決断したのは16歳。お茶に人生を捧げた理由

無肥料・無農薬のお茶づくりを営む健一自然農園。代表の伊川健一さんは、16歳のときに人生の道を決めたといいます。茶畑を受け継ぎ、地域の人々と栽培・加工に励み、近年は各地の耕作放棄地をお茶づくりで解決する構想も具現化しています

「Think Globally, Act Locally」を実践する伊川さんの生き方、地域とお茶の可能性について、茶畑が青々と茂る奈良の山奥で、お話をお聞きしました。

まず前編となる今回は、伊川さんのお茶づくりへのこだわりや、主力商品である三年番茶の効能とは?

お茶づくりに適した農地
「奈良・大和高原」

古くからお茶づくりが行われてきた奈良県北東部、大和高原。標高200〜600メートルの地形は寒暖差があり、お茶作りに適した条件が揃っているこの地で「健一自然農園」のお茶は栽培されています。

お茶の生産は野菜よりも農薬が使われている、とも言われますが、伊川さんのお茶はすべて無肥料・無農薬。

煎茶や番茶を始め、近年主力商品となっている三年晩茶など、高い支持を集める健一自然農園のお茶は、全国の店舗や首都圏のアパレルショップなどでも取り扱いされています。

659ea764031d229a12551bddf9832ad5218fe004

お茶の生産にとどまらず、高齢者の雇用、耕作放棄地の課題解決、生態系の保全など、多様なアイデアを形にしている伊川さん。地元では「健ちゃん」の愛称で親しまれ、人一倍お茶作りに情熱を燃やしています。

まずは、お茶を加工する茶工場を案内してくれました。

お茶づくりの一番の命は
「茶葉の香り」

健一自然農園が摘みたての生茶を加工する2つの工場のうち、原料となる蒸製の荒茶を作る工場を訪れると、朝摘みたての茶葉がどっさりとコンテナに積まれていました。

Ebe1283197e7f4012bbfdbf87912255cbc8aad52

伊川さん
「朝摘んだ生茶は基本的にその日のうちに荒茶にします。まず、乾燥した後に蒸すことで、発酵と酸化を止めます。それから乾燥後、熱を加えながら揉み込み、ほぐして最後にまた乾燥させつつ茶葉の形を整え、荒茶が完成します。

今は全て自動機械化が主流ですが、うちでは40年ほど前の機械を使って、職人さんが直接確かめながら作る製法で加工しています。奥の機械を動かしているのが、茶業60年というベテランの山口さん」

9b46f5ccd124492d8dc350a91481199ac0a7ec23
山口さんの職人の技が、健一自然農園の品質につながる

山口さん
「お茶の一番の生命はね、”香り”なんだよ。茶葉の香りや質感を確かめながら、機械の速度や重さを微妙に調整して荒茶を作り上げていくんだよ」

そう話す山口さんとともに、荒茶づくりを担うのが、中川さん。お茶づくりに携わり8年だといいます。

6c545091123fde68fe68262a4384c4b183f39d73
2人のやりとりに、技術の継承と信頼の絆を感じる

中川さん
「山口さんの手の平を見てみてよ、全然違うから。山口さんの手の感触で茶葉の質感を細かく見極めることで、品質の高いお茶ができるんだよ。毎年茶畑の栽培にも関わっているけど、お茶づくりは奥深くて魅力があるね」

代々受け継がれてきた技法を継承し、職人の匠の技にもこだわることが、健一自然農園のお茶の品質につながっています。

見直される
「お茶」の魅力

伊川さんが用意してくれた、できたての荒茶を急須に入れてできたお茶を飲んで見ると、普段飲むお茶とはまるで違う、まろやかさと、芳醇な香りと味わいが口に広がっていきます。

75750c28a40ccff2ce9ba52a1a0a0dc3e49bd38c

伊川さん
「小学生がお茶づくりの見学に来たとき『急須でお茶を飲んでいますか?』と質問するんです。そうすると手を挙げるのは1学年で2〜3人くらい。家に急須がない家庭も多いんです。最近の子供は、お茶というとペットボトルしか知らなかったりしますよ」

そんななか、近年、健一自然農園の主力商品となっている三年晩茶は、身体を温める飲み物としてマクロビオティックなどでも注目されています。

F3c7f539b3c0e396bad2f9408d060b0eb5ae878c
できたての荒茶を軽く揉み、お茶をふるまってくれた

伊川さん
「どこの飲食店やスーパーでも、コーヒーや抹茶ドリンク、ジュースなど身体を冷やす飲み物が90%なんです。身体の冷えは、女性の不妊や冷え性にもつながっていて、身体を温めることが健康に良いとされています。

