「少年時代の自分」と思い出の旅に出かけたら、胸がいっぱいに…。

帰省すると必ずってワケじゃないんだけど、無性に「過去の自分」を見たくなる時がある。アルバムを開いて見ると、なんだか懐かしいと思える写真は極わずかで、記憶にない場面がほとんど。幸せそうな顔をした小さな子どもが、どんな気持ちで育ってきたのか覚えてないのはちょっとだけ切ない気がした。

現在20歳のConor Nickersonは、少年時代の自分と青年になった自分が一緒にうつる合成写真を作り出した。ただの個人的な挑戦だったのらしいのだけど、彼自身もびっくりするくらい感情が揺さぶられたのだった。

自分の人生に感謝できた
「思い出の旅行」

1f03673309db61223178c455b35e2dcd95cc7e05

最初は、この挑戦の最後はどんな感じなのかな?と言うあっさりした理由だったそう。でも、1〜6歳までの写真と、19歳の時の写真を組み合わせてみると、驚くほど様々な感情に溢れることに。

確かに一緒にうつるのは、過去のConorなのだけど今と全く違う人間でもある。今までどれくらいの時を乗り越えたのか……。思いを巡らせると、幸せな時間を過ごせていたことに気づいて、今までの人生に感謝の気持ちでいっぱいになったのだ。

7b80bd744d7ced68fa802524ac64ea4d5ebecaab1e74a37b51f9028b606a58330b46f61236041666C2440e5e31e5cb20411d2ce466ece07bd958bba812795b8f5087b5719b359d05db874e9949e70bdbEefee2a57035ab3b4076ba4302a9ae54c869616fB142661aca1fea49574230a58c4b4a73a127c56c1d458500a34c13265f6bf50f84a6a792d2478f067d5ea312ffe4972ac4c72f1b775bf780eb09577f17523b3c4f82682ed187b64526122d3b91b18c1dA1120261c218699800ccf0a9d22db6873c1418a5

“自分探しの旅”なんて言葉をよく聞くけれど、こんな旅をするのもたまには良いのかもしれない。

Licensed material used with permission by Conor Nickerson
二児のママであるドミニクさんは、2015年に仕事をやめてから、子どもたちと過ごす時間が増えたため、SNSやブログの更新をはじめました。ある日、彼女が次女の...
旅先から届く、一枚のポストカード。遥かな異国の地の情緒が感じられて、受け取るのも嬉しいもの。スマホで撮った写真にはない、ロマンチックな味わいがあります。そ...
イラストレーターのMinelli Pintoさんは旅行が大好き。旅先で写真を撮るのも趣味なんですが、自分が写るのは何だか恥ずかしい。だからいつも旅の写真は...
天真爛漫で、何にも縛られない自由奔放な子どもの姿を見ていると、自分のココロの底に眠っていた「童心」が蘇ります。「も〜、むちゃくちゃなんだから!」なんてツッ...
スマホに保存したり、財布の中にしまっていたり、自分にとっての大切な写真は常に持ち歩きたい。そうすることで、いつも大好きな人たちとの思い出にひたることができ...
旅の思い出を記録に残す方法は写真や動画が一般的。それ以外では、せいぜいスケッチといったところですよね?でも、ファッションデザイナーのTERESA LIM氏...
旅行の写真って、見返していますか? Instagramにアップしておくだけだったり、撮って満足して1回も見返さない、なんて人もいるかもしれません。旅先で感...
ガラス瓶の中にノスタルジックな風景が写し出された、Christoffer Relanderによる「JARRED&DISPLACED」というプロジェクト。幼...
認知症の一種である「アルツハイマー病」は、記憶や思考力が徐々に失われ、最終的には日常生活に必要な作業すら困難になっていく病気。私たちが忘れられない瞬間、忘...
内側がカラフルなプリントの傘は、すでに身の回りにたくさん。見かけたところで、まったくと言っていいほど驚きはありません。だけど、ここで取り上げる「PANOR...
ポーランドのフォトグラファーIzabela Urbaniakさんは、2児の母。2012年以来、夏になると、あるテーマに沿った子どもたちの写真を撮影し続けて...
まずはこちらの、シュールレアリスムの絵画のような、ファンタジックな世界を表現した写真をご覧ください。森の中に突如現れる部屋のような空間。ドアからはシマウマ...
加工しているのかわからない、リアルさを売りにした合成写真はたくさんあると思う。だけど、アメリカを拠点に活動するフォトグラファーStephen Mcmenn...
連続で撮影した写真を繋げ、動画を創りだすタイムラプス。これを、マタニティダイアリーのように思い出づくりに生かそうじゃないか!と、ラトビアで暮らすアルプス一...
ヴィンテージカメラを見るとワクワクする。所有していた人はレンズを通して何を見ていたんだろうとか、どんな写真を撮ってきたんだろうとか。想像しても決して答えは...
最近の「60歳」の人たちはとても若くてエネルギッシュだけど、こと電子機器に関して言えば、スマホを使いこなしていれば感度が高いほうで、パソコンの、しかも画像...
よく東京ドーム何個とか、たたみ何畳とかの例えをされたところで、イマイチぴんと来ることがない。でも、ここに登場する「比較シリーズ」はひと目でそのサイズ感が伝...
連休になると街中にあふれる旅行の広告。ついつい見てしまう素敵な写真と一緒に、目的地に向かいたくなる誘い文句が飛び交うのだけど「お金があれば行ってるよー!」...
思春期の少年には、子どもから大人へと成長する過程で、避けては通れない“通過儀礼”がある。母親との衝突だ。母からの無条件な愛は感じるのだけれど、一方、母とい...
Gallagherさんのインスタには、義足のカバーを黒板にして、地名のペイントをしている様子がアップされています。それに気づいた周りの人からは、「イケてる...