「ウザくない」ターンテーブルに、女心をくすぐられた

アナログレコードって渋くてカッコイイ。だけど正直言うと、こんなミーハーな気持ちで手を出したら、“本当に好き”な人たちに「わかってないなー」と言われてしまいそうな敷居の高さを感じる。

興味はあるものの踏み切れない人に紹介したいのが、CROSLEYが販売する「MESSENGER TURNTABLE」。女性でも持ち運びしやすい何かとカジュアルなターンテーブルは、イベントの多いこれからの季節にも活躍しそうな予感が。

軽量で丈夫なボディ。
そして、カジュアルなデザイン

8cc7667377cd72b1f9594facbc81210d0211cb22

アナログミュージックを聴く。それは、レコード喫茶やBARに、レコード好きな人の家でしか聴けない場所が限定されているイメージがあった。けれど、調べてみると最近はトランク型のものや軽量なタイプも。しかも、リーズナブルな価格で販売されているから、思っていたよりもずっと初心者でも手を出しやすい印象。

じゃあ、なんでMESSENGER TURNTABLEなのかというと、私が気に入ったのはこのカジュアルなデザイン。重さは1.8kgほどで、見た目がオシャレすぎず、気軽に持ち運びできるちょうどイイ感じ。「いかにも音楽やってます!」って気張っていない、ゆるさがしっくりくるんだ。

誕生会やクリスマスなどイベントにも使えそうだし。それに、いつもってワケじゃないけれど、たま〜の休みに友達や家族と一緒にデジタルじゃない音楽を聴くのもいい。なんだか、日常がちょっとだけ特別になる気がした。

3fb30721d95106e1b44181846bdf8d1a1d9bf963

スピーカーが内臓されているのだけれど、ヘッドホンをつけることができるのが何気に嬉しい。価格は89.95ドル(約1,0200円)で、色は黒のギンガムチェックとグレーの2パターン。

アナログレコードも、たまにはイイなぁ。そう思えたのは、親しみやすいこの子のおかげ。

A2b4772193c67556d7f44a93274d0c04200c494f
Licensed material used with permission by Crosley Brands
近年、音楽好きの間で再評価が進む、アナログレコード。じつは日本を含む世界中で若者を中心にブームとなっており、ここ数年爆発的に生産量が伸びているそうです。レ...
レコードプレーヤーに革命が起きた。これまでレコードを聴くには、ターンテーブルの上にレコードを置くのが常識だった。しかし、この「LOVE」は、真逆。何と、レ...
「人気再燃」なんてニュースを目にすることが増え、パナソニックが発売した35万円のプレーヤーが30分で完売するなど、ブームが加速している感のあるレコード。で...
「Spinbox」は、DIYターンテーブルKITだ。このパッケージの中には、ターンテーブルをはじめ電子回路、スピーカー、ケーブル、音量つまみなどレコードプ...
ブランコ・テーブルなら、仕事の打ち合わせも、ゲストを読んでのディナーも楽しくなるに違いない。ディスカッションにも花が咲き、会話も弾むだろう。何よりも童心に...
個性豊かな廃材を利用した手作り家具は、独特のビンテージ感と一点ものの風合いで人気を呼んでいます。ここに登場する家具や雑貨も、やはり廃材をリメイクしたもの。...
ニューヨークの「ARChive of Contemporary Music」は、アナログレコード音源をデジタル化したものをウェブ上で無料公開するサービスを...
「DOOGOO ロールトップテーブル TO3」は、ファニチャーデザインを得意とするスライムデザイン社によるもの。佇まいがカッコイイだけでなく、収納時にはフ...
一見、なんの変哲もないように見えるこのテーブル。じつは、4本の足のうち1本だけ、あえて高さを変えてあるのです。当然、そのままだと傾いてしまいます。「えっ、...
リビングで本物の火のゆらぎを楽しめる〈LOGOS(ロゴス)〉の「テーブル暖炉」。ランタンでもキャンドルでもなく、暖炉! 使い方は、専用の燃料を入れてライタ...
箸置きはもういらない!と言わんばかりの便利な道具が開発されました。ひし形に設計されており、持ち手を重くすることで、テーブルに置いても先端部分が浮く仕組み。...
スプーンやフォークなどのアンティークシルバーを取り扱う「Langfords」が、世界各国のテーブルエチケットをまとめています。左のALWAYSには「やるべ...
のんびりお酒を飲めるバルコニーを持つことが、ひとつの夢。でもテーブルとチェアを置くだけのスペースを確保するのは、なかなか難しい。そんな人にピッタリな「バル...
春が近づき、本格的な行楽シーズンは目の前。ポカポカ陽気の中、公園に出かけたり、花見やフェスの予定を立てたり…気温とともに気分も上がってきますよね。そんなち...
イタリアのミラノでは、毎年4月になると「ミラノサローネ」と呼ばれる国際家具見本市を中心に、様々なアイデア製品やデザイナー作品などを集めた展示会が街中で開催...
砂の上を、鉄の球が転がっていく。その軌跡が描く模様は、まるで枯山水の庭のよう…。テーブルの中に収まったこの印象的なキネティックアートは、Bruce Sha...
スタンディングデスクに初挑戦!という人はもちろん、サイズが4種類あるので座って使えるものも選べます。軽いので持ち運びが簡単。組立にも時間はかかりません。し...
まず、下の写真を見てください。部屋には木材で作られたインテリアが並びますが、これらには“ある秘密”が。実は、手前の大きなテーブルや奥の椅子、像を置いたサイ...
「Uターン就職」。実家を飛び出し、首都圏の大学に進学。その後また故郷に戻って職を得る。そういう選択肢も増えています。でも故郷に帰るなら、いっそもう一度実家...
音楽プロディーサーのChristian Pierinは、廃棄された音楽機材やレコードで、ジミ・ヘンドリックスやジョン・レノンなど、偉大なアーティストたちの...