「人生を再スタートするきっかけになるコーヒーを」。世界438軒のカフェを巡った男の新しい挑戦

今の仕事を手放して、世界を巡る——。

多くの人が一度は夢見ることかもしれませんが、ほとんどの人は実行できないまま終わってしまう。

ここで紹介する今岡寛之さん(写真:左)は、そんな無謀とも言える挑戦を成し遂げ、さらに今、次のステップへと進もうとしています。

仕事を辞め
世界のカフェを巡る

E3a47af6de3d990c7243fa0b51c2a2884fca4c96

今岡さんは、35歳で勤めていた会社を退職。当時、企業で働き続けることへの疑問を抱きながらも、無理をして働き続けていたそうです。しかしその疑問を抑えきれず、会社を離れてカフェを始めることを決意。目指したのは、お客さんに喜んでもらい、そして驚いてもらえるようなカフェ。

面白いアイデアを求めるべき、世界のカフェを訪ねる旅をスタート。それは同時に、自分自身の人生を変えてくれるような“一杯”に出会うための旅でもありました。

「理想のカフェ」とは?

D7f4a8de46175cc2e93c0da97d794c3d3815212d

世界中を巡り、多いときは1日に6軒のカフェを訪ねたそう。たとえ同じ国、同じ街であっても、それぞれのカフェが持つ雰囲気はまったくの別物。

たとえばシンガポールの「My Awesome Cafe」では、朝、クリエイティブなビジネスマンがテーブルを囲み、戦略会議室のような雰囲気になる。

ロンドンの「Alchemy Coffee」では、休憩で訪れた地元の人がコーヒーを買うついでにバリスタと立ち話をする、まるで近所の交流スペースのよう。

「バリスタのサービス、カフェの内装、お客さんのファッション、コーヒーと相性の良いマフィン、店に溢れる雰囲気、そして集まる人が、自分の中の可能性を刺激する。そして、その可能性は物語の始まりでもあります。そのカフェでしか始まることのない物語があるんです」

彼もまた、訪れる人の可能性を刺激し、物語が始まるカフェづくりをすべく、日本へ帰国。

理想を実現できる場所
熊本「サイハテ村」

367d22bd97d5558c1be2cfc3910e11489884f678

その後は国内でも旅を続け、ついに自分の理想のカフェを形にできる場所と出会いました。それが、熊本県にある「三角エコビレッジ サイハテ村」というコミュニティ。

ここは、パーマカルチャーデザインを取り入れた自然溢れる1万坪の敷地に子どもを合わせて27人の住人で、ルールもリーダーもいない“お好きにどうぞ”というコンセプトのもと、それぞれ自分の好きなように日々を過ごしているのです。

大工、猟師、映像クリエイター、マッサージ師、歌手など、個性豊かでクリエイティブな住人たち。このサイハテ村に住む多くのクリエイターたちと出会い、「自分らしく生きる力強さ」を感じたと言う今岡さん。そして、自分でも何かできるのではないか、と可能性を感じたのです。

ここでなら、人の笑顔に繋がる価値を生み出せる、と。

カフェができれば
さらに可能性が広がるはず

世界中のカフェを巡ってきた今岡さんは、良いカフェはコミュニティのような特別な場の力を持っていることに気づきました。

多くの住人が集い、ゲストが訪れ、交流するコミュニティだからこそ、カフェが誕生すればさまざまな可能性が広がるはず、と考えたわけです。

また、サイハテ村の住人のひとりである坂井勇貴さんは、オーストラリアのカフェでトップバリスタとして活躍していた経歴を持っています。23歳の頃に単身でオーストラリアに渡り、さまざまなカフェを巡りながら、皿洗いから独学でバリスタまで上り詰めたのだそうです。

8d477183e743a2bd37f23ec9a594cc3f21a25f34
サイハテ村の住人、坂井勇貴さん。オーストラリアのトップバリスタ。

現在今岡さんは、ユニークなプロジェクトに挑戦中。それは自分のカフェを開く資金を集めるのではなく、最高なカフェを作るにはどうしたら良いか? という想いから生まれたアイデアでした。

