1c6de07328a45cb121a4feb8cca1cb29c29d7458374439ae47dfba30ca221bf6e41c56771193d834e9f1fba9Ae16c563ed2002d35bc457605fbfeefec50463ccB8c632b89db935bfc5f063c6dc0320b7dc331d7b36f681b193917eaaa20ecc8e0186853d67d1e0f0

ゴーストタウンと化した場所。この場所を美しいと感じる人もいれば、不気味と思う人もいるはず。心に抱くものは人それぞれだと思うのですが、一言で終わらせてはいけないような気が私はしています。Aleksandraの写真を見て感じたことを、決して忘れないように。

Licensed material used with permission by Aleksandra Kostic
どんな人でも、「死」から逃れることだけはできません。一般的には「静かに、穏やかに、眠るように死にたい」という人が多いようですが、実際のところ、人はどのよう...
撮影したArkadiusz Podniesinskiさんは、自身のwebサイトでこう語っています。「7年前にチェルノブイリを訪れた時には、同じような災害が...
ニューヨークやロンドンの街角で、道路標識に一台の白い自転車が括りつけられているのを見たことがあるだろうか?いつも同じ場所に固定され、薄汚れた姿は、一見する...
誰にだって、生きていればどうしようもなく落ち込む瞬間が訪れます。そのなかでも最もつらい経験のひとつが「身内の死」かも知れません。ここで紹介するのは、大学時...
愛する人の死に直面したとき、その事実を受け入れることは本当に難しいものです。亡くなった後でも、大切な人とはどこかで繋がっていたい。その一念が、無意識のうち...
現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしま...
家族の一員でもある、大切なペット。しかしどんなに愛していても、人間とは違う時を生きている彼らとは、いずれお別れのときが来てしまうものです。Mark Woo...
「死がもたらすのは、終わりだけじゃない」。写真から、そんな言葉が聞こえてくるような気がします。これは、蜷川実花さんが昨年の春、父・幸雄の死に向き合う日々を...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
「赤ちゃんポスト」に「ゆりかごプロジェクト」。赤ちゃんの虐待死を防ぐため、これまで多くの施策が打たれてきました。しかし、今でも2週間に1人、生まれたばかり...
ラブラドール・レトリバーは、数多い犬種の中でも知能が高い犬。人間が思っている以上に表情や言葉から状況を理解し、心にそっと寄りそってくれます。アメリカ・アイ...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
もし僕が話せたら。君に伝えたいんだ。助けてくれて、ありがとう。愛してくれて、ありがとう。一緒に過ごした日々は全部、覚えているよ。そんなフレーズからはじまる...
人は、いよいよ「自分の死」を覚悟したとき、一体どんなことに後悔をするのでしょうか?人生の終わりは、誰にでもやってくること。「becomingminimal...
「The Community Against Preventable Injuries」は、事故や事件、怪我を未然に防ぐために、時にユニークな方法で注意を...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
人が、死を前にして本気で後悔することとは? そのときの言葉をまとめた本が『The Top Five Regrets of The Dying』です。ある看...
ダークツーリズムの筆頭であるチェルノブイリ。しかし、私たち日本人がこの場所を訪れるには、ややハードルが高い印象がある。それならば、この『Chernobyl...
もし、世の中から水がなくなったら?ほとんどの人はそんなこと考えたことないですよね。蛇口をひねれば水が出る、それが日本のスタンダードですから。でも、当然なが...
2016年3月、インターネットを通じて世界中を賑わせたこちらの写真。一体何人の女の子が写っていると思いますか?改めて見てみましょう。左から順番に見ていくと...