幸せを与えてくれる相手だからって、長く続くとは限らないワケ

いつでも優しくて、何でもしてくれる“マメ”な彼って本当に最高!今付き合っている人、もしくは好きな人にそう感じているのなら、ちょっと考えた方がいいのかもしれない。

プロのタロット占い師であるCaitlyn Luce Christensenが「Elite Daily」に書いたのは、見逃してしまいがちな運命の相手の見極め方。最後まで読むと、幸せを与えてくれるからって、自分と長く付き合うのにふさわしいとは限らないことがわかる。

特に、「02.」には目から鱗な意見が。

C740cf51a33d9c8ddc0599d4b03211e7d8771b34

「完璧さ」を求めるあまり、本当に一緒にいたい人が誰なのかを見失ってしまうことはよくあることです。パートナーに何を求めるものは、単純にあなたと一緒にいたいという恋人を見つけるよりもはるかに難しいこと。

もちろん、長続きする関係を築けるかどうかはお互いの問題。誰かが自分との時間を求めても、あなたがその相手と一緒にいたいとは限りませんよね。その逆もまた同じ。それに、良きパートナーとは、共に前に進むことができる人でなければいけないのです。特別な人ができた途端に、自分を変える必要なんてありません。

あなたの進んでいる道と、同じ方向に向かって進んでくれる。一緒に成長できる相手を見つけることが大切です。でも、ずっといい関係を築くには、努力の必要があります。どんなに最高のカップルでも、注意深く進んで行かないと付き合いは長くないかもしれません。お互いに成長しながら慎重に大切に進めば、2人の関係はこの先何年も続くはず。

お互いがそれぞれ満足して過ごすために、必要な距離を保つのです。息苦しくて窒息しないように、長年暮らしていくためにはとても大切なこと。完璧なパートナーを探している時に忘れてはいけないのは、相手が「柔軟」であることが大事。ガチガチにかたまった関係は、簡単に砕けてしまうからです。

ここに挙げる5つの条件を参考にしてみてください。

01.
宝石よりも価値のある
「サプライズ」ができる人

45b88c52c5c92736f21684da968c2d332f5f2aff

高価な贈り物や内緒で旅行を企画してくれる相手が良いとは限りません。一応伝えておくと、約束した時間にその場所に現れないなんて、驚かせ方はもってのほか。

でも、長続きする関係を築くのは、「驚き」を与えてくれる人と一緒にいることがカギとなります。その人の持つ知識と配慮、ユーモアなど。ここでのサプライズは、自分も相手も成長させること。パートナーの刺激になるかが大切なのです。

02.
「自分の道」を
歩ませてくれる人

Cc8d903adb2a5c9b91c997e7777998b92aa1e22c

長く続けたいなら、あなたの手助けをして満たしてしまう相手ではダメ。なぜかというと、本当の意味で自分の生き方に満足するには、“自分のチカラ”で努力しないと手に入らないからです。パートナーといえど、他の人間には決してできないなこと。

あなたにとっての弱点が相手の美点であり、あなたにとっての美点が相手の弱点である人が「運命の相手」だと思います。もしかしたら、いつでも思い巡らせる知的なタイプかもしれませんよ。自分の足でしっかりと歩ませてくれる相手が必要なのです。キャリアを積みたいなら、毎日に楽しみを与えてくれ、安定をもたらしてくれる人を探しましょう。

パートナーにふさわしいと思った相手と出会った時のアドバイスをすると。自分の長所や短所、どんな風に自分が相手の人生を豊かにすることができるのかを、まずはじっくり考えるようにしてください。

03.
「心の変化」を正直に
打ち明けられる人

5c76fd47cae863d3d3efcf1939b5c1bbe576ece9

束縛したいという願望は、関係を壊す大きなキッカケになり得ます。なぜかと言うと、根本的にお互いを信用していないという事だからです。

「運命の相手」を信頼していたとしても、気持ちが変わることはあります。でも、そんな心の変化も、正直に言えるような相手を選ぶようにしましょう。そして、あなたも同じく信頼して、パートナーの気持ちを受け入れるようにすること。

04.
あらゆる「幸せ」を
応援してくれる人

B7c0fb422fd64953071fd007dfff85f20307ebf4

「一緒にいたい」と思うあなたの気持ちを大切にして、支えてくれる人はもちろん大切。だって、パートナーの気持ちを大事にしない人となんて、誰も付き合いたくないですよね。

