「行政×デザイン」。ある県が暮らす人のことを本気で考えた結果がこれでした。

 さて、ここはどこでしょう?

 

1.

8906da8b5a62d250c26fa838d1ebdf191bd78d9f

 

2.

Dd0b2c2a40217b15b0d274e71d8f019b31f1ecf2

 

3.

77e350083b7fbc68db7b2a8e30663bf3dc08e032

 

正解は

1.白石のレンコン畑

2.有明海の干潟(鹿島ガタリンピック)

3.筑後川昇開橋

 

ぜんぶ、佐賀県。

今見ていただいたステキな風景たち、「2017年度グッドデザイン賞」を受賞した「さがデザイン」という取り組みのひとつである。この風景たちが、どう取り組みと関わっているのかは後々紹介するとして、まずは、そもそも「さがデザイン」ってなんなのかという部分にふれていきたい。

「佐賀らしさ」を
デザインの視点でみがくと
なにがよくなる?

F85e0ee4229a3c230db0d6bcb0716e5e8777e183

「自分らしさ」をみがこうとしたとき、例えば、自分っぽい色を積極的にファッションにとり入れるとか、いつも好きなおやつを食べるとか、特技をもっと得意にしてみるとか。いろいろやりようはあると思う。佐賀県は、「佐賀らしさ」をみがこうとしたときに“デザイン視点”をとり入れることを選択した。

「さがデザイン」とは、簡単にいうと「佐賀らしさ」をデザイン視点でみがきあげること。そうやって、今あるモノやコトに新たな価値を付与することが、結果的に人のくらし・まちを心地よくすると考えたのだ。

 

「さがデザイン」を実際に、施策におとし込むための専門チーム「政策課さがデザイン担当」は、外部のデザイナーやクリエイター、コンサルタントなどとのネットワークを構築している。県の事業立案、構想、実施にいたるまで、専門家たちの視点をとり入れながらプロジェクトを進めていく。

Ae1fbdae7feaa4e3b33f3f4ad5d37b72e313928b

取り組みの一環として「勝手にプレゼンFES」というユニークな場がある。ここでは、クリエイターが佐賀県に対して自由なアイデアの提案を行うことができ、実際にここから生まれた事業もあるという。

“デザイン視点”の実績物。

40d889e51fa938105045dd52c733daf36638171f
監修 OpenA 馬場正尊
設計・監理 川﨑建築都市研究所 川﨑康広
施工・家具製作 諸富家具振興協同組合、レグナテック(株)

まずは、林業課のプロジェクト、県庁本館ミーティングスペース「EN-えん-」。もともとあった面談室を木目があたたかい空間にリニューアル。県産木材のPRの場としての機能も備えている。ほかにも、資産活用課では「県庁CLASS」という子どもたちの学びの場を創出。パネル展示を備えたレクチャースペースを整備したり、旧知事室・旧来賓室をふれて感じるスペースとして一般公開したり。「開かれた県庁」を目指すことの一歩でもある。

で、あの風景たちの正体は?

最初にご紹介した風景は、観光課と佐賀県観光連盟のプロジェクトとして「さがデザイン」がプロダクトデザインを行った事例のひとつ。ずばり、オンラインの絵葉書「HERE WE ARE.」

143774ff6b0165fe7285586e994d347fa7403962
ディレクション テツシンデザインオフィス
フォトグラファー 水田秀樹
Bd323d40de5a8bf4231be98c10e7dc74e17667bf

これ、佐賀を訪れたときに、「ここにいるよ」「さあ、ついたよ」の意味を込めて、友人や家族にメッセージを送るもの。使い方はとっても簡単。サイトにアクセスして、24あるなかから好きな風景(モノ)を選び、相手の名前やアドレス、メッセージを入力し送信ボタンを押すだけ。誰でも無料で送ることができる(iPhoneは6以降から対応)。

