「希望のウィッグ」。困難のなかでも強く、たくましく。

「自分が誰かにできることはそう多くない。けれど、きっと何かある」こう信じて、ひたすらウィッグを作り続ける女性がいます。目的は、癌を患い闘病する子どもたちに笑顔を届けること。

ボランティア団体「The Magic Yarn Project」を立ち上げ活動を続ける、くだんの女性はHolly Christensenさん。一体どのような経緯があったのでしょう?身近に起きた思わぬ出来事が積み重なってのことだったようですが…。

自分ができることを「全力」で

D10828a6a1ee373b3d5f1f1b080581b0adc776b7

冒頭のHollyさんの想い、それは彼女が看護師の仕事を通して感じたこと。「困っている人が望むことには応えてあげたいけれど、全ては無理なのは分かっている」と。

そんなある日、友人の娘が癌だと診断されました。Hollyさんは、自分には何ができるのかを考えます。そして…、

4ea7b3ce2a126c33e7270e504a964eb971a0e166

得意の編み物を生かしてウィッグを作ることに。完成したものを送ると、ドレスを着てこのとおり、すっかりお姫様気分の女の子の写真が、Hollyさんの元に送られてきました。ポニーテールの部分を大切そうに抱えている表情がとっても嬉しそう。

「『病気の恐怖にさいなまれていた娘が、飛び回ってはしゃぐ姿を見れた』と友人は喜んでくれました」。これがHollyさんの原動力に。

4621a2b02bdc783cbf2e545b337635a03510d39d

この出来事がきっかけとなり、Hollyさんは友人を数名集め、ウィッグを作り続けることに決めたのです。友人の娘と同じように、癌で苦しむ子どもたちのために。

数十個ものウィッグを仕上げると、SNSで紹介し、寄付金を募りました。すると…、多くのメディアに取り上げられて、ウィッグは拡散されていったのです。

9ecf89e1ea246bab00f327d695a8a3b5d020d162

自分たちの活動が徐々に大きなムーブメントになっていくことを、彼女はこのように振り返ります。

「1度で終わるようなプロジェクトではないと感じました。もっと大きなものになっていくんだと」

91aa7f43cfb82baab7503405c620ebc032d2946f

「ただのウィッグだから、別に大したことじゃないんですが、受け取った子どもの親から『子どもの笑顔を見れて嬉しかった』というメッセージが届くんですよね」

ディズニーキャラクターのように
困難の中でも強くたくましく

現在ウィッグ作りには、子どもからお年寄りまで、幅広い年代の人が参加しているそうです。もちろん全員無償で。同団体のホームページによると、これまで子どものために届けたウィッグの数は、およそ4,300個以上。

オンラインで注文でき、種類は、アリエル、エルサ、ベルなど、どれもディスニーキャラクターにインスパイアされたものばかり。理由は、子どもたちに、困難に直面する中でも希望を見据えて暮らす、彼女たちのようになって欲しいからということです。

Licensed material used with permission by The Magic Yarn Project
「マンガを描くことは、私にとってセラピーなんだ」そう語るのは、癌を経験したイラストレーターのMatthew Paul Mewhorterさん。これまで患者...
誰だって、つらい経験をし、自分の人生に絶望してしまいそうになることがあります。しかし、どんなにつらいことでもいずれ終わりが来ます。そして私たちは、そこから...
3歳のScout Penelopeちゃんはお母さんの力をかりて、有名人になりきる写真を撮り始めました。選んだ人は、どれも芯があって美しい女性ばかり。同じよ...
カメラの前で、キュートな笑顔を咲かせている「ふたりの赤ちゃん」。パッと見だと似ていませんが、イリノイ州で生まれた双子の女の子で、初めて迎える誕生日の記念に...
写真家のFarah Hughesが撮影するのは、産後うつになってからも子育てを続ける女性たちのポートレイト。実際に産後うつを経験したFarahが撮影した写...
アンデルセンやグリム童話のワンシーンを思い出すような写真。見ていると、何かが始まりそうなドキドキした気持ちになります。ただ単純にキレイとか美しいだけじゃな...
「Life is unpredictable(人生なんて、何が起こるか誰にもわからないってことさ)」。オークランド在住22歳のRipu Bhatiaさんは...
「言葉は人の生き方を決める」。そう語るのは、ノーベル生物学・医学賞を受賞した大村智さん。彼は周りから「メモ魔」と言われるほど、本やテレビを見ていて感銘を受...
10代で母となり、23歳で乳癌と宣告され、今なお再発の恐怖と闘いながらも自分らしく前向きに生きることを、決して諦めない女性ブロガーEmily Lingen...
今日のエンターテインメント分野に、浸透した感のあるバーチャルリアリティ(VR)。その革新的な技術を活かし、小児病院の子どもたちに“リアル”を体験させた動画...
もうすぐ母の日。世間ではさまざまなキャンペーンやCMがあふれる時期ですが、一風変わったこんな動画はいかがでしょう。病気と闘う幼い子供たちをサポートする、カ...
仕事でもプライベートでも、「人生万事塞翁が馬」。上り調子のときもあれば、下り坂のときもあるでしょう。でも人生には、どん底まで落ちたときにしか学べないことが...
英語で「I have butterflies in my stomach=お腹に蝶々がいる」は、緊張している状態を指す。自らをフォトアーティストと呼び、ニ...
なぜだか魅力的で、その人が部屋に入るだけで男性たちがソワソワ…。そんなカッコイイ女性っていますよね。じつは、そんな魅力的な女性が裏でやっているシンプルだけ...
ウィスコンシン州にある小児医院「Children's Hospital of Wisconsin」のSNSに投稿された画像に、コメントが殺到しました。写っ...
小学校の先生であるアドリアーナ・ロペスさんは、2015年1月に乳ガンと診断され、現在化学療法を受けています。そんな彼女を励ますため、生徒たちで結成されたコ...
子どもから、ないしは家族がパパへの感謝をおくるのが「父の日」。一般的には。ですが、小児がんと闘うカンザス州のガブリエルくんは、先月(2016年6月)の父の...
がんとの闘病生活を続けるScintillaさん。抗がん剤治療で、髪の毛のほとんどは抜け落ちることに。だけど、ある1人の美容師のおかげで、生きる気力を取り戻...
メルボルン・カブリーニ病院にある小児病棟のろうかにできたのは、光る壁。通行人の動きにアニメーションが反応するため、動く映像を追いかけたり、触ろうとしたり、...
何気なく見た動画に、大きく心を揺さぶられることがあります。忙しい日々のなかで見落としていることや、もっと目を向けるべきだった出来事の数々ーー。ここで紹介し...