実は日々の暮らしに紛れている「もっとも危険な仕事」

以下の動画は、「The Infographics Show」が、「もっとも危険な仕事」というタイトルで制作したもの。警察官やトラックの運転手などが含まれているのは、自分の想像の範囲内といっていい。

ただし、ここで抜粋した2つの職業にも、思いのほか「生命のリスク」があるという。私たちの社会は「他者の献身」によって成り立っているんだ、と改めて。

【農業】

Aa1cf542fde934bbf7128544562a9fd69f814dea

イギリスで最も危険な仕事といえば「農業」と言われている。2016年には167人が死亡。主に大型の工作機械が原因とされている。

また、アメリカにおいても最も危険な仕事の1つだという。10万人につき約27人が亡くなっているという数字が出ていて、年間約270人が命を落としているというのだ。

危険な職業とみなされる例として、以下のような事例も。

2016年、アメリカの農家の男性が、肥料として使うために積み上げられ固くなった糞の塊を崩した。すると、メタンや二酸化硫黄が含まれる霧が出てきて、男性はその影響で亡くなってしまったというのだ。

【ゴミ収集】

5d736eb4be6bfa15d8a2c02f1e7e2e6fcb5863a9

他にも、危ない仕事として「ゴミ収集」が挙げられている。アメリカでは年に27人、イギリスでも20人程度が死亡しているとのことだ。

それにしても、ゴミを集める仕事でどのように命を落としてしまうのだろうか。詳しく説明されてはいないものの、集めるゴミの種類によって危険を伴うことがあるということ。割れ物や発火性危険物など、細心の注意を払わないと怪我をしたり、最悪の事態になりかねない事もあるのでは、と想像できる。

Licensed material used with permission by The Infographics Show
時代が進むに連れて、必要とされなくなっていく職業がある。世界の歴史を紐解くと「こんな仕事が昔はあったんだ!」と驚くものがたくさんあった。ここでは、世界から...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
どんな仕事にだって、ストレスはつきもの。クライアントの無茶ぶりや、長時間労働、感情的なトラウマなどなど、多くの人がストレス解消法を持ってなんとかやり過ごし...
仕事がつまらない。そう感じたことのない人がいたら、きっとものすごく幸運。人間、どんなに好きな仕事でも時には思うことがあるものです。「飽きたかも」と。しかし...
子どもの頃なりたかった仕事や、見事な職人技を見て「やってみたい!」と思ったり、ある職業に就きたいと本気で思っているけれど、どうしたらいいかわからないーー。...
昔は、社会人になればすぐに、甘えの許されない状況に立たされざるを得なかった。それを行ううちに、社会を支える一人の大人としての自覚が生まれたものだ。ところが...
「猫の手も借りたい…」これは、小さい子どもを世話するお母さんなら、一度は口にする言葉。でもどうしてでしょうか?Esther Andersonさんが、娘のE...
仕事なんてもうできない…と嫌になってはかわいいネコちゃんの動画をクリックして時間を忘れているそこのあなた。なにも同僚や上司に隠れて閲覧する必要なんてないの...
ドアマンという職業を知っているだろうか。ホテルやレジデンスのドアをひたすら開け閉めする、あのお仕事。表舞台に出ることのない仕事人からこそ、彼らから学べる姿...
現代社会は価値観が多様化し、様々な考え方が認められている。言い換えれば、一般的な視点から見れば非常識と思えるようなこだわりを持っている人も多い。しかし、そ...
社会人経験が長ければドッシリ構えて対処できるような悩みも、新入社員となれば初めての経験ばかりで、逃げ出したくなることも多々あるでしょう。ここでは、経営コン...
いつかは好きなことを仕事にしたいけれど、自分の得意なことがわからない、そもそも好きなことで食べていけるわけがない、…と躊躇している方も多いのではないでしょ...
仕事をするうえで、上司から「デキる人」と思われることには、大きな意味がありますよね。社会人2〜3年目の“伸び悩み”を感じ出した人に届けたいこの記事。「お前...
あなたのまわりには仕事がはやく、上司や周囲の評価が高い人はいませんか?仕事がはやいことは、多くの業務をこなすうえで欠かせないことですので、仕事ができる人の...
西きょうじ/Nishi Kyouji東進ハイスクール英語講師。執筆参考書多数、なかでも『ポレポレ英文読解プロセス50』は20年以上”上位受験生のバイブル”...
「合法ハーブ」「お香」「アロマオイル」などと称して販売されている危険ドラッグ。合法と呼ばれているから安全、どれも法の規制が及ばない、一回だけなら大丈夫…。...
毎日「退屈な9時-17時」を過ごしていませんか?ここで紹介するのは、弱冠24歳にしてフリーランスコンサルタント&マーケッターとして活躍するレナ・エルキンス...
仕事がつまらない…。と、感じることはありませんか?私は長年同じ職場に勤めましたが「仕事に飽きた」ことはいちどもありませんでした。少しの気付きで、モチベーシ...
基本的に「信頼」とは、一発で獲得できるものではなく、日々コツコツと努力を繰り返し、いざというときに一気に効果をあらわすもの。そこで、ビジネスコーチ馬場啓介...
仕事が楽しくない、張り合いがない…という人は、会社の言いなりになっていませんか?それを防ぐには、自分の思考回路を繰り返しチェックする習慣が必要です。ここで...