三年晩茶は、3年以上伸ばし続けたお茶の茎を冬に剪定し刻んだもの。根菜など冬の野菜は身体を温めると言われていますが、茎も同じです。さらに、赤い炎の薪で焙煎をします。陽性の食品が生まれる冬の季節に、陽性の部位を、陽性の手法で加工をするので、三年晩茶は心と身体を芯から温めます。り上げは、ここ2~3年で緑茶を追い越しています」

ひとくちにお茶といっても、煎茶や抹茶は身体を冷やす陰性。春から秋に摘まれる番茶や三年晩茶は身体を温める陽性。自然の法則が、私たちの身体にも影響しているのです。

前編はここまで ——。

中編では、健一自然農園が栽培・管理している畑に移動し、実際のお茶づくりや農園の方針などのお話を伺います。

前編ではお茶の工場を案内してくれた「健一自然農園」の伊川健一さん。次に案内してくれたのは健一自然農園が栽培・管理している茶畑でした。ここで伊川さんは、使わ...
奈良県で茶畑を育てる「健一自然農園」の伊川健一さんのインタビュー、最終回。農業に目覚めたきっかけや、一風変わった高校時代の過ごし方、茶畑を始めた頃の苦労話...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
新茶のおいしい季節ですね。4月中旬から5月中旬に摘み取られたお茶は「一番茶」とも呼ばれ、味や香りがよく、栄養価が高いという特徴があります。お茶はガン予防、...
テキサス州ローレットに暮らす2歳のベクスリー・ノーベルちゃん。今年7月、彼女はお母さんに用意を手伝ってもらい、ティーパーティーを企画しました。ゲストはたっ...
冷たい水を入れてもドリップには10分とかからないそうです。使い方もシンプル。たとえば、コーヒーなら…もちろんお茶もいれられます。充電式ですが、ACアダプタ...
ここは、カナダ北西部にあるパングナータングという場所。いわゆる北極圏ギリギリのところで撮影された一枚です。カナダのフォトグラファー、マイケル・デイヴィス氏...
堀田昌意さんのインタビューの後編では、農業にのめり込んだきっかけ、堀田さんが考える農家のあり方、そして今後どのように発展、成長していきたいかなどをお聞きし...
2015年10月26日(月)に株式会社伊藤園から発売されたのは、私たちにはお馴染みの、“あのシリーズ”の新商品。その名も「お~いお茶 玉露」です。ただしコ...
北海道厚真町で、農家の跡取りとして原木しいたけを栽培する堀田昌意さんにインタビュー。PR方法を工夫したり、販売ルートを変更して販売量を確保するなど、経営に...
連休が終わりに近づいていて、憂鬱に感じている人も多いだろう。しかし、こうポジティブに考えてみてはどうだろうか?これまでの生活習慣をリセットすることができる...
農業ブームなんて言葉もありましたが、いまだに「大変そう」「汚れそう」といったイメージを持っている人も多いかもしれません。でも、そういったイメージを覆して「...
江戸時代のキャラクターがキャンプやサーフィンをする、ちょっと不思議なパッケージの日本茶「VAISA」。今だからこそ、人との対話や時間の大切さを“日本茶”を...
まずは、作品を見てみましょう。とても16歳の少女の作品とは思えない油絵ではないでしょうか。しかも、描いたディミトラ・ミランが本格的に絵の道を志したのは、わ...
ほとんどの人は、大きな理想を語りながらも、安全な選択をして生きていきます。もちろんそれも、その人の人生です。でも「こんなところで何をしているんだろう?」と...
Jannik Obenhoffくんがカメラを始めたのは13歳の時。それから彼の趣味世界はどんどん広がっていきました。ドイツを旅して写真を撮影するようになっ...
代官山 蔦屋書店で2017年11月19日(日)まで行われている『「奈良の木」のあるくらし ~森からの贈り物~』。蔦屋書店のコンシェルジュと、日本を代表する...
世代のちがう子どもや孫が喜んでくれるプレゼントをあげるのは、意外に難しいもの。とくに年頃になると、一体何が欲しいのやら…。でも、16歳のローレンさんが誕生...
テクノロジー×伝統。聞き慣れたフレーズかもしれませんが、「Airbnb×吉野杉」の組み合わせと聞いたら、素通りするわけにいきません。この2つがタッグを組ん...
人生にはいくつもの分岐点があり、意思決定を迫られるシーンが何度も訪れます。もちろんビジネスにおいても、そう。そこで、Amazonの創業者であるジェフ・ベゾ...