「自由に生きる人たちのコミュニティであり、最高のロケーションを供えたサイハテ村と、バリスタのスキルを持った住人がいる。あとは、業務用エスプレッソマシーンをサイハテ村にプレゼントすれば、きっと最高のカフェが生まれる」

今岡さんは、その資金の一部をクラウドファンディングで集め、サイハテ村に業務用エスプレッソマシーンを贈り、想いを届けることで最高のカフェを生み出そうとしています。彼の「ちょっと変わったカフェ作り」を応援したい方、詳しくはこちらから。

Licensed material used with permission by CAMPFIRE
眠気覚ましに飲むものといえばコーヒーです。が、さらにスカッと眠気を吹き飛ばしてくれる飲みものがあるそうな。なんと、エスプレッソをコーラにブレンドしちゃうの...
シアトルに住んで、もうすぐ8年になります。シアトルというと「コーヒー」とか「雨」というイメージが強いと思いますが…正解です。まったく裏切りません。本当にコ...
サイズは175 x 70 x 60mmと小柄。重さも360gと手軽。筒型なのでカバンにもスポッ。バラすとこんな感じ。使い方もカンタン。エスプレッソ用に挽い...
実は私、つい先日地球の裏側にあるコーヒー大国ブラジルへ行って来ました。そう、コーヒー生産国世界ナンバー1の国です。世界で出回っている3分の1はブラジルのコ...
7月2日、3日。今週末の土日は、このお店に注目。01.COBI COFFEE AOYAMA02.Little Pool Coffee03.The AIRS...
誰にでも、お気に入りのカフェのひとつはあるはずだ。おいしいコーヒーはもちろん、BGMのセンスが良かったり、そこでしか味わえない料理があったり、いつ訪れても...
「Newton Espresso」は、一切電気を使わないエスプレッソマシンです。熱いお湯さえあれば、キャンプ好きな人には、ピッタリな製品でしょう。
アイルランド南部の町にある小さなカフェが、イースターに向けたとびきりスウィーティーなタマゴ入りコーヒーを考案し、Instagramに投稿しました。なんでも...
ノルウェーの首都オスロでは、英断すぎる交通規制計画が発表され、世界をアッと驚かせています。なんと、2019年までにオスロ中心部約3km圏内への自家用車の乗...
移動式の自転車カフェ「Wheelys」の最新バージョンが、この「Wheelys 4」。世界でもっともエコなマイクロカフェと言ってもいいでしょう。「Whee...
シアトルは自家焙煎の豆を使ったカフェが多いのも特徴です。そういうところは大抵、お店の名前が「〇〇〇ロースター」となっています。そこに誇りを感じますね。古き...
場所は、NY・ブルックリン。閉店間際のカフェで、ひとり静かにコーヒーを飲んでいたJerryさん。そんな日曜の夜のカフェで起きたのは、美しい奇跡のような出来...
名古屋育ちの私にとって、喫茶店でコーヒーを頼むとピーナッツが付いてきたり、午前中にコーヒーを頼むとモーニングがついてくることはけっこう普通のことで、逆に何...
コーヒーと言っても、本当にいろんな種類のものがあります。豆の種類もたくさんありますし、作り方もブラックコーヒーからフラペチーノのような甘いデザートのような...
先日、炊飯器が壊れたので、ある家電量販店へ修理を依頼しに行った。すると、修理費を見積るのに前金が必要で、もし、見積もりが高く、修理を中止にする場合は、預け...
窓際のソファ席、フリーWi-Fi、電源コンセント、あとはおいしいコーヒー。それを勝手にカフェに求めているワガママな客は、決して私だけではないはず。ワーキン...
18世紀オーストリアにおいて絶大な政治力をもった女帝マリア・テレジア。あのマリー・アントワネットの母親です。大のコーヒー好きだったとされるマリアを、この国...
時代が変わっても、そこだけ時が止まっているかのような場所があります。たとえばコインランドリー。一度でも利用したことのある人ならば、あの狭小空間で洗濯機や乾...
もう、ありきたりなランドリーはいらない。こう断言するのも、いま世界規模で洗濯をするための空間が、新たなコミュニティスペースへと変わろうとしているからです。...
「WIRED CAFE」や、本インタビューでも登場する「Planet 3rd」「PUBLIC HOUSE」 などを展開する、カフェ・カンパニー代表の楠本修...