「もう仮装するだけのハロウィンには飽きた」という人へ。

ハロウィンで仮装をしたり、パーティーへ繰り出すだけでは物足りなくなった人たちへ。

Elite Daily」に掲載されている“お化け屋敷”に宿泊すれば、これまで体験したことのないハロウィンを過ごせるかもしれない。Jasmine Vaughn-Hallさんがまとめた5つの物件は、どれも曰く付き、かつ宿泊可能なものばかりだ。海外にあるので、来年を見越してチェックするのはどうだろう?

01.
ニューオーリンズの邸宅
「黄色い服の少女」に会えるかも

ニューオーリンズ、ガーデンディストリクトの中央に位置するParks-Bowman Mansion街を見渡すバルコニーがある1室は“出る”らしい。

豪邸のホストはとても親切で、ニューオーリンズの伝説について教えてくれる。ここで、少し紹介しよう。この場所で会えるのは、黄色のドレスを着た恥ずかしがりやな少女。1890年代に生きていたそうだが、顔を見れるかどうかは、実際に行ってみること…。

02. 
南北戦争時代からある家
「見えない主人」がいるらしい…

南北戦争に詳しい人であれば、ゲティスバーグという名が頭に浮かんでくるだろう。歴史があるお化けに会いたいのなら、ゲティスバーグにあるThe David Stewart Farmの一角へ行こう。ここは、南北戦争中に医療施設として使われていたそうで。

出迎えてくれる主人はこの場所に30年以上住んでいるらしいが、あの世へ行ったもう“1人の主人”は、それ以上長い年月を過ごしているんだとか。もし行くなら、もっと詳しい話を聞いてみたり、戦場を散歩してみてはどうだろう。他にも、なにか見ることができるかもしれないが、行った人にしかわからない。

03.
エドワード朝時代の子ども部屋
変な音が聞こえる!?

幽霊というのはなぜ、一部屋丸ごと占領したがるのだろうか。三途の川を渡ったところで、「自分だけの部屋が欲しい」という気持ちは変わらないのだろうか。

Tallistonにある“出る”と言われる寝室は、エドワード朝時代を生き抜いた7歳の子の部屋を再現したもの。おもちゃや本があり、リクエストすれば他の部屋や庭へのアクセスも可能。ここの主人曰く、暗い色のドレープや部屋、謎の音で怖くなってしまうのなら、宿泊はおすすめできないということだ。

04.
モスクワ郊外にある城
幽霊が遊びにくるらしい…

モスクワからそう遠くない場所に位置する、the Castle Chateau Pitauは、グループで行くにはピッタリの場所。お城だから、プールや、絵に描いたようなテラス、サウナ、すぐ裏にある森など、好奇心をそそるものが沢山ある。

この魅力的な物件には、「with ghost(幽霊がいます)」と書かれている。それは誰で、どこに出るのかは記載されていないが、「毎週遊びに来る」のだと主人が言うから信じるしかないだろう…。

05.
600年以上の歴史あるマンション
何物かが住みついている!?

イギリス・ヨークにある「狂気の間」という名のマンションには、幽霊が住んでいるという。ここは600年以上の歴史ある場所だが、彼らがどれほどの間住みついているのかは、誰にもわからない。

ヨーク・ミンスターが見える部屋には、お洒落なインテリアや贅沢なキングサイズのベッドがある。上品さとゾクゾク感のバランスが取れた場所を探しているなら、おすすめだ。

Licensed material used with permission by Elite Daily
今年もハロウィンがやってくる。いつの頃からか、日本人にとってのハロウィンは仮装やコスプレをして街を練り歩くことになってしまった。もちろん、それはそれで楽し...
本来の意味合いや目的なんかとは関係なしに、とにかくみんなで仮装して騒いでとことん楽しむ、みたいな風潮が定着した「ハロウィン」が今年もやってきます。定番メイ...
ハロウィンを味わう暇もなかった人もいるはず。せめて…と言ってはなんですが、今夜くらいは、海外のホラー映画に出てくるような洋風廃墟の世界へ遊びに行くのはどう...
今年もハロウィンの季節がやってきました。最近では、仮装して街を歩いたり、パーティを開いたり、日本でも親しみのある行事になってきました。秋に採れる農作物の収...
まさにハロウィンの最高峰。この企画を知ってしまった以上、どんなに完成度の高いコスプレも物足りなく見えてしまう。従来のハロウィンナイトにはもう心が躍らなくな...
10月31日(土)はハロウィン!仮装の準備をしている人も多いかもしれません。が、もうひとつ注目のイベントがあることを知っていましたか?なんとその数時間後、...
近年、ハロウィンといえば、普段はできないような格好に「仮装すること」がメインの楽しみとして定着しています。が、中には「そろそろ他の楽しみ方を知りたい!」と...
米・大統領に就任したドナルド・トランプは先日、イスラム圏7カ国からの渡航者を、米国内に入国させない、という大統領令に署名しました。指定された7カ国の旅行者...
海外旅行に出かけるとき、いかに荷物をコンパクトにするかはいつも頭を悩ませるところ。大したものは入れてなかったつもりでも、ちりも積もれば…で、いつの間にかス...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
「旅をしたい」「自分の殻を破りたい」。そう語る若者はたくさんいますが、21歳のテイラー・グリーソンは、並々ならぬ努力でそれを体現した旅人のひとりです。彼の...
誰もがヒーローになれるし、ヒロインになれる。『Landwirth Legacy Productions』は、このメッセージを2分間に込めました。もらったお...
ギョッとするような女性の顔。怖いんだけど、あまりにも見事でずっと眺めてしまう。このメイクを手がけたのは、ロンドンを拠点に活動する美容師のVANESSA D...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「今まで行った街の中で、どこがいちばん良かったですか?」「どの国がいちばん好きですか?」街であればベネチアやポルト(ポルトガル)と答えるかもしれないし、も...
日本語にも方言があるように、ひとことで「英語」といっても国や地域によって使われ方はさまざま。中でも代表格がコレ。普段はそこまで意識していないけれど、以下を...
海外から帰ってくると、多かれ少なかれ手元に外貨が残るはず。それを、毎度律儀に両替し直すのは、思いの外ハードルが高い。そもそも硬貨に関しては、両替所でも銀行...
海外で暮らしたら、さぞかし楽しいだろう。漠然とそう思ったことがある人も多いでしょう。でも現実は、そんな単純なものじゃなさそう。独・ベルリン在住の女性ジャー...