美人の湯だけど、男性にもプッシュしたい「下呂温泉」

下呂温泉といえば、有馬温泉、草津温泉とともに日本三名泉として知られる温泉郷。美容効果のある泉質で「美人の湯」とも呼ばれ、女性旅行客に人気です。

そりゃあ、彼女は、妻は、母親は喜ぶけどなぁ…と思った男性のみなさん。じつは下呂温泉は、男性にもお勧めしたいポイントがたくさんあるんです。

無計画でも大丈夫、
歩いてまわれる温泉街。

1d74a100f9e6192104798799bf033adcdca4b382

移動や宿の手配ならスマホからサクッとできますが、その1日をどう過ごすかは、けっこう悩んだりします。男性のなかには「女性をリードせねば」と、気負ってしまう人も多いかもしれません。

でも「下呂温泉」は、飛騨川の流れに沿って開けた温泉街で、歩いて行ける範囲内に見所スポットや足湯などが充実しているんです。

到着したら、美しい川沿いを歩いたり、湯の街ギャラリー「さんぽ道」や「湯のまち雨情公園」を見てみたり、疲れたら外湯や足湯に立ち寄ってみたり。

細かいプランまで練らなくても、そのときの気分で楽しめそうです。

F92d4ce6aa84b02a4f1132ead7cd187e3526613b
湯の街ギャラリー「さんぽ道」
1fb2b3a6fb6284b709245462490ab025886b5c53
足湯

「温泉街って退屈…」
なんてこともありません。

友人や同僚に、旅先での「体験談を話したい」という人にもうってつけです。

温泉に関する歴史や泉質などを紹介する「下呂発温泉博物館」や、飛騨川を一望できる場所にある「温泉寺」など、全国的にも珍しい施設が充実しています。

しかもこの2施設は隣り合うように位置していて、一度に楽しめるのもうれしいポイント。

8090d4023b103f3111a7ccef513fb984708d40eb
温泉寺
3b4699f06d4cd7ae250ce621dd254a21ca974a7e
下呂温泉発温泉博物館

渋くてワクワクする
「国宝建築」

4899098cdb66fecdc36cb6f6af98d6045e2a87ef

なぜかワクワクする、忍者屋敷や武家屋敷。古くて渋い姿もいいけど、天井裏や囲炉裏をのぞいてみたり、襖の中をのぞいてみたり。何か出てくるんじゃないかとドキドキします。

「下呂温泉」には、世界遺産の白川郷の合掌家屋が移築された博物館「下呂温泉合掌村」があります。

国指定重要文化財「旧大戸家住宅」や、農具・民具などが展示された民族資料館など、見所も多いんです。

ふらっと村を散歩すれば、江戸時代にいるような疑似体験ができるかもしれません。

Ae72e75ba0f92e4b394bfe63ece444d4037c3595

どうです? 男性目線で見ても、とてもいい温泉街でしょう? もちろん、お肌スベスベにも効果がありそうですよ。

 ■問い合わせ先

(一社)下呂温泉観光協会
TEL:0576-24-1000(8:30~17:15)
Licensed material used with permission by 下呂温泉観光協会
200以上の温泉を有する温泉天国、「群馬県」。温泉玄人の県民曰く「温泉は泉質で選ぶ」とのこと。ここでは草津温泉、伊香保温泉、水上温泉、四万温泉など、群馬県...
日本三名泉のひとつでもある群馬県の草津温泉。 おやつを食べながら散策したり、伝統の湯もみショーを見学したり、昔ながらの入浴方法を体験したり…。 ちいさな温...
世界第5位のエネルギー消費国でありながら、原子力を除いたエネルギー自給率はたったの5%という日本。しかし、まだまだ活用されていない資源があるのを知っていま...
シュワシュワ〜っ。まるでラムネの中に全身を浸けているような気分の温泉があるらしいのです。その名もずばり「ラムネ温泉館」。さすがに甘くはない(笑)ようですが...
温泉を紹介する動画と言えば、ちょうどいい感じの美人が、ちょうどいい感じの色気で、ちょうどいい感じに腕とかにお湯をかけておけばいいと思っていたけど、そうでも...
11月上旬に初雪を観測した秋田県の秘湯、「乳頭温泉温泉郷」を紹介します。行き方は「東京」駅から乳頭温泉郷の最寄り「田沢湖」駅までは2時間50分ほど。最寄り...
東京都内では珍しい、源泉掛け流しの温泉。実は板橋にあるって知っていましたか?しかもココ、内装もめちゃくちゃ素敵なんです!
道後温泉といえば、『日本書紀』にも登場する日本最古の温泉。 夏目漱石の小説『坊っちゃん』にも描かれるなど、愛媛県を代表する観光地として知られている。そんな...
日本最古の温泉である道後温泉と蜷川実花氏のコラボレーション企画「蜷川実花×道後温泉 道後アート2015」。グランドオープンから約2ヶ月が経過した現在、In...
クリスマスに温泉ってムードない!そう思う人のほうが多いからこそ、あまり候補にあがらないのだ。でも逆に言えば、年末年始にかけて室料がぐんと上がり、家族連れで...
大分県は、全国一の源泉数と湧出量を誇る別府温泉をはじめ、「行ってみたい温泉」で常に上位にランクインする由布院温泉など魅力的な温泉がそろっています。趣ある町...
家庭で作ったうどんやサラダをより美味しくーー。そんなときに活躍するのが温泉卵。でも、いざ作ろうとすると、意外と面倒で時間がかかるものですよね。ただし、@T...
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...
アラスカに接するカナダ北西部のユーコン。ここに100年以上続く天然温泉(Takhini Hot Spring)がある。ミネラル分が豊富な42℃の源泉がこん...
「#東北が美しい」 そんなハッシュタグをつけたくなるのも納得のこれらの写真は、@yossy_photoさんが撮影し、Twitterに投稿したもの。タイトル...
新潟コシヒカリと言えば、誰もが認めるお米のトップブランド。じつはそんなコシヒカリを、もっとおいしく食べる方法があるんです。「にいがた朝ごはんプロジェクト」...
誰にでも上手に立ち回ることから、八方美人と呼ばれる人がいますが、同じ八方美人と呼ばれる人の中にも、いい面だけでなく短所として捉えられている人もいます。人か...
どちらも再生回数が伸びた動画なので、すでに見たことがある人も多いかもしれない。「シンフロ」「湯〜園地」ともに、いわゆる地方創生系のPR動画としては、異例の...
米ボストンで仕掛けられた、超がつくほど単純なドッキリ企画を紹介します。ターゲットは女性たち。ポイントは彼ら誰一人、嫌な気持ちにならなかったという点。芝生の...
(前編)では、シンフロの音ができあがるまでの舞台裏や、地方との取り組み、地元にも愛されるPRコンテンツについて話してくれた、クリエイターの清川進也さん。後...