「手を洗えばいいじゃん」は、禁句でお願いします。

いやね、私も思いますよ。「そこまでする?」とか、「除菌シート使えば?」とか。でもそれは、極度の綺麗好きや潔癖症ではないから言えること。

きっと彼らにとって、こんなに使い勝手のいい相棒は他にいないと思うんです。

これでもう、
二度と触らなくていい。

A610741a97734a2fbe6920812a1643490727f45c

Gryp』という、シリコン製の指スリーブ。ここに指を2本(3本でも可)をスッと差し込んだら、もう完璧。日常の触りたくなかったあれやこれ、ストレスとはさようならってワケです!

3db415f8ef69f30910e4156e360496cb6ca3705fDf15c887761743c626c8cf1f75986be3a7132c489fa52174647fa90dfc81385b1ea7b6c1d0d6193c030796cdddaf0d7e46bcf19be3f7b05d8c2820ae

指先は出ているので、スマホは普通に使えます。この気遣いはイイ!って不覚にも思ってしまいました。私だけでしょうか。

64c733ec958f48ad231902a0658a4639410875ef

軽くて小さいから、なくさないように鍵と一緒に持ち歩ける仕様になっています。鍵を使う時には、ドアノブにも触れますし。

F8c23fed37b45a79c7f6fa45005b66e449e6c9f3B618b99d01f269ed5e3b3dad8ff339c621e1057f

1日の汚れが集まったモノ
どこにもしまえないよ?

で、問題はこの『Gryp』を使った後ですよね。1日中、汚い場所を代わりに触ってくれていたのだから、ポッケや鞄にしまうのも……って思う人もいるかもしれません。(いないかもしれません)

汚い面はひっくり返せるので、ご心配なく。

3725ee165b41672a51bb85e51b09902873f8632c

水でもじゃぶじゃぶ洗えます。

Dd6a4e5a1a7c6d6337a8dbdc3563197a9e5d38a8

それならもう手を洗え……とは言わないで!飲み込んでください。

「この相棒使える」って思ったら、こちらから購入可能です。ひとつ300円ほど。お手頃ですよ。

Licensed material used with permission by Gryp Keychain, (Instagram)
「世の中は散らかりすぎている」。そう思っていた潔癖症の方々お待たせいたしました。Things Organized Neatlyは、まさにそんな人たちのため...
スゴい!これはタメになる!今、アメリカのハードウェア・チェーン(日本で言うホームセンター)「Lowe’s」が作成したVineアカウントが話題だ!ストップモ...
「幸せになりたい」と思いながらも、自ら「幸せ」を遠ざけている場合もあるということを知っていますか?ここでは、自著『なぜか自動的に幸せになれる72の習慣』か...
海外で生活マーケティングを学んだという沖幸子さんは、自身の著書『部屋も心も軽くなる「小さく暮らす」知恵』(青春出版社)のなかで、お金との向き合い方を変える...
アメリカ的感覚ではあるものの、女性ライターのRebecca Endicottさんが「Little Things」でまとめたのは、「これはマネしたい!」と思...
あんまり、まじまじと見る機会が少ない「足の指」。爪を切るときや靴下を履くときには触れる部位ですが、「足の指の形」に注目する人は少ないのではないでしょうか。...
自分を変えるためにもいい習慣を身につけたいと思うのに、なかなか身につかない。そう思っているあなた。それはもしかすると悪い習慣が邪魔をしているのかもしれませ...
デザイナー、Katerina Kampraniさんがつくっているのは、使いようのないひねくれた生活用品たち。斬新、だけど要らない。でもキニナル。変なツボを...
トイレで「小」をする時、男性は手で大事なトコを触るもの。でも、手のひらには無数の細菌が潜んでいるから要注意。これが、原因で病気になってしまうケースも多くあ...
机に座ってうーんと頭を抱えたり、眉間にしわを寄せて思索にふけったり。「考える」というと、何か「お勉強」的なイメージがつきまとう。だが、それはもっと身近で、...
Dani Clodeさんが立ち上げたのが『The Third Thumb Project』。小指の奥の新たな指……違和感すぎてクスッと笑ってしまったのだけ...
普段何気なくやっている行動が、あなたの幸せを遠ざけている。そう指摘するのは米メディア「Power of Positivity」。がむしゃらに働いたり綺麗好...
必要な紙幣や硬貨を、財布の中から探しだし、数えなくてもいい。履歴をチェックできるし、ポイントがつくこともある。近頃はスマホ払いも当たり前。送金アプリでワリ...
「Becoming Minimalist」に、ライターJOSHUA BECKER氏が、自宅を散らかさないための7つの習慣をまとめています。どうやら彼には、...
洋食屋の定番、ビーフシチューのハンガリー版「グヤーシュ」を知ってますか?ハンガリーの農民や牧畜民のあいだで親しまれてきた、牛肉と野菜たっぷりのスープです。...
忙しすぎて余裕がなくなってくると、これまで当然のようにやっていたコトができなくなってしまったりする。「どうにかしたい!」と思うのだけれど、やっと休日がきた...
いつでも気分よく生活するなんて絶対ムリ!なんて思ってはいませんか?もちろん、人生は山あり谷ありですから、つらいことや悲しいこともありますが、ANAで25年...
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった書籍『聡明な女は料理がうまい』。この本は、社会が進化しても変わらない女性の生き方について、“料理”と“台所...
ドキドキの新生活が間近に迫ってきたけれど、まだ住まいをどうするかは決めていない…。そんな人に向けた記事がこちら。広いお風呂やおしゃれなキッチンなど、希望は...
小さなお子さんが遊んでいて、または自分の手がすべって…。事情はどうであれ、ボールペンのインクが白シャツに付いて悲しい思いをした経験、一度くらいはありません...