イケメンとナルシストに、「高収入」は期待できない理由。

女性の皆さんに質問です。

稼ぎのいい男性と結婚したいですか?

野暮なことを…と、言われてしまうかもしれません。結婚したあとも、バリバリ自分で稼いで自立していたい、というキャリアウーマンも多いことだって承知。「相手の稼ぎに依存したくないけど、悪いよりは…」程度であれば、エンタメ感覚で見てください。「いやいや、私は絶対に玉の輿にのりたい!」と強く思うようなら、この先の内容は、要チェックです。

なぜ「イケメン」と「ナルシスト」は、
やめた方がいいのか?

116bfeb30be716c82e6667cd73a2b6b8513f8fcd

これ、どちらにも研究が行われたうえで、「高収入をGETするには不利」という結果が出ているのです。

まずはイケメンから紹介しましょう。

「仕事ができそう」と勝手に期待されてしまう

1回くらい経験があると思うんですが、ルックスがいい男性って勝手に「何でも出来そう」と思ってしまいませんか?

例えば、クラスで一番モテる男子の運動している姿は、絶対にカッコイイと思い込んでしまう。ところが、いざ走っているところを見たらフォームがものすごくダサかった。急に黙り込む女子。こんな状況。

勝手に期待のハードルを上げられて、本当に失礼なことは重々承知。でも、容姿端麗だからこそ、過度な期待をされてしまうのはビジネスマンになった後も同じなんです。

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)経営学部で行われた研究によると、ルックスのいい男性は、上司から脅威として見られる可能性が高く、上のポジションに就くことを拒まれてしまうというのです。

それってただの僻み……とも思うのですが、女性のほうがこの心理をきっと理解出来るはず。なぜなら、美人で異性から評判のいい人ほど、同性の先輩からキツく当たられたり、嫌われたりしてしまう理不尽を、一度は間近で体験したことがあるだろうから。

男性の場合は、可愛がられる・モテる云々よりも「仕事ができそう」という点で嫌がられてしまうみたいです。逆に、期待されすぎてガッカリされることもあるでしょう。

この研究については、一度記事にしているのでもっと詳しくはこちらから。

さて、次はナルシストについてです。

自信過剰は、判断を間違える可能性高し

2017年10月19日に、アメリカのデンバー大学で10年間にわたり研究されてきた、「高収益とパーソナリティーの関係性」の結果が発表され、多くの海外メディアで話題となっています。

対象は、100人以上のヘッジファンド・マネージャー。今までは、金融の分野において最高の地位を獲得する人間は、人に対して冷徹であったり、自分の考えを確固として貫き通すナルシシズムな傾向があるとされていました。けれど、10年間彼らを追った結果、そういった人たちは、年間の稼ぎが1%程度少ないことが判明したのです。その理由は、過信によって大事な場面で判断を誤ってしまったため。

1%はたいしたことのない差のように見えるけれど、常に大金と多くの従業員を動かす立場で、長年損をし続けることを考えると、ハイリスクです。

反対に、勇気・人道・司法の要素を常に重要視してに行動した人たちが、「最も優秀」であるということもわかりました。

組織の上の立場であればあるほど、人望や経営判断の面で安心できないのが<ナルシスト>という性格であることは、覚えておいた方がいいでしょう。 


もちろん、すべてのイケメンとナルシスト当てはまるわけではないけれど、男性の収入・キャリアにはシビアに考えないと……って思うのであれば、彼らは避けたほうが安心なんです。

玉の輿を本気で狙うなら、“要注意センサー”の感度は最重要だもの!

Reference:UCL, SAGE journals
ルックスのいい男性ほど、ビジネスにおいては損をしがちである。英大学の研究によるこの仮説は、デキるビジネスマンのイメージを払拭するもの。何かと得をしそうなハ...
会社にイケメンは必要なのか否か。「そんなのいたほうがいいに決まってるでしょ!」という声も聞こえてきそうなものだが、改めてそんな疑問を詳しく調査した統計結果...
自分に自信がある男性って、かっこよく見えるもの。でもちょっと待って。じつはその人、単なるナルシストかも…?「Elite Daily」のライター、Alexa...
「早く結婚したい」と思っているけど、なかなか良い男性に振り向いてもらえない…という女性のみなさん。男性陣の赤裸々な告白が良いヒントになるかもしれません。「...
「優しい人って、最終的には“いい人どまり”よね」なんて会話はよく聞きますが、それはどうやら海外でも同じようです。ここでは「Elite Daily」の記事よ...
ショーウィンドウに映る自分を見て、髪を整える男性。見た目ばかり気にしていても、意外と女性はそこまで見た目にこだわっていないかも。「Elite Daily」...
「ナルシスト」という言葉をよくネガティブに扱われます。自己中心的だったり、鏡をずっと見ていたり、自分の外見を気にしてばっかりだったり。そこで、The Sc...
自信、カリスマ性、そして圧倒的な魅力でもって、完璧な第一印象を残すのがナルシスト。ライターBrenda Della Casa氏の主張です。彼らに操られると...
顔立ちは特に目立つほどでもないのに、その仕草や雰囲気だけでモテる男性っていませんか?そんな「雰囲気イケメン」は、少しの心がけで誰でもなることができるのだと...
結婚を意識するようになると「素敵な男性と出会いたい!」そう意気込む女性も多いと思いますが、結局付き合うのはダメ男ばかり…。そんなとき、もしかしたら、この世...
近年の日本は、晩婚化が進んでいるといわれています。女性の社会進出はもちろん、結婚するよりも独身の方が、生活がラクに感じる。という人も多いはず。それでも、や...
結婚相手を見極めることほど難しいものはないかもしれません。一生を共にする伴侶を見つけるためには、なにかヒントが欲しいですよね。そこで、「Elite Dai...
もしかしたら、一部のコアなファンにはお待ちかね。毎年話題のイケメン消防士カレンダーの2018年版が、早くも登場しました。オーストラリアで毎年発売されている...
たとえ女性同士であっても、一緒に旅をすれば普段とは違う相手の一面に気づくもの。その相手が結婚を意識した彼であれば、旅の持つ意味はより重要なものになります。...
多くの独身女性から支持を集める記事を「Elite Daily」から紹介。女性ライターZara Barrie氏が独身で30歳を迎える直前に、その素直な心境を...
あんまり考えすぎても婚期を逃すし、かと言って焦って失敗したくない。さて、いつまでに結婚しようかーー。ユタ大学の社会学者Nick Wolfingersが20...
いや、偏見に満ちていることは重々承知しているんですよ。イケメンで性格イイ人、たくさんいます。でも、不思議と「ビジュアルがイイ=内面がワルイ」みたいな方程式...
なかなか恋愛がうまくいかないなぁ……と悩んでいる男性に向けて「ちょっとした心理学をつかえば、それはすぐに解決する!」と豪語するビジネス心理研究家、神岡真司...
アメリカは、ロシアに次いで2番目に離婚率が高い国だそう。アメリカ人夫婦の2組に1組は離婚するとも言われています。いまの時代、ひとりめの結婚相手と一生を寄り...
カリフォルニア州の動物病院に勤務するEvan Antin医師。彼がとにかくイケメンなんです。大人のセクシーさには、病気だったはずの動物たちも思わずうっとり...