あなたの喜びや幸せの一部にはなっているものの、それが全て「自分のおかげではない」と、きっちり理解している人を選ぶべきです。「運命の相手」だったら、2人の目標ではなく、個人の目標達成への道を整えてくれるでしょう。

自分がパートナーの唯一の楽しみになることないと、ちゃんとわかってくれるはず。それに、あらゆる場所で楽しみを発見できるように心から応援してくれるもの。

05.
あなたが歳を重ねても
「成長」として楽しめる人

50bc6437a00cf7de76a3e3fd928d8f93fd7bc573

成長していくと、予測していなかったタイミングで変わってしまう関係は多くあります。出会った頃とは違ってしまい、お互いの事が分からないと感じてしまうこともあるのです。

だからこそ、「運命の相手」かどうか判断する時、「人間は歳を重ねるごとに変わる」ということを理解している人かどうかに注目してください。あなたがどんな風に成長していくかを、側で見守る相手であり、共に成長し続けたいと思っている人が良いでしょう。

2人で一緒にどう進んでいくのかを、楽しめる相手を見つけることです。

Licensed material used with permission by Elite Daily
2人では解決できない大きな問題があって、長年付き合っていた恋人と別れた。だけど、その人が過去に与えてくれた安心感や楽しかった思い出が心に残っていて、すぐに...
ただ愛してくれるのは当たり前。でも、それだけでは、だんだん関係がマンネリ化してきてしまって、なんだか物足りないと感じてしまう。そんなあなたに「Elite ...
運命の人との出会いは、美しくとても神秘的なものです。その人のすべてがあなたを夢中にさせ、「今までの恋愛は間違いだったかも!」と気付かせてくれるでしょう。で...
好きであればあるほど愛情を表現するのってなかなか難しい。恋に落ちたばかりの時は恥ずかしくて言えないし、長年付き合っていると伝えなくてもわかるだろうって思う...
世の中にカップルは星の数ほどいますが、彼氏が大好きで本当に幸せな女性は、彼氏にどんなことをしてもらっているのでしょうか? 「こんな彼氏を作るぞ!」と決意す...
どんな女性と結婚すればいいのだろう?と悩んでいる男性に朗報。運命の女性に共通する8つの特徴が「Elite Daily」に掲載され大きな話題になりました。こ...
「World Life Style」より紹介する、ライターVicki Santillano氏この記事は、タイトルにもある通り、結婚を考えているふたりに是非...
近頃、「運命の人」について友人と話す機会が増えたという、女性ライターMia Nicholson氏。独身同士でたくさんの議論を重ねたのち、とあるルールを設け...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
あなたは、運命の相手を信じますか?「Elite Daily」の男性ライター、Anthony Petronzioさんの恋愛観がなかなか面白かったので紹介した...
みなさんは恋人を選ぶとき、どんな理想を持っていますか?たとえば、自分の話をきちんと聞いてくれる。浮気をしない。自立していてクリエイティブ。など、いろんな要...
素敵な王子様が迎えに来てくれて、その後ふたりはいつまでも幸せに暮らしましたとさ…。「運命の人」と聞くと、そんなイメージがあるかもしれません。でも、本当に運...
恋愛においての絆の深さは、一緒に過ごす「期間」ではなく、そもそもの「相性」にあるのかもしれません。2ヶ月ほどで今の旦那さんとの結婚を踏み切ったというライタ...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
落ち込んだときや嬉しいとき。誰かにその体験談を共有できてこそ、痛みが軽くなったり、喜びが倍増するもの。そうして人と触れ合い、互いに刺激し合いながら切磋琢磨...
誰もが夢見る“運命の人”との出会い。「Elite Daily」では、そんなロマンチックな考えを覆す、シビアな記事が掲載されていました。書いたのは、自身を「...
異国の地アメリカの、女性あるある。それは「え、私って彼女じゃなかったの!?」。毎週末デートをして、確かな時間も過ごして(そりゃあやることもやって)付き合っ...
よく海外の人から「狭い」と言われる日本の家。とくに同棲を始めたり、結婚したり、子供ができたりすると、気になってくるものです。Mansal Dentonさん...
多くの独身女性から支持を集める記事を「Elite Daily」から紹介。女性ライターZara Barrie氏が独身で30歳を迎える直前に、その素直な心境を...
Your TangoのライターJillian Kramer氏は、女性の幸せについて書かれた書籍『Choosing Me Before We』の著者、Chr...