とりあえず、使ってみよう。

48181dcdd97f76d9c0153184ec0d24d2669e08c4

「九年庵(くねんあん)」に、九州随一の紅葉を見に。「吉野ヶ里歴史公園」に、古代の歴史を学びに。そして、「有田焼」に触れに。佐賀県に行ったなら、このオンライン絵葉書を大切な人に送ってみてほしい。そしてそれと同時に、佐賀県が「さがデザイン」というカタチで“新しい行政のあり方”を追求しているということを、ちらっとでも思い出してほしい。

Licensed material used with permission by 佐賀県, HERE WE ARE.
有田焼をはじめとした日本有数の焼き物の名産地「佐賀県・有田町」。その伝統を存分に活かした、新しい製品が話題になっています。その製品とは…コーヒーフィルター...
注いだ飲み物によって色が変ってしまうほど薄く、まるで「照明器具?」と疑いたくなってしまうような有田焼磁器を知っているでしょうか。江戸時代から明治時代にかけ...
1828年に誕生して以来、皇室御用達の高級フレグランスメゾンとしての地位を確立し、数々の名品を世に送り出してきたゲラン。この秋発売した新作『フォール フラ...
これは、アートディレクターの手によってリメイクされた「将棋の駒」。単純明快で、伝わりやすく、客観的な美しさも備えている。だけど…それぞれの役割を識別する“...
スニーカーは選ぶのではなく、変化させる時代になるのかも。理想のデザインとの出会いが稀で、新しく買った洋服とのマッチングが気になったりすること、あるかもしれ...
思わず「この発想はなかった!」と言ってしまいそうな「横断歩道」のデザインをご紹介。これならどれだけ人が多いところでも、対面の人とぶつかりそうになることなく...
テクノロジー×伝統。聞き慣れたフレーズかもしれませんが、「Airbnb×吉野杉」の組み合わせと聞いたら、素通りするわけにいきません。この2つがタッグを組ん...
いまだかつて、こんなにもネコ想いのインテリアがあったでしょうか?開発者の溢れんばかりの“ネコ愛”が伝わってくる、おしゃれなデスクです。これでもう、机の上が...
「HAPPY DAY TRIP」と名付けられた九十九里でのイベント。彼らが手づくりする"ハッピー"って何だろう?どんな形で発信されているのだろう?それを探...
イタリア職人の卓越した技術とモダンなデザインの融合で人気の「オロビアンコ」。C.E.Oのジャコモさんと共にデザインを担当する夫人のバーバラ・フィッシャーさ...
火星居住区環境のリサーチからデザインまで、およそ2年をかけて発表されたコレクション「The MAD Martian Collection」。ダイニングテー...
まるでiPhoneがそのまま車になったかのようなデザイン。Appleでは、密かに自律運転車両の開発が行われている…。と、多くのメディアが報じていましたが、...
「一風堂」ニューヨーク支店の制服が、かっこ良すぎ!ニューヨークの「一風堂」が新たに取り入れたスタッフ用ユニフォームが、他に類を見ないスタイリッシュなものに...
コーヒーを飲んでいると、知らず知らずのうちにカップの底に付着する「茶色の染み」。もしアレがポストカードに付いてしまったら、普通は出すのをやめて捨ててしまい...
London’s Royal College of Artの学生、「Simin Qiu」さんがデザインした「水道」のアイデアが美しくてとても機能的!こんな...
D&DEPARTMENT監修の佐賀ツアー「シェアトラベル」に参加したとき、すてきなお店に出会った。有田焼の新ブランド「JICON」の直売店、今村製陶 町屋...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp世界的な建築家と数多くのプロジェクトを作りあげてきた...
2016年1月時点での国連加盟国は193カ国。それらの国々の「国旗デザイン」に関するアレコレを、インフォグラフィックで分かりやすくまとめたのが「Flag ...
鹿児島県にある神話の里の敷地内にある「道の駅 霧島」を紹介します。ご当地グルメを味わう、お土産を買うといった「道の駅」の魅力はもちろん、標高690mの立地...
「こんな洋服が着たいなぁ…」。女の子が描くお絵かきには、彼女たちの理想がたくさん詰まっています。「Picture This Clothing」は、そんな女...